速報! 2009 JavaOne Conference

2009 JavaOne Conferenceフォローアップ―JavaOne Pavilionから見たSunのクラウドコンピューティング,注目スタートアップ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

先週,5日間にわたって開催された2009 JavaOne Conference/CommunityOneが終了しました。ここでは「2009 JavaOne Conferenceフォローアップ」と題して,今回のホットワードになっていた「クラウドコンピューティング」,その実演を行っていたCloud Zoneを中心にレポートします。

盛況だったSun Cloudブースから

CommunityOneのレポートでもお届けしたように,今回,クラウドコンピューティングに関してたくさんの展示,セッションが組まれていました。まずはじめに,クラウドコンピューティングブース「Cloud Zone」の中心となっていた,Sun Cloudの展示からお届けします。

Sunが実現するクラウド環境

CommunityOneでも紹介されたSunのクラウドコンピューティングの軸となるのが,「Sun Cloud Compute Service」ブースで紹介されていた技術です。ここでは,Sunのクラウドについて,「コンピュータ/ネットワーク/ストレージに関して,必要に応じてセキュアにアクセスできるもの」と紹介し,具体的に仮想データセンタの構築,利用状況に応じた課金システムなどに関して説明が行われました。今回のカンファレンス時点では,一般ユーザ向けのサービスは始まっていませんが,今後,順次正式なサービスとして展開されていくとのことです。

写真1 Sun Cloud Compute Seviceのブース

写真1 Sun Cloud Compute Seviceのブース

また,その隣には「Sun Cloud Storage Service - Data in the Cloud」と題したブースが設けられていました。ここでは,Sunの強みの1つ,データストレージにおけるクラウドコンピューティングに関する説明が行われており,Web APIおよびプロトコルを通じたデータ転送,インターネット上でのインフラ構築を基本としたシステムになるとのこと。また,具体的な利用プロトコルにはWebDAVおよびS3のようなものを状況に応じて利用することで,オープンでセマンティクスな状況を構築していきます。

Sunのクラウドコンピューティング http://www.sun.com/solutions/cloudcomputing/

開発環境から見たクラウドコンピューティング:(1)NetBeans/Project Kenai

現在,Sunが推しているIDEがNetBeansです。Sun Cloud内には,NetBeans,それに関連してProject Kenaiの展示が行われていました。NetBeansのブースには「NetBeans IDE - Connecting Developers」と説明が書いてあり,クロスプラットフォームで開発できること,JavaやPHP,Ruby,Groovy,JavaScript,C/C++,Pythonなどさまざまな言語開発が行えること,そして,Project Kenaiを通じて複数メンバーによる開発と連携が行えることが説明されていました。 そして,最後に出てきたProject Kenaiに関しては,1つのブースが用意されており,詳細な説明が行われていました。Kenaiは,SubversionとMercurialに対応したコードホスティングサービスで,メーリングリストやフォーラム,Wikiなどを提供することにより,共同開発における情報共有,複数メンバーによる開発をサポートするためのプロジェクトです。RC2がリリースされたばかりの最新NetBeans 6.7には直接Kenaiを利用できる機能が実装されており,その利便性が高まっています。

写真2 Project KenaiのWebページ

写真2 Project KenaiのWebページ

Kenaiのブースには「Participate in Sun's developer cloud」と,デベロッパー群への参加という表記がされていましたが,説明員曰く,将来的にはSunのクラウドコンピューティングを利用した開発・テスト環境などが利用できるようになるとのことです。

NetBeans 6.7情報 http://ja.netbeans.org/downloads/67/

Project Kenai http://kenai.com/

コメント

コメントの記入