エンジニアサポートCROSS 2014 レポート

「BaaS 一問一答 千本ノック」「推しエンをプロデュース」スポンサーセッションレポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

推しエンをプロデュース ~シャイなエースを売り出す方法~

セッション「推しエンをプロデュース ~シャイなエースを売り出す方法~」は,リクルートテクノロジーズ様と株式会社ディー・エヌ・エー様のスポンサーセッションです資料)⁠

画像

Web業界ではよい技術者の採用が企業にとって最重要なミッションになっており,特にここ数年は技術者の採用は熱を帯びています。

よい技術者を採用する方法は様々で,各社の採用担当者たちは知恵を絞っているところだと思います。この採用において重要な視点の一つが「よい技術者はよい技術者と働きたい」というエンジニアの性質にフォーカスを当てた戦略です。

そのため,企業として「社内にはこのようなエースがいる」とアピールすることが重要なミッションとなっています。しかし,多くの技術者はエンジニアリング以外のこういった活動に対してそれほど積極的でないケースも多く,加えてエースは「シャイ」である場合が多く聞かれます。

本セッションでは,このような社内のエースを売り出す方法を実際に売り出したことがあるリクルートテクノロジーズ 櫻井氏,ディー・エヌ・エー 大月氏に加え,スポーツ選手のプロモーションを専門とし多くのスポーツ選手の移籍などをサポートした実績をもつ,ディライトホールディングス 案野氏をお迎えして,⁠シャイなエースを売り出す方法」のノウハウを共有いただきました。

シャイな気質を文化でノセる社内表彰

櫻井氏・大月氏ともに,社内評価制度を重要視しました。まず社内に「価値を発揮する技術者」がいることを知らしめることからスタートして,同時にエース当人にも「あれ,オレってイケてる」と思ってもらう機会を作ることが必要であると言います。

そのために櫻井氏の所属されるリクルートテクノロジーズでは,かなり本格的な社内表彰を行っており,何度も推敲を重ねて紹介文を作成するだけにとどまらず,同僚や取引先などからもコメントを求めたり,表彰時の盛り上げ策としてチームの人間がビデオレターをつくったりすることもあるそうです。

会場から「ポエムにまで高まった自己紹介で表彰されたらその場で辞表を出す」という声もありましたが(笑)⁠もちろん,性格や入社年数,こういった社内表彰の文化への慣れなども検討を重ねていると答えていました。

「社内評価制度から始めるのは簡単で効果があるとは思う」というのが大月氏・櫻井氏の共通の意見でした。

戦略的なプロモーション

ディー・エヌ・エーでは,半年以上掛けて,社内報→社内勉強会→会社主催での社外勉強会→技術書の寄稿→イベントでの登壇,と段階を経てプロモーションする計画を立てていると大月氏は話します。

その間,当のエースには「プロモーション」を仕掛けていることは意識させず,⁠あれ?なんか最近頼まれごとが多いなあ」くらいにしか感じさせないように注意を払って,シャイな面が出てしまわないよう心がけていると言います。

とはいえ,このステップを踏んでいくうちに,技術者自身でもご自身の価値が市場で重要な意味を持ってくることに気づき,悪い気はしないため,途中から自ら積極的にプロモーションのフレームを回すようになるそうです。

リクルートテクノロジーズでは,エースが多忙な際の登壇依頼やインタビューに際して積極的に後輩などのメンバーを抜擢していると櫻井氏は話します。このときエースが利用した発表資料をあらかじめ手配したりすることで,失敗しプライドが傷つくことがないように根回しをしっかりとしているようです。

このことはスポーツ業界でも同様だそうです。案野氏は「あまり大きな声では言えないそうですが,案野氏は「本命のチームへのプロモーションの前に,2番手,3番手のチームへのアピールを行い,その選手に対する評価など当たりをつけ戦略を練ってから本命にアピールすることもある」と述べていました。

エースを見抜く目・エースを探す目

プロモーションとは一転して「どのようにしてエースを見抜くのか」という質問に対して,櫻井氏は「評価からスタートするケースもあるが,逆のケースがある。市場で話題となっている/なりそうな・ニーズがある技術をR&D部隊が調べ,その技術に対して関心を持っていたりノウハウを身につけていたりする社内技術者を探し,エースとして育てていくケースもある」と回答しました。

エースを売り出すだけではなく,エースとして育成する方法として「これからニーズが高まる技術の調査を依頼することで育成する」というのは簡単ではありませんが,非常に興味深い方法だと感じました。

まとめ

案野氏からの「やはりやる気が一番大事。選手がプライドを持ってやる気が無いともうどうしようもない」というのは業界関係なく当然で,大月氏からも「エースとなりうる技術者は責任感も強い。⁠課題に対して)なんとかしたい,チームに対してなにかしたい,という思いを持っている」という「エースの資質」とも言える指標を言及していました。

当レポートではうまく伝えることができませんでしたが,案野氏からいただいたコメントは業界が異なるとはいえ専門家ならではの示唆に富むもので,同時に他ではほぼ聞くことができない話でした。

スポンサーセッションまとめ

今回も,多くの協賛企業様,セッションオーナー様,登壇者の皆様,スタッフの皆様,そして参加者の皆様に支えられ,828名が参加するイベントを開催することができました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。まだまだ改善点は多々ありますが,今後の課題として取り組んでいきたいと思います。

2014年もあっというまに1月が過ぎ去っていきましたが,今年も皆様のエンジニアライフが充実したものになることをお祈りしています。

著者プロフィール

森藤大地(もりふじだいち)

ニフティ株式会社 データマイニング/Webエンジニア

自然言語処理・言語発達のニューラルネットワークなどの研究を行った後,ニフティ株式会社に入社。レコメンデーションエンジンの設計開発などを行ない,現在,全社的なデータ保持・解析基盤の構築・データマイニング業務に携わる。興味の赴くままにHTML5,JavaScript,Node,MongoDB,Hadoop,OpenIDなどの勉強会に参加しつつ,日々開発業務を楽しんでいます。

Twitter:@muddydixon

コメント

コメントの記入