速報! 2009 JavaOne Conference

2009 JavaOne Conference3日目―JavaOne Pavilionから~Sun Cloud

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

2009 JavaOne Conferenceも後半の3日目を迎えました。今回はこれまで2回と傾向を変えて,世界最大のJava開発者イベントにおける最大の展示会”,JavaOne Pavilionにフォーカスし,写真を中心にお届けします。

JavaOne Pavilion

写真1 JavaOne Pavilionの入口

写真1 JavaOne Pavilionの入口

JavaOne Pavilionはその名のとおり,展示会,そのときどきのJava技術およびJava関連製品が一堂に会する場所となります。毎回,Sunのコンセプトを盛り込んだレイアウトとなっており,見る人が見る人なりの感覚で楽しめるのが特徴です。

Sunの技術が実現するクラウドコンピューティング

本レポート第1回でも紹介しましたが,JavaOneと並列して行われているCommunityOneではクラウドコンピューティングを前面に押し出した基調講演が行われ,ここJavaOne会場でも「Sun Cloud」と題したコンセプトブースが展示されていました。

写真2 Sun Cloudのコンセプトブース。技術やソリューションなど,複数の展示が行われており,Sunの目指すクラウドコンピューティングを多面的に紹介する場となっていました

写真2 Sun Cloudのコンセプトブース。技術やソリューションなど,複数の展示が行われており,Sunの目指すクラウドコンピューティングを多面的に紹介する場となっていました

Passportとスタンプラリー

Sun Cloudでは「Passport to the Cloud」というパスポートをモチーフにしたスタンプ帳が配布され,特定のブースの説明をスタンプがもらえるというスタンプラリーが行われていました。すべてのスタンプ(7つ)を押してもらうと,オリジナルのSun Cloud Tシャツがプレゼントされる,ということでたくさんの来場者が積極的にブースに足を運び,それぞれの説明を聞いていました。

写真3 スタンプを7つ押したところ。これでTシャツをゲット!

写真3 スタンプを7つ押したところ。これでTシャツをゲット!

写真4 フルスタンプのパスポートとTシャツ交換所。他にも,ストレスクッションやボールペンなどさまざまなオリジナルグッズが配布されていました

写真4 フルスタンプのパスポートとTシャツ交換所。他にも,ストレスクッションやボールペンなどさまざまなオリジナルグッズが配布されていました

コメント

コメントの記入