ニュースリリース

Oracle,次世代クラウドデータセンターを東京に開設――Generation 2 Cloudをアジア太平洋地域へ拡充

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

日本オラクル株式会社は2019年5月8日,同社のデータセンター拡張の一環として,東京リージョンを開設し,運用を開始した。

今回は同社が展開している次世代クラウド「Generation 2 Cloud」への,日本国内ユーザからのニーズに応えたもので,今後,東京を中心とし,アジア太平洋地域への展開が行われていく。

発表会に登壇した,日本オラクル 執行役社長最高経営責任者フランク・オーバーマイヤー氏。⁠重要なのは,AWSやMicrosoftなどのコンペティターと比べて,企業カスタマの多くが私たちのOracle Cloudを使用してくれていること。それらを日本国内で提供できるようになったことがとても大きな出来事です」と,日本国内のリージョン開設発表の意義と,日本市場の重要性について語った

発表会に登壇した,日本オラクル 執行役社長最高経営責任者フランク・オーバーマイヤー氏。「重要なのは,AWSやMicrosoftなどのコンペティターと比べて,企業カスタマの多くが私たちのOracle Cloudを使用してくれていること。それらを日本国内で提供できるようになったことがとても大きな出来事です」と,日本国内のリージョン開設発表の意義と,日本市場の重要性について語った

東京リージョン開設における日本のクラウド市場と戦略

東京リージョン開設における日本のクラウド市場と戦略

東京リージョンでは,⁠Oracle Autonomous Database」や次世代クラウドアーキテクチャである「Generation 2 Cloud」サービスを提供し,ユーザに向けて高いセキュリティ・パフォーマンスを実現するクラウド環境の提供を目指す。

とくにAutonomous Databaseの提供により,プロビジョングやセキュリティ,修復,チューニングなどの自動化を促進し,データベース管理者の開発・運用業務の負担を軽減し,結果として,クラウド利用者のコスト削減やデータ保護による堅牢なシステム管理を,今まで以上に実現しやすくなる。

「東京リージョンは"真のミッションクリティカルシステムのクラウド移行"と"迅速なイノベーションを実現するクラウドネイティブ開発",この2つの戦略を双方向で実現することを目的に開設されました」と,東京リージョン開設の目的を説明する日本オラクル 執行役員クラウドプラットフォーム戦略統括 竹爪慎治氏

「東京リージョンは

また,同日,今後6ヵ月のうちに,大阪リージョンが開設されることも合わせて発表された。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

2019年

バックナンバー一覧