「Adobe MAX Japan 2009」詳細レポート

1日目(その1)基調講演,RTMFPを使った未来のコミュニケーション,Space -スペース- FITC session

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

アドビシステムズ株式会社が主催するユーザーカンファレンス「Adobe Max Japan 2009」が,1月29日,30日の2日間にわたって東京・台場のホテルグランパシフィック LE DAIBAで行われ,述べ3300人が来場した。このイベントの様子を,詳しくレポートする。

Adobe Max Japan 2009のテーマは「Cnnect. Discover. Inspire」

1月29日の午前10時,日本法人アドビ システムズ株式会社(以下Adobe) 代表取締役社長 クレイグ ティーゲル氏による挨拶が行われた。

Adobe Max Japan 2009のテーマは「Cnnect. Discover. Inspire」。これは世界各国,すべての開催地にて共通の,MAXの普遍的なテーマであるという。

そして,「この2日間を掛け,アドビの最新の技術について発見し(Discover),トップのクリエイター・開発者のセッションでインスピレーションを受け(Inspire),よりダイナミックなコンテンツを創造するためのコミニティと繋がって(Connect)いただきたいと思う」と語り,2日間に渡る日本最大規模のユーザーカンファレンスAdobe Max Japn 2009の開幕を宣言した。

写真1 クレイグ ティーゲル氏の挨拶

写真1 クレイグ ティーゲル氏の挨拶

基調講演

次に,Adobe CTO(最高技術責任者)兼エクスペリエンス&テクノロジ開発部門担当上級副社長 ケビン・リンチ氏による基調講演が行われた。

ケビン・リンチ氏は「皆さんとAdobe Maxという形で時間を共有できることを大変嬉しく思う。今日は皆さんにとっても私にとってもエキサイティングな一日となるだろう」とした上で,「多くの変革の時を迎えている。経済や環境など,様々な問題・課題に直面している中で私たちがインターネットを上手く活用し,どんな場所にいようとも,パソコンであろうとモバイルデバイスであろうと,テレビのスクリーンであろうと,その中で,これらの問題を世界で一緒に解決していこうという取り組みが重要だ」と示した。

そして,Adobeが考えているAdobe Flash Platformの概念を紹介した。

写真2 Adobe Flash Platformを説明するケビン・リンチ氏

写真2 Adobe Flash Platformを説明するケビン・リンチ氏

ソフトウェア業界を取り巻く3つのトレンドと,それを実現するAdobe Flash Player 10/Adobe AIR 1.5

ケビン・リンチ氏は続いてソフトウェア業界の中での3つのトレンドとして,「Client+Cloud」「Social Computing」「Devices+Desktop」を挙げ,それらを実現するFlash Player 10と,その新機能(高品質の新テキストエンジン,Aoudio Videoストリーミング,3DエフェクトとDrawing API・PixelBender)について事例を交えながら説明した。

Flash Playerの普及

Flash Player 10の普及率がすでに50%を達成し,世界でFlashを活用したオンラインビデオが再生されている割合は60~80%であることを発表した。

写真3 すでに50%を達成している,Flash Player 10の普及率

写真3 すでに50%を達成している,Flash Player 10の普及率

写真4 Flashを活用したオンラインビデオが再生されている割合

写真4 世界でFlashを活用したオンラインビデオが再生されている割合

次にFlashの素晴らしい能力をWebのみならずローカル・クライアントでシンプルに活用できるものとしてAdobe AIR(以下 AIR)が紹介され,開発者によるAIRの開発ツールキットのダウンロードは100万を超え,AIRを再生するランタイムは1億を達成したと発表。ケビン氏は「AIRがリリースされてからたった1年のことであり,初年度としては好調」とした。

AIRの活用事例

続いてAIRの最新リリースとして1.5を紹介し,Flash Player 10の機能を享受できること,Linux,Mac OS X,Windows対応,WebKit+Squirrelfishを内包すること,AIRには暗号化されたローカルデータベースを実装していると示した。

AIRの活用事例として,Adobeのジェレミー・クラーク氏からニューヨークタイムズ社が紹介された。ジェレミー氏は「現代はウェブやテレビなどの媒体を通じてニュースを得る人が増え,新聞を買う人が少なくなった。これは彼らの業界にとって大きな課題だ。彼らはどんなプラットフォームでどのようにすればよりたくさんの人々に自分たちのニュースを配信できるのかを日々考えていた。その課題を解決するためにAIRアプリケーション構築した」とし,「AIRの最新技術を利用することで最新のニュースをとりいれ,新しいテキストエンジンによって新聞と同じカラム・レイアウトを再現し,あらゆる解像度・フォントサイズに対応した。これによって非常に読みやすく,すべての記事をブラウズできるようになった。さらに記事の内容に適した広告を入れ,クリックすることでその広告のコマーシャル・ビデオを見ることもできる。また,本紙でも人気が高いクロスワードパズルでは,紙では実現できないインタラクティブな操作性を得た」と説明。さらに「これらはデスクトップでも小型のMIT(Mobile Internet Device),でもまったく同様に動作する」とし,前日に購入したというVAIO type Pを取り出し,同アプリケーションが完全に動作することを披露した。

写真5 ニューヨークタイムズ社のAIRアプリケーション

写真5 ニューヨークタイムズ社のAIRアプリケーション

他のAIRの活用事例として,ケビン氏から,高度なソーティングやPDF表示,XMLエクスポートがが可能となっている不動産検索アプリケーション,株式市場の株価状況を一覧表示し,AIRのドラッグアンドドラップ機能を使用して自分がトラッキングしたい株価指数を自由に登録できる株価指数チェックアプリケーション,FeliCaを読み取りメンコができるユニークなゲームアプリを紹介した。メンコができるアプリは,FeliCa対応のラップトップパソコンにFeliCaをかざすと,AIRアプリが情報を読み込み,ステージ上に同様のカードが3Dで表示され,昔懐かしいメンコを物理演算シュミレーションを用いてリアルに再現されていることを実際にデモをしてみせた。

写真6 FeliCaを利用した,メンコアプリ

写真6 FeliCaを利用した,メンコアプリ

著者プロフィール

加茂雄亮(かもゆうすけ)

株式会社ロクナナにて,ActionScriptを伴うFlashコンテンツや,AjaxコンテンツなどRIA開発に従事するフロントエンドエンジニア。テクニカルライターとしての一面を持ち,WEB・雑誌・書籍、媒体問わず執筆。また,イベントやセミナーでの講演など,精力的に活動している。

URLhttp://log.xingxx.com/
URLhttp://rokunana.com/

コメント

コメントの記入