ニュースリリース

エクセルソフト,コンピュータ支援翻訳ツールの新バージョンMadCap Lingo 11.0の販売開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

エクセルソフト株式会社は,米国MadCap Software社の翻訳メモリツールMadCap Lingo 11.0を2019年6月26日から日本国内で販売開始した。

MadCap Lingoは,コンピュータ支援翻訳(CAT)ツール。翻訳のプロセスでテクニカルライター,ドキュメント専門家,プロの翻訳者を支援するために設計されたもの。翻訳メモリのサポート,用語集の管理,詳細なレポート機能を提供し,翻訳作業を効率的に改善できる。

また,MadCap Lingoは,スタンドアローンの翻訳ツールとして利用,またはMadCap Flareプロジェクトの翻訳のために利用することもできる。

MadCap Lingoは,XMLベースの翻訳メモリツールであり,翻訳のためにファイルを変換する必要がないため,ドキュメントおよびローカライズの担当者は重要なコンテンツや書式を失うことがないという。

新バージョンでは,機械翻訳プロバイダーとして,ニューラル機械翻訳エンジンDeepLが追加された。

MadCap Lingo 11.0の主な新機能

DeepL機械翻訳の統合
機械翻訳プロバイダーとして,ニューラル機械翻訳エンジンDeepLを使用できるようになった。
MadCap Flareからのマイクロ コンテンツ ファイルをサポート
マイクロ コンテンツ ファイルは,短くて簡潔な独立した情報であり,MadCap Lingoはこのファイルを翻訳できるようになった。
1つのプロジェクトに対して有効なすべての言語をエクスポート
多言語プロジェクトがある場合は,すべての言語を個別にエクスポートするのではなく,そのプロジェクトで有効になっているすべての言語を一度にエクスポートできる。言語ごとに別々のフォルダにエクスポートするのではなく,エクスポートしたファイル名に言語コードを追加することもできるようになった。
Adobe FrameMaker 2019サポート
Adobe FrameMaker 2019ファイルからのコンテンツをMadCap Lingoで翻訳できるようになった。
Gitのソース管理の機能強化
MadCap LingoプロジェクトにGitソース管理を使用している場合,ブランチマージ,コミットの取り消しができるようになった。

MadCap Lingo 11.0の推奨システム

CPUPentium 4またはそれ以上のプロセッサー
メモリ4096MB以上
OSWindows 7,Windows 8,Windows 10(32/64ビット)
必要なソフトウェアMicrosoft .NET Framework 4.6

※詳細についてはWebページを参照のこと。

価格

製品名税抜価格
MadCap Lingo
(恒久ライセンス,1年間のサポート付き)新規購入
120,000円
MadCap Lingo
(恒久ライセンス)アップグレード購入
60,000円

※シングルユーザーライセンスのほかに,複数ユーザーで利用できるフローティングライセンスも用意。

※製品の詳細および価格については,Webページを参照のこと。