「Chrome+HTML5 Conference~第20回記念HTML5とか勉強会スペシャル~」レポート

デザイナートラックレポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6.5 分

本稿では,Chrome+HTML5 Conferenceのプログラムのうち,デザイナートラックの講演についてレポートします。

深見嘉明さん,白石俊平さん「HTML5/Web標準オーバービュー」

本セッションの前半は,W3Cの活動は外から見えにくいと思っているため,こういった機会はありがたいと語る深見嘉明さん(W3C/Keio)より,W3C視点のHTML5とWeb標準の基礎についての発表がありました。

画像

最初に,見慣れたW3CのHTML5のロゴ以外にもたくさんのHTML5に関するロゴがあることを示し,⁠HTML5」と言っても一口に語れないと指摘します。仕様書原理主義に沿えば,HTML5の仕様書のページがHTML5であると言います。そしてHTML5の正式な定義は,W3Cで策定しているHTML4.01,XHTML1.0,DOM2 HTMLの次期バージョンということになると言及しました。なお,HTML5の由来は,アプリケーションの実行環境としてWebを進化させたいWHATWGによるWeb Applications 1.0やWeb Forms 2.0にあるとのことです。

画像

しかし世間にバズワードとして広がっているHTML5は,HTML5,CSS3,JavaScript,WebGLなどが一緒くたに認識されているとし,このことからHTML5の広義的な意味合いとして「ウェブアプリケーションの動作環境」⁠リッチコンテンツの容易な取り扱い」⁠デバイスとの連携に用いられる多様なAPI」と言ったものも含まれるとしました。しかし,制作者の方はこれらがきちんと分かれていることを意識してほしいと述べました。

HTML5の仕様書に戻って説明するとHTML5は,W3C(World Wide Web Consortium。運営はMIT,ERCIM,Keio)で管理されているものであり,仕様策定プロセスでは5つあるうちの2つ目,Last Call Working Draftの段階だと示しました(仕様書のページを見ると「This is a work in progress!」という断り書きに気づきますが,これはフルスペックのHTML5が使える環境はありません,というのが中身だそうです)⁠そして,現時点では最終的なRecommendation(勧告)はいつになるか分からないが,方向性は固まったため,先進的なデベロッパやデザイナーはコミュニティや勉強会などでトレンドを抑えて,実際の実務で役に立てることを考えても良い時期だと話しました。

さらに,皆さんがHTML5を使わないと(WWWで)使われて行かないと言います。それは,W3Cは仕様書を管理しているだけであり,WWWを利用している人が不便な状況に陥らないようにするためにW3Cの仕様が使われているからだと話します。そして強制力はなく,ブラウザの実装状況はバラバラな状況の中で,ここまで使っても良いと言うガイドラインはないけれども,皆さんで使っていく,作っていくことで広まっていくものだと指摘しました。そのため,皆さんが標準のプロセスに参加している,標準の方向性を決めているんだということを心構えてとして持ってHTML5の資料を見たり,使ってみてほしいと述べました。

セッションの後半は白石俊平さん(HTML5 Developers JP)より,HTML5の概要について具体的にデモを交えながら発表がありました。

画像

最初に,HTML5を自身の言葉で表現すると「よりセマンティックなコンテンツプラットフォーム」であり,⁠よりリッチなアプリケーションプラットフォーム」であると言及しました。前者について簡単に説明すると,HTML5の新要素やHTML5 Formsでセマンティックでリッチな入力フォームの実現,マイクロデータ,リッチスニペットなどを指すとし,詳しくはこの後の羽田野さんのセッションを聞いてほしいとしました。そして,ここでは後者についてフォーカスして話していくとしました。

Javascript APIが次々に考案・標準化され,プラットフォームが拡大されていると言います。まず,APIとは何であるかということについて図を示しながら説明しました。そしてこれまでのWebアプリケーションにはできることが少なかったのは,Webブラウザ層でのAPIが足りなかったせいでOSやハードウェアのデバイスの機能を利用できなかったからと言及しました。現在は,デスクトップアプリケーションと遜色ないプラットフォームを作ろうとしている段階であり,HTML5ではAPIが日進月歩で増えており,できることを増やしてると言うことです。

画像

その後は,説明の都合上いくつかに分類した上で,APIで何ができるようになるのかを紹介しました。最初に挙げたのは,Titanium Mobile API Documentsのような,オフラインWebアプリケーションが作れるようになることです。サーバ側のHTMLや画像などをローカルにキャッシュすることで,⁠起動も早く,動作も速い」⁠作るのは簡単」⁠サーバ負荷も激減」と言うメリットのあるアプリケーションがつくれると指摘しました。特に,読み取り専用ではそうしたほうがいいのではないかと話します(読み書きするようなアプリでは,オンラインになったときに同期するような仕組みが必要と補足しました)⁠

また,デバイスのフル活用するAPI(アドレス帳へのアクセス,カレンダーへのアクセス,メディアデータの取り込み,Geolocation,音声の取り扱い,デバイスの向きや傾きの検出など)や自由度の高いネットワーク処理が可能になるAPI(特に,扱うのが楽でリアルタイム性も高いWebSocket)を紹介しました。

さらに,マルチメディアを自由自在に扱うためのvideo要素,audio要素,API Media Resource,Web Audio API,Media Capture API,PeerConnection…など,すべて試せないほどたくさんあるとし,デモとしてビデオ字幕 for HTML5を紹介しました。また,WebページをよりグラフィカルにするCanvas,WebGL,SVGなどを挙げ,好きなCanvasのデモとしてMarius Watz: Abstract01js - Interactiveを紹介し,このようにデザインされた表現も可能になると述べました。

そして最後に,HTML5の各要素を組み合わせたデモとして,Canvasでビデオを実現したHTML5 Video Destructionや3Dの宇宙船が飛び回る(WebGLやvideo/audio要素が利用されている)Flight Of The Navigatorを紹介しました。Flight Of The NavigatorはMozilla渾身の作品であり,HTML5のデモの中では僕的には一番好きと話し,セッションを結びました。

羽田野太巳さん「HTML5マークアップの心得と作法」

羽田野太巳さん(futomi)のレポートについてはこちらの記事を参照ください。

著者プロフィール

高橋和道

gihyo.jp編集部 所属。Gihyo Digital Publishingでは主に,提供するEPUBを設計。

URL:https://twitter.com/k_taka

コメント

コメントの記入