ニュースリリース

グレープシティ,入力支援用JavaScriptライブラリ「InputManJS」を新発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

グレープシティ⁠株⁠は⁠,Webアプリケーションでのさまざまな入力に対応したHTML5/JavaScript開発ライブラリ「InputManJS」を2018年2月14日に発売する。

「InputManJS」は,同社がWindows用開発コンポーネントとして販売してきた「InputMan」の機能をJavaScriptに移植して開発されたもの。テキスト,入力のマスク,日付時刻,数値など用途別に最適化された入力用コントロールを収録し,日本での使用に便利な和暦や漢数字に対応しており,入力時のフォーカス移動や文字数制限,未入力時のウォーターマークの表示等も指定可能。

InputManJSの使用例,カレンダー機能は休日等を自由に設定可能

InputManJSの使用例,カレンダー機能は休日等を自由に設定可能

同社では入力以外のUIもカバーしたJavaScriptライブラリWijmo等を販売しているが世界共通モジュールとなっており,おもに日本のユーザ向けに入力機能の強化を望む声に応えた形で今回のInputManJSの発売に至ったという。

モジュール全体は約600Kバイトと軽量,高速に動作し,Windows,Linux,iOS上でHTML5に対応する主要ブラウザ(Internet Explorer 11,Microsoft Edge,Chrome,Firefox,Safari)をサポート。AngularJS/Angularのディレクティブを備え,ReactやVue.js等のJavaScriptフレームワークにも対応,TypeScriptを使用した開発も可能となっている。

価格はサブスクリプション形式で,1開発ライセンスが16万2,000円,配布ライセンスが64万8,000円。2年目以降の更新価格は両ライセンスとも16万2,000円(価格はいずれも8%税込)⁠

InputManJS
URL:https://www.grapecity.co.jp/developer/inputmanjs/
グレープシティ⁠株⁠
URL:http://www.grapecity.com/

バックナンバー

2018年

  • グレープシティ,入力支援用JavaScriptライブラリ「InputManJS」を新発売

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入