速報!2008 JavaOne Conference

2008 JavaOne Conference,4日目 James Gosiling General Session

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

JavaOneもついに最終日。午前中にはJavaの産みの親,James Gosling氏によるGeneral Sessionが行われました。毎年同氏のSessionは,その年のJavaOneで発表された新技術やJavaOne Pavilionで見つけたデモ,DUKE'S CHOICE AWARD受賞技術などのさまざまなJava技術を紹介し,Javaの持つポテンシャルや将来性を伝える内容となっています。今回はどのような内容だったのか? 写真レポートで速報します。

JAVA+JOHN GAGE=THANK YOU

Sessionスタート前には,JavaOneのホスト役を務めたJohn Gage氏への感謝の意を込めたメッセージビデオが流され,これまでの貢献に対する表彰が行われました。表彰には,Gosling氏の他,Jonathan Schwartz氏,Rich Green氏,Chris Melissions氏から「Dukeトロフィー」が渡され,また,今回Gosling氏が着ていたオリジナルTシャツのデザインが贈られました。

写真1 皆でJohn Gage氏への感謝の気持ちを伝えました

写真1 皆でJohn Gage氏への感謝の気持ちを伝えました

写真2 メッセージビデオにはBill Joy氏からのコメントも

写真2 メッセージビデオにはBill Joy氏からのコメントも

Extreme Innovation JavaOne Edition

写真3 Sun Microsystems, Inc.
Vice President and Sun Fellow,
James Gosling氏

写真3 Sun Microsystems, Inc. Vice President and Sun Fellow,James Gosling氏

さて,いよいよ最後のSessionの始まりです。今回のテーマはExtreme Innovation JavaOne Editon」。進行役はもちろんこの人,James Gosling氏です。

今回は全部で11のプレゼンが行われました。どのプレゼンも,紹介するたびにGosling氏自身がワクワクし,楽しんでいる様子が聴講者にも伝わってきたのがとても印象的です。

今回発表されたテーマ

写真4 Java VisualVM

写真4 Java VisualVM

写真5 JavaScript Support in NetBeans

写真5 JavaScript Support in NetBeans

写真6 Java on NVidia APX 2500

写真6 Java on NVidia APX 2500

写真7 Java Games and Project Darkstar

写真7 Java Games and Project Darkstar

写真8 Extreme Java Card Innovation

写真8 Extreme Java Card Innovation

コメント

コメントの記入