ニュースリリース

エクセルソフト,ArmベースのSoC向け開発ツールスイート「Arm Development Studio」販売開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

エクセルソフト株式会社は,英Arm社が提供する,ArmアーキテクチャベースのSoC向け組み込みソフトウェア開発のためのツールスイート,Arm Development Studioの日本国内での販売を2018年12月18日より開始した。

Arm Development Studioは,小さなマイクロコントローラーからカスタマイズのマルチコアプロセッサーまで,Armアーキテクチャベースの様々なSoC向けに,C/C++の組み込みソフトウェア開発環境を提供する。また,Arm Keil μVision IDEおよびEclipse IDEに統合されたArm C/C++コンパイラーとデバッガー,パフォーマンスアナライザー,シミュレーションモデルなどを含む。

これにより,ベアメタル,リアルタイムオペレーティングシステム,およびLinuxソフトウェアの開発において,ソフトウェア設計の初期段階から最終工程であるテストに至るまで,すべての開発工程をサポートし,64-bit版デバイスとソフトウェア製品をいち早く市場へ投入するのに役立つ。

製品ラインナップは以下の通り。

製品ラインナップ

Bronze Edition:

すべてのArm Cortex-Mをターゲットとしたプロジェクトに必要なツールを提供する基本エディション。Armv7以前のアーキテクチャのCortex-AおよびCortex-R向けのデバッグとパフォーマンス解析もサポート。

Silver Edition:

すべてのCortex-MファミリおよびArmv7以前のアーキテクチャのArmプロセッサー向けに,Arm C/C++コンパイラー,デバッガー,パフォーマンスアナライザー,シミュレーションモデルなどすべてのツールを提供。またArmv8アーキテクチャのCortex-AまたはCortex-R向けのデバッグとパフォーマンス解析もサポート。

Gold Edition:

最上位のGold Editionでは,Silver Editionに含まれるすべての機能に加え,Armの最新アーキテクチャArmv8や開発中のプロセッサーを含む,すべてのArmプロセッサーおよびアーキテクチャをサポート。

Gold Editionを利用することで,Arm C/C++コンパイラーでArmv8ベースのCortex-AまたはCortex-Rプロセッサー向けにコードをビルドすることができ,バイナリコードサイズの削減や,パフォーマンスの最適化を図れる。またArmが新機能を発表した際に,いち早く機能の検証を行い,製品の設計に反映させることが可能。


なお,価格などの製品の詳細は,製品Webページを参照のこと。

バックナンバー

2018年

バックナンバー一覧