「Adobe MAX Japan 2009」詳細レポート

2日目(その1)グレッグ・ミシェリ氏による基調講演,中村勇吾氏「映像とプログラミング」,城戸雅行氏「[Flash]アイデアの実装:コントロールと最適化」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

本日は,1月30日前半の「Adobe Max Japan 2009」のレポートをお届けします。

基調講演

2日目10:00,本日の基調講演が開演。ダイナミックな3CGプロモーションムービーから始まり,Adobe ディレクター・プロダクトマネジメント グレッグ・ミシェリ氏が登場。ミシェリ氏は昨日を振り返えった後,3つのフェーズ,Design・Development・Deploymentに分けて,製品を紹介していくことを明かした。

写真1 Adobe ディレクター・プロダクトマネジメント グレッグ・ミシェリ氏

写真1 Adobe ディレクター・プロダクトマネジメント グレッグ・ミシェリ氏

エコツアーズでみる,Design・Development・Deployment

一つめのDesignでは,「Adobeの製品は素晴らしいでデザインを可能にするツールのリーダーといってもいいでしょう」と述べ,次世代のツールがどのようにしてクリエイティビティを提供していくかを明確にするとした。2つめのDevelopmentでは「素晴らしいデザインをいかに形にしていくか」を,3つめのDeploymentでは「アプリケーションを広く普及させてユーザーがアクセスできるようにする。そして快適なエクスペリエンスを提供しなければならない」と語った。

そして,今回の製品紹介では,"エコツアーズ"という架空の旅行代理店を設定し,"エコツアーズ"のWebサイトをAdobeの製品を使用して制作し,さらに最新のテクノロジーを活用して,ユーザーにエキサイティングなエクスペリエンスを提供することを想定して,進めていくことを示した。

Design

今回の基調講演のテーマのひとつである,Designでは最新版のPhotoshopとFlashを挙げ,どのように効率アップを図ることができるかを示した。

スピーカーには,Adobe エクスペリエンスデザインマネージャー ジェレミークラーク氏が登壇した。まず,広告代理店を介した場合の大規模なサイト改築時には媒体を問わず統合化された広告キャンペーンがよくあることだとし,その中でデザイナーがInDisignを使って紙媒体でのコンテンツを制作後,Webに転用したい場合でも,今までであればファイルをPNGやPDF,AIやSWFにエクスポートしなければならず,加えてファイルがフラットになるため,Flashに持ってきた場合に不具合があることがあったが,CS4ではXFLという新しいファイルフォーマットでエクスポートすることが最適だという。XFLを使うことで,InDesignのテキストやレイアウトを保ったままFlashでムービークリップを作成することが可能なことを示した。

さらに,Flash制作時の問題点としてアニメーションを言及。これまで時間の掛かっていたモーショントゥインが,Flash Professional CS4では,新しくリフレッシュされたオブジェクトベースのアニメーション開発になったことで制作が最適化されているということだ。

さらに,インバースキネマティクスを実現できるボーンツールを例にあげ,シェイプに骨構造を埋め込み,なめらかなアニメーションのデモを公開し,「腕や肘の動きをよりリアリティーのあるものにできる」とした。モーションプリセットにも解説。アニメーターは時間をかけたお気に入りのモーションをFlashに保存でき,素早く,いつでも別のインスタンスに適用できるとしている。AIRについても,Flash Professional CS4ではネイティブにサポートし,パブリッシュできると述べた。

写真2 FlashからAIRにパブリッシュ

写真2 FlashからAIRにパブリッシュ

Photoshopでは,最新のスケーリング機能としてコンテンツアウェアスケーリングを披露。コンテンツの内容をPhotoshopが解析し,コンテンツを保ちながら自然に縮小・拡大してくれるものとしている。今まで何時間もかかっていた作業を短縮した形だ。さらに,ピントの異なる一連の写真から一枚の合成写真を生成するレイヤーを自動合成機能を説明した。Extends版の機能紹介として,3Dオブジェクトに対してブラシでマッピングを行うことができるようになった。そして,2Dのテクチャーも簡単に3Dに変換しマッピングできるとした。

Development

第二段階のDevelopmentでは,新製品であるAdobe Flash Catalystが登場。「デザイナーとデベロッパーの橋渡しとなる存在」とし,スピーカーにはプラットフォームエバンジェリスト ライアン スチュアート氏,コンピューターサイエンティスト アダム キャス氏がそれぞれ登壇した。

スチュアート氏によれば,「静的なアートワーク(Photoshop・Illustrator・Fireworksで開発されたデザイン)をFlash Catalystに取り込むことでコードを書かずしてインタラクティブを可能にするもの。」だという。Photoshopからエクスポートされたfxgに対応し,構造を保ったまま,Flash Catalystに持ってくることができるとし,fxpにエクスポートすることによって,FlexBuilderで簡単に読み込むことができるという。

Flash Catalystを使うことで,デザイナーがまったくコードを書かずに,コンテンツをインタラクティブなものにした上でデベロッパーに引き渡すことができるとしている。製品化に向け動いていると言うことで,期待できそうだ。

写真3 Flash Catalystではコードを書かずにインタラクティブなデザインを仕上げることができる

写真3 Flash Catalystではコードを書かずにインタラクティブなデザインを仕上げることができる

最新技術の紹介は続く。プラットフォームエバンジェリスト グレッグ ウィルソン氏によると,Alchemyと呼ばれる技術では,C,やC++のコードをActionScriptとして再利用できるとしている。つまり,ActionScriptに変換(生成)することができるという。スクリーンにはデモとして,画像の生データであるRawファイルをFlash Player上で読み込み・表示を行ったり,CのエミュレーターをActionScriptに変換し,スーパーマリオがAIRで動作していることが披露された。

FlexBuilderの最新バージョン,コードネームGumboについても説明があった。Flash Catalystで制作したfxpを読み込むことはもちろん,最新機能として,Flex内にColdFusionのIDE,Boltを内蔵していることを言及。このツールを使うことでColdFusionを用いたサーバーに対して,IDEから操作できると語った。

Dreamweaver CS4では,エバンジェリスト グレッグ ルイス氏が登壇。ルイス氏によれば,「DWCS4によってAjaxはもっと簡単なものになる」とした。昨晩のSneak Peekで登場したWeb Widgetに触れ,コンポーネントの読み込みの実演を行った。

実演では,jQuery UIを読み込み,ページのサイドバーにアコーディオンウィジェットを付加した。今バージョンから実装されたライブビューやコードナビゲーターについても解説し,Ajax制作の新しいワークフローを示した。

Deployment

最後の段階であるDeploymentでは,検索エンジンでのFlash・SWFのインデックス化について,シニアマネージャー デュアン ニッカル氏が解説した。

イカボットと呼ばれるプロジェクトのデモを示しながら,「Flashアプリケーションのなかに入っていき,自動的にテキストを検出する」とし,AdobeTVを例にあげ,開発者がなにもせずとも,ついにSWF内のコンテンツ・テキスト・キーワードが検索エンジンに引っかかることを披露した。

DynamicStreamingについても解説。スピーカーにはテクニカルエバンジェリスト 太田 禎一 氏が登壇した。このFlash Media Server 3.5に実装された技術を使用することにより,ビットレートをストリーミング中にシームレスにスイッチングできると語った。

また,読み込み時には画質が悪いとしながらも,環境によって自動的に快適なビットレートが変更されるため,非常にスムーズに動画を閲覧することができるということだ。

デモでは,DynamicStreamingを用いたビデオを閲覧できるサイトFlash HD Video using Dynamic Streamingを紹介した。動画を見てみても,まったく違和感なくビットレートが向上していることが示された。

写真4 DynamicStreamingを利用することで,読み込み時のビットレートを低く設定しておき,徐々に上げることができる

写真3 DynamicStreamingを利用することで,読み込み時のビットレートを低く設定しておき,徐々に上げることができる

著者プロフィール

加茂雄亮(かもゆうすけ)

株式会社ロクナナにて,ActionScriptを伴うFlashコンテンツや,AjaxコンテンツなどRIA開発に従事するフロントエンドエンジニア。テクニカルライターとしての一面を持ち,WEB・雑誌・書籍、媒体問わず執筆。また,イベントやセミナーでの講演など,精力的に活動している。

URLhttp://log.xingxx.com/
URLhttp://rokunana.com/

コメント

コメントの記入