DesktopLive.asイベントレポート

#2 BeInteractive! 新藤さん編

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

DeskTopLive.asイベントレポート,2回目はBeInteractive! 新藤愛大さんです。

なんといっても,トータル一時間のライブコーディングバトルは相当キツかったんじゃないかと想像しますが,そのあたりからお話を伺いました。

新藤さん

新藤さん

まずは当日の感想から

――どうでした?大変でしたか?

新藤さん(以降 新)そうですね。40分は想像以上にきつかったですね。40分をなめてました(笑)

――準備はどうでしたか?

新:準備はほぼ「何を作るのか」という部分でした。

――どのくらいかかりました?

新:大体4日前くらいまでですね。それまでに決めました。一応頭の中では素晴らしい完成形があって。それにしたくて音を用意したりしたんです。

――練習はしましたか?

新:練習はしてないです。さわりだけ,どんなもんかなとやってみて,結局見誤った感じなんですけど(笑)

――当日のコーディングスピードって普段と同じくらい出ました?

新:あーどうでしょうね…。でも,たぶんパニックになってるとこもあったかと。

――タイプミス増えました?

新:ミスが増えたというよりは,次に何をしたらいいかわからなくなるというか。

――どこかのコメントで「この人たち,(打ち込むコード)全部覚えてきたんだすげー」みたいな書き込みがあったのですが,無理ですよね,暗記のほうが大変ですよね。

新:暗記できないですね。手順だけ考えてきたという感じです。

――これは入れておきたかったのだけど,実装できなかったというものはありますか?

新:いっぱいありますよ。サウンドもそうですし。あとは,当日作ったものは,なんとなく色が変わっていたんですけど,あれも最後の最後で実装したのでバグが残ってて,クリックした瞬間に色が変わるようにしたかったんですけどなっていなくて…。そのへんも心残りです。

文字もちゃんと繋がってるようにみせたかったのですけど,回転がかかったままで,あんまりよくわかんない状態だったりとか。

新藤さんの作品

新藤さんの作品

――当日はまさにぶっつけ本番だったのですが,そうするよりも三人であつまって練習しておいたほうがよかったんでしょうか?

新:どうなんでしょう。

でも終わったあとに思ったのが,僕はけっこう「ライブコーディング」というのを意識しすぎた感があって,その「ライブコーディング」というのも勉強会でのライブコーディングをけっこう意識しすぎたかな,と思いました。

イベントとしては,ズルじゃないですけど,ある程度考えて望んだほうがパフォーマンスとしてはおもしろいという気もします。

――livecoding.org事前コーディング禁止という記事を読んだのですが

技術者の方同士で楽しむ場では成り立つけれど,DTLのスーパーデラックスでの雰囲気だと,技術をまったくやらない方も多かったのでショーとしての楽しさも気になりますね。

新:そうですね。

――当日,困ったことはありますか?

新:困ったことだらけでした。バグってもいましたし,ゴールにたどりつけなくてどこまで妥協しておさめるか,というところをけっこう考えました。

絶対に「みせるもの」は作らないといけないので,完成系をめざしていると,絶対に中途半端なものになる。そこで何を切り捨てて,見せれるようにしていくかというところが,見せるようにいくか,というところなどです。

最初に結構,ちゃんとした完成系に向けるために書いたクラスとかがあったんですけど,最終的に全然使ってないんです。

――今,完成したら別物だったりします?

新:完成したら別物になると思います。

――-Thread使ってましたね。

新:Threadを使っていたんですけれど,あれは,音楽の読み込みまでいくととても効果を発揮したんですが,今のところまだ「使わなくていいじゃん」というレベルに留まっています。

――準備とかにしか使ってない?

新:そうですね。

――Betweenは使ってますか?

新:使ってないです。それはちょっと間に合わなくて。

BeatTimerは使おうと思っていて一応ライブラリにはいれていたんですけれど,結局newすることもなく。

――自分のなかでの縛りって設定したりしました?

新:やる前に思っていたのは,完成系よりも,やっているところを見て楽しいものがいいと思っていました。

――開発環境は普段使われているのと同じセットですか?

新:そうです,普段はiMacなので,もうちょっと画面が大きかったり,違う部分もあるんですが,ほぼ再現しました。

――キーボードももっていらしてましたよね。やる気だなと(笑)

新:キーボードも一緒です(笑)

普段のデスクトップ

普段のデスクトップ

デスクトップのキャプチャ(左)

デスクトップのキャプチャ(左)

デスクトップのキャプチャ(右)

デスクトップのキャプチャ(右)

著者プロフィール

BOW

ボストーク株式会社に寄生するプロジェクトチームの一つ。
石崎奈緒子,高橋真希子,吉川佳一の3人により2008年10月よりスタート。主にwebを中心に活動中。

URLhttp://b-o-w.jp/

コメント

コメントの記入