ニュースリリース

エクセルソフト,パフォーマンスと電力効率向上を支援するソフトウェア開発ツール 「インテル System Studio 2019」の販売開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

エクセルソフト株式会社は,IoTデバイス・アプリケーションとシステムのパフォーマンスと電力効率向上を支援するソフトウェア開発ツール「インテルSystem Studio 2019」を販売開始した。

製品概要

「インテルSystem Studio 2019」は,システムとIoTデバイス・アプリケーションを対象としたクロスプラットフォーム向け開発ツール。高速化のためのC/C++コンパイラーやさまざまなライブラリー,パフォーマンス解析ツール,デバッガーなどを含む。

このツールを使うことで,インテルアーキテクチャー・ベースのプラットフォーム上で,優れたパフォーマンス,電力効率,信頼性を発揮するシステム/アプリケーションを効率良く開発することができる。

バージョン2019では,パフォーマンスがさらに向上した最新のインテルC/C++コンパイラーが含まれ,コードのベクトル化/スレッド化のための設計ツールが新たに追加された。新しいワークフローやデバッガーの改善でさらに使いやすくなり,プラットフォーム・レベルのパフォーマンスを迅速に把握できる。

SystemStudio2019の新機能

  1. プラットフォーム・レベルのパフォーマンスを迅速に把握
    インテルVTuneTM Amplifierは,システム全体の構成,性能,動作を迅速に把握し,プラットフォーム・レベルのメモリーとストレージのボトルネックと不均衡の特定を行う。新しいワークフローと単純化されたセットアップにより,使いやすくなった。
  2. コードのベクトル化とスレッド化
    インテルSystem Studio 用の新しいツールであるインテルAdvisorは,ベクトル化の最適化とスレッド設計ツールを提供し,アプリケーションがハードウェア機能を最大限に活用できるよう支援する。
  3. OpenCLプログラミング
    インテルSDK for OpenCL Applicationsを使用し,インテル グラフィックス・テクノロジー に計算をオフロードできる。SDKは,開発者がOpenCLアプリケーションの作成,ビルド,デバッグ,および解析を合理化するのに役立つ。
  4. デバッグを改善
    インテルDebug Extensions for WinDbgは,Microsoft WinDbgにて,ダイレクト・コネクト・インターフェース(DCI)を通してタイムスタンプ付きのインテルプロセッサー・トレースを利用できるようにし,タイミングとパフォーマンスの問題のトリアージを容易にする。ターゲットと接続タイプを簡単にセットアップし,複数の同時デバッグまたはトレース接続を管理し,システム開発を迅速化する。コマンドラインで実行するシステムトレースを設定および自動化できる。

開発のニーズに合わせて選べる4種類のオプション

  1. インテルSystem Studio Composer Edition
    パフォーマンスが最適化されたコードをビルドするための C/C++コンパイラー,各種パフォーマンス・ライブラリー,アプリケーション・デバッガーが含まれる。
  2. インテルSystem Studio Professional Edition
    Composer Editionのすべての機能に加えて,パフォーマンスおよび電力効率の解析ツール,メモリーとスレッドのエラー検証ツールが含まれる。
  3. インテルSystem Studio Ultimate Edition
    Professional Editionのすべての機能に加えて,安定性を高めるためのシステムワイドのデバッグおよびトレースツールが含まれる。
  4. インテルSystem Studio for FreeBSD
    FreeBSD OS向けのパフォーマンス解析ツールのみが含まれる。

価格

製品名価格(税抜)
インテルSystem Studio 2019 Composer Edition for Windows/for Linux各117,000円
インテルSystem Studio 2019 Professional Edition for Windows/for Linux各277,000円
インテルSystem Studio 2019 Ultimate Edition for Windows/for Linux各403,000円
インテルSystem Studio 2019 for FreeBSD各151,000円

※上記価格は商用特定ユーザーライセンスの価格。フローティング・ライセンス,アカデミック価格も提供あり。


その他の製品の詳細については,https://www.xlsoft.com/jp/products/intel/system/index.htmlを参照のこと。

バックナンバー

2018年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入