de:code 2019――Microsoftが目指すテクノロージと未来の社会

前編:de:code 2019キーノートで見えてきた人と社会とテクノロジ~AI,クラウド,MR

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

日本マイクロソフトとして目指す,日本の社会変革への貢献

1日目のキーノートは,日本マイクロソフト株式会社代表取締役社長 平野拓也氏のトークから幕を開けた。

日本マイクロソフト株式会社代表取締役社長 平野拓也氏

日本マイクロソフト株式会社代表取締役社長 平野拓也氏

平野氏は「5月初旬に,米国で開催されたMicrosoft Build 2019の日本版とも言える,de:code 2019では,さまざまな情報をお届けしていきます」と,今回のde:code 2019の位置付けを示した上で,今回伝えたい情報として,たくさんの新技術,そして,それらの新技術が生み出すさまざまな未来を紹介しはじめた。

たとえば,今,多くのメディアが取り上げ,全世界の注目を集めるAI(Artificial Intelligence)を例に上げ,一部の人から,多くの人たちに開かれてきているとし,⁠その要素となる)デジタルテクノロジは,エンターテイメントから,小売,農業,金融など,さまざまな産業で欠かせなくなっています。産業だけではなく,皆さんの家庭に浸透しているのです。すなわちそれは,今回ご参加いただいたエンジニアの皆さまにとって非常に大きなOpportunity(機会)があるとも言い換えられます」と,今のデジタル社会は,エンジニアにとって主役となりうる,必要とされる活躍の場になっていることを強調した。

⁠Microsoftは,デジタル社会において,地球上のすべての個人とすべての組織が,より多くのことを達成できるよう取り組んでいき,日本マイクロソフトとしては,インテリジェントテクノロジを通じて,日本の社会変革に貢献していきたい」と,同社のミッションを力強く宣言した。

Microsoftがこれから注力していく4つの柱。コアとなるクラウドテクノロジとしてMicrosoft Azureが存在し,その上に,⁠Microsoft Dynamics 365&Power Platform」⁠Microsoft 365」⁠Microsoft Gaming」が用意される

Microsoftがこれから注力していく4つの柱。コアとなるクラウドテクノロジとしてMicrosoft Azureが存在し,その上に,「Microsoft Dynamics 365&Power Platform」「Microsoft 365」「Microsoft Gaming」が用意される

働き方の進化と生産性の再定義――Microsoft 365

平野氏のプレゼンテーションに続いて,米Microsoftからのゲスト3名によるトークが続いた。

トップバッタはー,Corporate Vice PresidentのJared Spataro氏。Microsoft 365を題材に,技術革新に伴う,働き方の進化と生産性の再定義をテーマとしたプレゼンテーションを行った。

Corporate Vice PresidentのJared Spataro氏

Corporate Vice PresidentのJared Spataro氏

Jared氏は,⁠1970~80年台はアプリ中心の世界,1990~2000年台はデバイス中心の世界,そして,今は人を中心都市,その周辺にデバイスやアプリがある,人中心の世界になった」とし,すべてのテクノロジは人にフォーカスを当てるようになってきており,Microsoft 365が提供するエクスペリエンス(体験)は,まさに人を中心として開発が進んでいる,と,Microsoft 365のコンセプトを紹介した。

具体的なデモンストレーションとして,Microsoft 365でのカレンダーとメールアプリの連携を行い,メールでのやり取りが途中の操作を介在せずにそのままカレンダーに登録される機能を紹介したり,また,文章作成におけるWordのデモの中では,従来の文字校正・校閲の機能に加えて,AIを活用した文章の改善の様子を紹介した。

このように,部分的に切り取ったサポートではなく,ユーザ(人)が本当にしたいことをサポートしていくこと,それが人中心のエクスペリエンスの提供であるというのを説明し,今の時代のAIは,それを高い精度で実現できていることを証明する発表だった。

具体的な事例の紹介に続いて,MicrosoftがMicrosoft 365を通じて,エンジニアに提供できる機会の紹介が行われた。

具体的なアプリケーションとして,Windows/Office/Egde/Teamsがあり,横断的なデータとして,Microsoft Graphが存在する。そのデータへのアクセスにはREST APIやWebhookなどの標準化テクノロジがあり,エンジニアはこれらを活用できる,というもの。

また具体的なテクノロジとして,Windows向けのReact Native for Windowsや新しいWindowsターミナル,プラットフォームとして,Microsoft Windows Subsystem for Linux 2のリリースなど,エンジニアのためのさまざまながテクノロジがアップデートされていることが発表された。

このようにMicrosoft 365では,人中心の体験改善を通じ,働き方そのものを進化させることで,生産性の再定義,その先にある生産性の向上を目指すこと,また,それらを支える各種テクノロジを開発し提供していることが伝わってくる内容だった。

プレゼンテーションの合間に,エンターテインメント要素も盛り込まれた。日本マイクロソフトが開発を続ける,AIりんなの最新動向だ。今回,平野氏の動きを事前に動画で収録したものを,AI生成による振り付けスケルトンと生成動画で組み合わせた,ダンス動画が公開された

プレゼンテーションの合間に,エンターテインメント要素も盛り込まれた。日本マイクロソフトが開発を続ける,AIりんなの最新動向だ。今回,平野氏の動きを事前に動画で収録したものを,AI生成による振り付けスケルトンと生成動画で組み合わせた,ダンス動画が公開された

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

de:code 2019――Microsoftが目指すテクノロージと未来の社会