エンジニアサポート CROSS 2015 レポート

「はやぶさ2開発者に聞く~一度きりのテスト対策~」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

はじめに

1月29日,横浜港大さん橋ホールにてエンジニアサポートCROSS 2015が開催されました。本稿では,本イベントの一セッションであるはやぶさ2開発者に聞く~一度きりのテスト対策~についてレポートします。

登壇者は以下の3名になります。

“ガチ系”の2人に切り込む

このセッションはモデレーターを務める和田氏いわく「わたしが一般人代表,僕が一般人代表,おふたりは⁠ガチ系⁠という立ち位置で行われました。⁠株)バスキュールの鳥居氏は生放送のテレビ番組と連動するWebシステムのバックエンドを,JAXAの成田氏ははやぶさ2のロボットアーム制御をそれぞれ担当。まさに「一度きり」のシステム開発におけるテストを実践したエンジニアです。満足にシュミレーションも行えない中,どのような意思決定や判断をしているのか? また,一般的なWebシステムのケースとの違いは何か? そのあたりを,和田氏が⁠ガチ系⁠の2人に切り込みました。

和田氏

テレビと連動して行うバックエンドのエンジニアリングやテストを行っている鳥居さん,そしてロケットなど宇宙開発にまつわるテストを行っている成田さんの仕事は一般から見て⁠一発勝負⁠の極みです。その中で,テストの価値判断や優先順位づけは変わります。Web系で言えば,個人情報とかセキュリティあたりに重きが置かれます。テレビ連動型サーバならどうか,宇宙開発ならどうか,そのあたりの業界別の違いを教えてください。

和田卓人氏

和田卓人氏

鳥居氏

同僚のテクニカルマネージャーによれば,案件による部分と汎用的な部分があると思いますが。あるトラブルに対してどのくらい経済的なリスクがあるか,という表をつくります。エラーの発生確率,仮にエラーが発生した場合の損害コスト,そもそもエラーが発生したら企画が成立するのかしないのか,その対処方法や軽減策,および軽減策にかかる実工数,さらに軽減効果からの費用対効果などを出します。それらを表に起こしてソートし,上から順に潰していきます。どこまでやるかは案件の予算や企画の特性にもよります。たとえば,テレビと連動したゲームならサーバが止まってしまったら企画が成立しません。そのあたりの限界をディスカッションし,テレビ局の人や開発チームメンバーと共有していきます。

鳥居剛司氏

鳥居剛司氏

和田氏

費用対効果の高い順からつぶしていくということですね? では,その費用対効果の出し方は経験だったりするのでしょうか?

鳥居氏

はい,そうですね。知見がたまるにつれ,質が高まると思います。

和田氏

続いて,成田さんお願いします。

成田氏

鳥居さんと同じく,企画提案時と運用時があります。企画提案時は内容を詰めます。コスト,マネージメント要員,どんな世界に先駆けた素晴らしいミッションか,どんな内容かで決まります。それは,その単発ミッションが成す目的,さらに成功した場合にどのような波及効果が生まれるかと言う将来意義,拡張性で見られます。そこで2,3個の案があればそこで戦いになるんですけど。それはもはや可能性の範囲なので。たとえば,論文が何本出ましたと言ったことは事後評価なので,どうしてもフロンティアな世界ではあります。

運用時にはだいぶ実際の技術的な部分が入ってきます。たとえば,バッテリーが潰れたらこういうミッションが出来ませんね,というわかりやすいフローに落ちるんですけど。たとえば,はやぶさがイトカワ(小惑星)にサンプルリターンするために,まずランデブーして軟着陸までしました,と。1回目はリハーサルです。しかし,どうも思わしい状況ではなかったとします。その場合,2回目の軟着陸はしないで帰ってくるという選択肢があります。この場合,ミッションが2つあり,1つは⁠地球と往復する⁠ということ,2つめは⁠サンプルを採ってくる⁠と言うこと,この戦いになるのです。もし着陸を試みたが,宇宙機が全損したら戻ってこれない。でも,サンプルも取りに行かなければいけない。結局,⁠目的達成率)50%を目指すのか,100%を目指すのかというところになるんですが。それはそのときの探査機の状態(ヘルスチェック)をみながら決めます。前者の手法はレビュー,後者は担当者の技術的な実績をもとにプロジェクトリーダーの決断というところです。

成田伸一郎氏

成田伸一郎氏

和田氏

判断をするのはレビュー,および技術面での下支えがあったうえでリーダーが決断するということですか?

成田氏

そうですね。

和田氏

実にプロジェクトのスケールが大きすぎますね(笑)⁠判断は開発責任者であったり,金額によっては経営だったりするのでしょうか?

成田氏

はい。おっしゃるとおりですね。

著者プロフィール

花岡貴子(はなおかたかこ)

ライター,ファイナンシャルプランナー。AFP認定者,情報処理第2種保有。

10代からCOBOLプログラマ,パソコンインストラクタに従事するが,21歳で競馬評論家に転身。その後,30代に再びIT業界にも復帰した。現在はライティングのほか,セミナー講師,ITコンサルを手掛ける。得意はクラウド,SNS,モバイル。

著書『Evernoteを使いたおす方法「いつか使うかも」を入れておく備忘録』(アスキーメディアワークス)など。

http://ameblo.jp/takako-hanaoka/

コメント

コメントの記入