「Chrome+HTML5 Conference~第20回記念HTML5とか勉強会スペシャル~」レポート

ライトニングトークレポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

Enjoy WebFonts!!

5番手は,ひらいさだあきさんによるWebFontsについてです。

WebFontsはFontデータのスタイルシートを適用して,font-familyに指定するだけであるため,簡単に使うことができます。さらにCanvasにも利用でき,fontを指定する関数でWebFontsを指定すればそのまま使うことができるそうです。また,SVGにも使えるそうです。

発表中では,Zen-Codingを用いたLive Codingも披露され,SVGのときはデザイナートラックの「Dive into SVG」セッションで使われていたLive SVGを使ってデモが行われました。発表当日のセッションを見て,Live SVGを使う発表に変更したと述べていました。

発表資料はこちらになります。

画像

学生向け会社説明会でHTML5で弄んでみた

6番手は,原田定治さんによるHTML5関連技術で作った業界クイズアプリです。

原田さんの勤める会社の説明会で実際に使ったアプリで,技術は楽しいということを説明会に来た学生に伝えることを目的としたものだそうです。

アプリの内容は,WebSocketとCanvasを使ったもので,絵を書く参加者とお題を出すホストが居て,ホストの方では参加者のキャンバスがリアルタイムに表示されているというものです。node.jsでコロンビアというものを元にしているとのことです。

発表資料はこちらになります。

画像

さようなら”Google Wave”,あとは”co-meeting”にまかせてください

7番手は,木村篤彦さんによるco-meetingについてです。

co-meetingという製品がGoogle Waveの技術を引き継ぎます!と宣言し,どのような製品なのかを紹介しました。とてもよくできていると感じましたが,技術の話がなかったため,どのように実装されているのは分からなかったのが残念です。

発表資料はこちらになります。

画像

HTML5レンジャー!

ラストは,山崎富美さんによるHTML5レンジャーについてです。

HTML5レンジャーとは第0回 HTML5プログラミング&クリエイティブ・コンテストでキャラクターデザイン部門に選ばれたキャラクターです。こちらをデザインした森川聡子さんの紹介とキャラクター毎の設定について話していただきました。LT中では森川さんからのメッセージビデオも再生されました。

画像

このキャラクターたちは,Creative Commons Attribution Licenceですので,森川さんの名前を出していれば自由に使って問題ないということなので,どんどん使っていきましょう!

発表資料はこちらになります。

画像

著者プロフィール

井原雄太郎(いはらゆうたろう)

現在(2011年6月),東京工科大学大学院田胡研究室所属の修士2年。最近,HTML5とか勉強会スタッフに仲間入り。

Twitter:@yutaro_i

コメント

コメントの記入