ニュースリリース

アルファコード,「VRの民主化」をコンセプトにした新製品「VRider DIRECT」を開発・販売開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

株式会社アルファコードは2017年6月27日,VRコンテンツの制作・配信・管理・閲覧を行えるVR CMSソリューション「VRider DIRECT」を開発し,販売を開始した。

「“VRの民主化⁠を掲げ,これから誰でも作れ,誰にでも見せられるVRコンテンツの普及を目指すことをコンセプトに生まれたソリューションである」と,開発背景と狙いを説明する株式会社アルファコード代表取締役社長CEO兼CTOの水野拓宏氏

「“VRの民主化”を掲げ,これから誰でも作れ,誰にでも見せられるVRコンテンツの普及を目指すことをコンセプトに生まれたソリューションである」と,開発背景と狙いを説明する株式会社アルファコード代表取締役社長CEO兼CTOの水野拓宏氏

同製品の特徴は,誰もが手軽にVRコンテンツを開発し,それを一元管理して,多くのユーザに配信できる,VRコンテンツの開発から配信・管理までをワンストップで行える点。

大きく

  • 撮影
  • 編集
  • 管理・配信
  • 閲覧

の4つのステップからなる(※撮影や編集には別途360度カメラや専用VRデバイスが必要)⁠

発表会にて,同社社員によるVRコンテンツの編集のデモが行われた。専用のVRデバイス(HMDおよびコントローラ)を使いながら,VR空間内で編集を行っている様子

発表会にて,同社社員によるVRコンテンツの編集のデモが行われた。専用のVRデバイス(HMDおよびコントローラ)を使いながら,VR空間内で編集を行っている様子

さまざまな情報・メディアと連携したVRコンテンツの多様化を実現

とくに,VR空間内でコンテンツ編集を行える点が大きな特徴の1つで,実際のユーザ体験をもとに,撮影した映像に対して,さまざまなオブジェクト(テキストや図形)を配置したり,また,位置空間に沿った音声の配置が行える。

また,リンクの挿入によるコンテンツ内容の補足などが行えるため,メディアとしての機能に加えて,ECと連動することでVR ECを実現することが可能となる。

さらに,VAQSO Inc.が開発する匂いVRデバイス「VAQSO VR」と連動したVR空間への匂いの配置,さらにfbx形式に対応した3Dモデルの読み込みによる,3Dモデルの追加配置も行え,さまざまな利用シーンでのVR空間の実現が可能となった。

この他,CMS機能に関しては,時間指定による公開が行えるため,たとえば,テレビ番組の放映日や雑誌の発売日などに合わせてVRコンテンツを公開する,といったような使い方もできる。

"VRider DIRECT"認定VR PC制度を発表~第一弾はTSUKUMOと協力

今回のVRider DIRECTの発表に合わせて,VRコンテンツの開発に必要なPC環境をサポートする制度「"VRider DIRECT"認定VR PC制度」についても発表された。

これは,VRider DIRECTによるVRコンテンツの開発・配信・管理をするうえで最適なPC環境をサポートする制度で,第一弾として,TSUKUMO(株式会社ProjectWhite)と協力し,TSUKUMOのPCブランドG-GEARの採用が発表された。

VRider DIRECT
https://www.alphacode.co.jp/solution/20170627082530.html

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業部電子出版推進室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部に配属。現在,電子書籍を考える出版社の会の事務局長やWebSig 24/7のモデレーターを務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入