速報!2008 JavaOne Conference

2008 JavaOne Conference,3日目 JavaOne Pavilion part 2

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

JavaOneも3日目を迎えました。連日,世界中から集まったJava開発者たちが新しい技術に触れ,交流を深めています。中でもPavilion会場での熱気は日増しにヒートアップしています。

今回は第2回レポートに続いて,JavaOne Pavilionの様子をお届けします。

Pavilionってどんなところ?

Pavilion会場は,Moscone Center North Hallの地下1階にあります。まず,Pavilionまで歩いてみましょう。

動画1 Pavilion会場へ

ニコニコ動画:http://www.nicovideo.jp/watch/sm3246688

入口に足を踏み入れると,そこにはJavaに関する展示,Sunの最新テクノロジーのデモ,Java関連ベンダや最新ITベンダの展示ブースが,所狭しと並んでいます。

写真1 Pavilion風景.全面はSun関連ブース

写真1 Pavilion風景.全面はSun関連ブース

会場の様子はこんな感じです。

動画2 Pavilion会場の様子

ニコニコ動画:http://www.nicovideo.jp/watch/sm3247010

いかがでしょうか? 雰囲気は伝わったでしょうか。興味が湧いてきた方は,ぜひ来年は実際に参加してご自身で体感してみてください。

充実していたSunブース

さて,今回のJavaOneの中でとくに目を引いたのが,Sun関連のブースです。毎回JavaOneではJavaに限らず,Sunの最新技術やトピック,ソリューションなどが展示されます。今年はMySQLやVirtual Box買収後,初となるJavaOneだったこともあり,それらの展示も個別に行われたほか,2008年5月5日にリリースされたばかりのOpenSolarisも展示されていました。

また,JavaSEだけではなく,JavaMEやJavaEE,GlassFishといったコアテクノロジー,初日のGeneral Sessionでロードマップが発表されたJavaFXや,新しい戦略Project Hydrazineなど,開発者にとって興味深いトピックが数多く見られました。

写真2 JavaOne Pavillion内のSunブース

写真2 JavaOne Pavillion内のSunブース

コメント

コメントの記入