ニュースリリース

グレープシティ,ドキュメントAPIライブラリ「DioDocs」の新バージョン(V3J)を12月18日より発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

グレープシティ株式会社はドキュメントを生成・更新する開発支援APIライブラリシリーズ「DioDocs」の新バージョン(V3J)を2019年12月18日より発売する。

DioDocsは,開発環境や運用環境で専用ソフトウェアを使うことなく,DioDocsのライブラリを介してコードを記述し,システムの出力などで利用される文書ファイルを生成または更新することができる。

DioDocs V3J

DioDocsシリーズは,Excelファイルを生成・更新するためのAPIライブラリ「DioDocs for Excel」と,PDFファイルを生成・更新するためのAPIライブラリ「DioDocs for PDF」の2つの製品を提供している。

「DioDocs for Excel」の新バージョンは,例えば,Excelをテンプレートとして,簡単に帳票を設計できるテンプレート構文に対応。テンプレート構文を利用することで,ローコードで効率よく帳票を出力できる。また,縦棒や折れ線,円,横棒などの「チャート」や集計対象のデータを視覚的に絞り込む「スライサー」をPDFにエクスポートする機能が新たに搭載された。さらに,Excel 2016でサポートされたツリーマップやサンバースト,ヒストグラムといった新しいチャートに対応した。幅広い種類のチャートを利用して,柔軟なデータ表示が可能。このほか,PDF出力時にドキュメントプロパティとセキュリティオプションの設定ができ,タイトルや作者の編集に加え,文書に対して実行できる操作を制限できる。

「DioDocs for PDF」の新バージョンでは,HTMLページをPDFおよび画像として出力できる機能を追加した。

両製品とも1年定額制のサブスクリプション方式での販売となり,イニシャル(初回)価格は,1開発ライセンスが352,000円(10%税込⁠⁠,2年目以降のリニューアル(更新)価格は176,000円(10%税込⁠⁠。

DioDocsの詳細は,以下のページを参照のこと

 URL:https://www.grapecity.co.jp/developer/diodocs

DioDocsの新機能詳細は,以下のページを参照のこと

 URL:https://www.grapecity.co.jp/developer/diodocs/release/3