ニュースリリース

ソラコム,IoTデバイスからFaaSに連携する「SORACOM Funk」,リモートからIoTデバイスにSSH,RDP接続する「SORACOM Napter」,大容量ファイルに対応したデータ収集サービス「SORACOM Harvest Files」ほか多数の新機能,サービスを発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

⁠株⁠ソラコムは2019年7月2日(火⁠⁠,同社の主催するカンファレンス「SORACOM Discovery 2019」の基調講演にて,新たなIoTサービスやデバイス,新機能,価格改定など多くの新発表を行った。ここでは,そのうち注目のサービスを中心に紹介する。

IoTデバイスからクラウドの「サーバレスサービス」に直接連携する「SORACOM Funk」

「SORACOM Funk」は,クラウド上のプログラムを簡単なコマンドで直接実行するいわゆる「サーバレス」/FaaS(Function as a Service)といった機能にIoTデバイスを連携するサービス。サーバを立てることなく,集めたデータにロジックを適用し,処理を行うことができる。

SORACOM Funk

SORACOM Funk

サービス開始時点で対応するFaaSは,AWS Lambda,Azure Functions,Google Cloud Functionsの3つ。利用料は,0.0018円/1リクエスト,月あたり5万リクエストまで無料利用枠として利用できる。

SORACOM Funk設定画面,利用するFaaSを選択して,用意されているロジックを指定するだけ

SORACOM Funk設定画面,利用するFaaSを選択して,用意されているロジックを指定するだけ

IoTデバイスにリモートからSSH,RDP接続する「SORACOM Napter」

「SORACOM Napter」は,クラウドやサーバを介さず,リモートからIoTデバイスに直接接続できるサービス。これまで同社では,リモートからIoTデバイスにセキュアにアクセスするために,プライベートネットワークサービス「SORACOM Canal」やデバイス間LANサービス「SORACOM Gate」を使った方法を提案してきた。これらの接続にはサーバの設定等の準備が必要なため,もっと簡単にリモートからIoTデバイスにセキュアにアクセスしたいというユーザからの要望があったという。⁠SORACOM Napter」はこうした要望に応えたもの。

SORACOM Napter

SORACOM Napter

ユーザはコンソールからリモートアクセスのリクエストを送ると,デバイスにSSH,HTTP,VNC,あるいはRDPでの接続情報を得てそれぞれの方法で当該のIoTデバイスにリモート接続できる

ユーザはコンソールからリモートアクセスのリクエストを送ると,デバイスにSSH,HTTP,VNC,あるいはRDPでの接続情報を得てそれぞれの方法で当該のIoTデバイスにリモート接続できる

たとえば,ネットワークカメラの映像を必要なときだけアクセスして確認したい場合等に,グローバルIPアドレスを付加した常時アクセスを設定しているとセキュリティ上のリスクが高くなるが,Napterを用いると,必要なときのみカメラへのリモートアクセスを一時的に与えることができ,試用しないときにはオフにすることが可能となる。

「SORACOM Napter」の利用料はSIM1枚あたり300円/月,1ヵ月あたり1SIMぶんの無料利用枠が付加される。

データ収集・蓄積サービス「SORACOM Harvest」を拡張,ファイルの送受信に対応した「SORACOM Harvest Files」

「SORACOM Harvest」はIoTデバイスからのデータ収集,蓄積を支援するサービス。サーバやストレージをユーザ側で準備しなくても,クラウド上のSORACOMプラットフォームに簡単にデータを送信,保存,可視化(SORACOM Lagoonを使って)までをサポートする。

これまで「SORACOM Harvest」で送信できるのは,JSON,テキスト,バイナリなどの比較的短いデータだけだった。これに対してユーザから,カメラ画像を保存したい,ファームウェアをアップロードしてデバイスに配布したい等の要望があり,これらの要望に応えて,ファイルの送信にも対応したのが「SORACOM Harvest Files」である。

「SORACOM Harvest Files」では,IoTデバイスから画像ファイルやログファイルなどIoTデバイスで収集したファイルを,サーバを用意することなく保存することが可能。アップロードするファイルパスにはIMSIやタイムスタンプを自動的に付与できる。デバイスごと個別の設定は必要ない。プロトコルはHTTPを使用し,ファームウェアのようなファイルをデバイスにダウンロードすることもできる。

SORACOM Harvest Files

SORACOM Harvest Files

料金は,Harvest Filesへのファイルアップロード,保存が,アップロードが完了したファイルの合計ファイルサイズ1GBあたり200円/月。なお,アップロードしたファイルの保存期間は2年で,2年を経過したファイルは削除される。Harvest Filesに保存したファイルのエクスポート(ダウンロード)は,通信量1GBあたり20円。扱える最大ファイルサイズは5GBまで。また,⁠SORACOM Harvest Files」はSORACOM Air for セルラー飲みのサービス。SORACOM Air for LoRaWAN, SORACOM Air for Sigfoxには対応していない。