ニュースリリース

アステリア(旧インフォテリア),IoTの新たな戦略として新Gravioを発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

アステリア株式会社は2018年10月2日,同社の新たなIoT戦略として,これまで開発を進めてきたGravioを,新たな研究開発体制で取り組んだ新バージョンのGravio(以降,新Gravio)を発表した。

同社は昨日2018年10月1日,⁠インフォテリア株式会社」から「アステリア株式会社」に称号を変更した。冒頭で,社名変更の案内をし,アステリアとして初の新製品説明会に臨んだ,アステリア株式会社代表取締役社長 平野洋一郎氏。アステリアはギリシャ語で「星座」という意味を持つ

同社は昨日2018年10月1日,「インフォテリア株式会社」から「アステリア株式会社」に称号を変更した。冒頭で,社名変更の案内をし,アステリアとして初の新製品説明会に臨んだ,アステリア株式会社代表取締役社長 平野洋一郎氏。アステリアはギリシャ語で「星座」という意味を持つ

新Gravioは,⁠すべてのオフィスにIoTを」をコンセプトに開発が進められたエッジウェア。エッジウェアとは,各種IoTデバイスと,クラウド側で処理されるAI(人工知能)/ML(機械学習)の機能を,それぞれのエッジ部分でつなぐミドルウェアのことを指す。

新Gravioの特徴

新Gravioは,このエッジウェアを中心としたエコシステム全体を実現するためのハブとなる技術で,これから導入が進むと予想されるオフィスや学校,店舗でのIoT利用シーンでのさらなる採用を目指している。

新Gravioが目指す領域について説明する,Gravio事業部事業部長 垂見智真氏

新Gravioが目指す領域について説明する,Gravio事業部事業部長 垂見智真氏

新Gravioのおもな特徴は次のとおり。

  • 認証済センサ各種の無償貸出
  • 画像AIによるソフトウェアセンサの実装
  • Gravio Appの提供
  • MQTTへの対応。また,IoTで利用される各種プロトコルに対応
  • ノンプログラミングによるシステム構築
  • マルチプラットフォーム(Windows 10,macOS,Linux,iOS)対応

料金体系は無料のGravio Free,月額500円のGravio Basic,月額20,000円のGravio Standardの3種類が用意される(金額は税別)⁠

新Gravio料金体系

機能Gravio FreeGravio BasicGravio Standard
無償貸出センサ数(日本国内のみ)0410
ソフトウェアセンサ機能
ネットワークカメラ対応(onvif)×
AI用水路ん・認識モデル人数のみ各種利用可能各種利用可能
推論・認識モデルのアップデート××
(年3~4回)
サポートSlack上コミュニティSlack上コミュニティユーザ専用Web経由
価格(税別)無償500円/月20,000円/月
Gravio
https://gravio.com

また,同日,新たな開発体制を整備・強化すべく,Beijing Xiaomi Technologyのグループ会社Lumi United Technologyと業務提携することが同日発表された。今回の新Gravioのエッジウェアで提供される各種センサの開発もアステリアと共同で行っている。

Lumi United Technology Co.,Ltd CEO,Eugene You氏

Lumi United Technology Co.,Ltd CEO,Eugene You氏

画像

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入