エンジニアサポート CROSS 2015 レポート

「IoT・ウェアラブル・VR~今後のデバイスに向けた開発手法について ~スマホの次を見据えて~」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

去る1月29日に通算4回目となる「エンジニアサポートCROSS 2015」が開催されました。本レポートではIoT・ウェアラブル・VR~今後のデバイスに向けた開発手法について ~スマホの次を見据えて~の当日の様子をお届けします。

はじめに

このセッションではニフティ⁠株⁠の佐々木浩一氏が登壇し発表を行いました。このセッションはランチセッションということで,会場内でお弁当が配られて,それを食べながらセッションを聞くという方式でした。

発表では,ウェアラブル,VR,IoTなどのキーワードで表現されるような,多種多様なデバイスが登場していること,またそれらのデバイスがインターネットと繋がっていることを説明しました。

そしてそれらのデバイスを開発する場合のバックエンドにはBaaS,mBaaSなどのサービスを使い,開発リソースの集中と選択を図るのが良いと述べました。

IoT(Internet of Things)

まず佐々木氏はIoTについて2つの質問を行いました。 1つ目はIoTという言葉を知っているかどうか,2つ目はIoTに関する開発をしているかどうかという内容です。会場内ではIoTを知っている方は大勢いたようですが,実際に開発を行っている方はとても少数だったようです。

佐々木浩一氏

佐々木浩一氏

それからIoTの説明になりました。IoTとはさまざまなモノがインターネットに繋がることだと説明しました。デバイスがインターネットに繋がることで,データを取得,集約して出来るようになったと述べました。またそれらのデバイスを遠隔から操作,閲覧できるようになると説明しました。またサービスやデバイスの使用方法の変化について次のような例を挙げて,説明を行いました。

サービスやデバイスの使用方法の変化

サービスやデバイス 使用方法
パソコン 決まった時間
ソーシャル 隙間時間,何気なく
ネイティブ ながら,無意識
IoT リアルな生活の中

またインターネットに繋がるデバイスは増え続けており,近い将来には500億台に達する見込みであると説明を行いました。

ネットにつながる端末は500億に

ネットにつながる端末は500億に

続いてIoTの事例として,メガネとモーションセンサーを使用したデバイスである,SpaceGlassの動画を紹介しました。動画では仮想世界でのゲーム対戦,顔認証,3Dプリンタの利用例が,紹介されていました。

動画は次のURLで閲覧できますので,ぜひご参照ください。

SpaceGlassの動画

IoTの開発手法

次にIoTの具体的な活用分野についての紹介と,実際の開発方法のお話になりました。IoTはさまざまな分野で利用されていること,またニフティ⁠株⁠での実際の事例などを紹介しました。

IoTの分野

まずはじめに実際に活用されているIoTの紹介になり,冒頭にウェアラブルデバイスについて説明しました。ウェラブルデバイスは腕や頭など体に装着して利用する端末です。海外のスタートアップでは非常に開発が盛んであり,日々たくさんのアイデアや商品が生まれているとのことです。

次に,車,ホームオートメーション,Droneなどの配送での利用例,IoTをDIYする取り組みについて紹介しました。また農業,漁業,工業などの分野での活用についても解説を行いました。

最後にVirtual Realityについて紹介し,ニフティ⁠株⁠のブースではOculus,ハコスコなどを出展していることを紹介しました。

ブースの様子(Oculus)

ブースの様子(Oculus)

著者プロフィール

関根裕紀(せきねひろのり)

複数のスタートアップにて,さまざまなWebアプリケーション開発に携わったあと,アライドアーキテクツ(株)に入社。業務では主にWebサービスの開発全般を担当している。5,6年ほど前にPythonを使用して以来,Pythonが好き。PyCon JP 2015 副座長(プログラム),また月に一度の勉強会である「Pythonもくもく会」を主催している。

Twitter:@checkpoint

コメント

コメントの記入