ニュースリリース

グレープシティ,ドキュメントを生成・更新する開発支援APIライブラリ「DioDocs」を10月17日より発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

グレープシティ株式会社は,ドキュメントを生成・更新する開発支援APIライブラリシリーズの新ブランド「DioDocs(ディオドック)⁠を2018年10月17日より発売する。DioDocsは,ドキュメントの生成・更新機能をアプリケーションに組み込むことが可能。開発環境や運用環境で専用ソフトウェアを使うことなく,DioDocsのライブラリをコード記述で操作し,各種文書を生成または更新できる。

DioDocsのイメージ

DioDocsのイメージ

DioDocsは.NET Standard 2.0に準拠しており,.NET Core,.NET Framework,Xamarinで動作するアプリケーションを開発できる。これにより,Windows,macOS,Linuxはもちろん,iOSやAndroidといったアプリケーション実行環境,クラウドでは仮想マシン,コンテナ,サーバーレスなどの配置方法で,クロスプラットフォームでの動作が可能。

DioDocsシリーズはドキュメント形式ごとにライブラリを提供する。第一弾として,2018年10月17日(水)にExcelファイルを生成・更新するためのAPIライブラリ「DioDocs for Excel」と,PDFファイルを生成・更新するためのAPIライブラリ「DioDocs for PDF」の2製品を発売する。

両製品とも1年定額制のサブスクリプション方式で販売される。価格は以下の通り。

DioDocsシリーズ年間サブスクリプション契約価格

製品名概要サブスクリプション価格(税込)
初回費用リニューアルランタイム(配布)
DioDocs for ExcelExcelファイルを生成・更新するためのAPIライブラリ345,600円172,800円無償※
DioDocs for PDFPDFファイルを生成・更新 するためのAPIライブラリ345,600円172,800円

※SaaSでの利用や開発環境への組み込みは別途特別契約が必要

なお,DioDocsを利用して開発したアプリケーションを配布する場合のライセンス費用は無償で,デスクトップ,モバイル,クラウドなどアプリケーションの形式を問わずランタイムフリーとなる。

詳しい製品内容については,以下を参照のこと。

DioDocsの製品情報
URL:https://www.grapecity.co.jp/developer/diodocs

コメント

コメントの記入