ニュースリリース

「U-22プログラミング・コンテスト2019」各賞決定,経済産業大臣賞〈総合〉は中学3年生が受賞

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

U-22プログラミング・コンテスト実行委員会は,2019年10月20日(日)秋葉原コンベンションホールで行われた「U-22プログラミング・コンテスト2019」最終審査会において入選作品16作品を審査,経済産業大臣賞をはじめとする各賞を決定した。

経済産業大臣賞<総合>には「Blawn」⁠上原直人さん/開成中学校)が受賞。
同<プロダクト>では「LOCUS」⁠眞部智也さん/ECCコンピュータ専門学校⁠⁠,<テクノロジー>では「ブラウザ上で動作するDNCL処理系「Tetra⁠⁠大門巧さん/東海大学⁠⁠,<アイデア>では「Capture the Elements」⁠冨田晴生さん/Hope International Academy Okinawa)がそれぞれ受賞した。

その他の最終審査結果はU22プログラミング・コンテス審査結果のページを参照。

経済産業大臣賞を受賞した4作品および,経済産業省商務情報政策局長賞を受賞した6作品は,⁠情報化促進貢献個人等表彰」の受賞者と共に,10月21日(月)に経済産業省内で行われる表彰式で表彰状が授与される。このほか,9社のスポンサーからそれぞれスポンサー賞が発表されている。

今年のU-22プログラミング・コンテスト最終審査会では,2020年から始まる小学校におけるプログラミング教育必修化を視野に,無料のプログラミング体験イベント「Programmer's Day」が併催された。イベントではパネルディスカッションやワークショップなどさまざまなセッションが用意された。

U-22プログラミング・コンテスト公式サイト
URL:https://u22procon.com/