DesktopLive.asイベントレポート

#2 BeInteractive! 新藤さん編

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

今後もDTLでライブコーディングバトルをやるとしたら?

――(初回はなにかと大変だったとは思いますが)ライブコーディングって,今後もショーにしていけると思いますか?

新:十分なるとおもいます。

――普段のweb制作で,⁠お客さん(ユーザー)から2000円をいただいてswf作る」ということはほぼないですよね。その2000円のプレッシャーは想像以上に凄かったですね。

そのうち,DTL.asのライブコーディング部分が仮に1000円だったとして,もしご自分が観客として来る場合,1000円払って見たいと思われますか?

新:僕ははらいますね。

――この人のライブコーディング,もしくは制作風景がみたい,というのはありますか?

新:僕はやってる途中,両脇でなにがおこっているのかわからなかったので,とりあえず深津さんは見たいですね。あとはだれだろうな…(しばらく悩む)

――(個人的に)さくーしゃさん見たいです(笑)

新:さくーしゃさんは見たいですね!

あと,.JSでいうと,amachangさんは見たいですね,サイボウズラボの。

今後について

――仕事以外の時間って何をされていますか?

新:あんまりそれ以外の時間はないかもしれません。ずっとコード書いているわけではないんですけれど。

――Spark projectなどが忙しいんですか?

新:それもありますし,興味持ったことがあったらそれをずっと調べていたりするんです。結構ソースコードを読むのが好きなんですよ。

ちょっと気になったライブラリとかがあると,ブラウザでずっとソースコードを見てニヤニヤしてます(笑)

――最近興味のあること,これにチャレンジしたいことってなんですか?

新:Betweenは完成させたいです。

―― tweenライブラリはどうして作ろうと思ったんですか?

新:tweenライブラリが話題になったときがあって,Tweenerしか使ってなかったのですが

TweenMaxGTweenなどある中,実際のところどうなの,というのを調べ始めたら,自分でも作らなきゃなと(笑)

元々考えていたtweenライブラリをつくるにあたっての高速化手法があって,それをしばらくあっためていたんですけど,そこにTweensyがでてきて,ソースコードをよんでみたら,だいたいいっしょだった。

逆にTweensyがやってて速いということが実証されたので,じゃあやるかと。

考えていた「プログラミング言語を作る」というネタ

新:DTLのネタでやろうかなと考えていたことの一つとして,⁠その場でプログラミング言語を作る」というのがあります。

――あーかっこいいですね。インタプリターを。

新:インタープリターを。

Processingのように,それをつかってお絵かきができるような感じだと,後でデモがやりやすいとおもっていました。

さらにネタにはしると,HQ9+というプログラミング言語があって,例えば「H」とかくと,⁠Hello, world!⁠がでてくる。ありがちな命令でよく出題される問題がとける。けど,それしかできない,みたいな。

――Brainfuckとかありますよね。

新:Brainfuckはチューリング完全なので,そうじゃないメタ言語が。

――特化言語ですね。おたんじょうび言語(笑)

新:おたんじょうび言語(笑)ハッピーバースデーと書くとケーキが出てくるみたいな。

――ううーむ。おもしろいですね。じゃ,やっぱり,.asの五回目くらいで再出演をお願いします(笑)

新:はい(笑)

画像


お話を伺っていて,当日の緊張感が改めて思い出されてきました。作品swf/ソースコードをいただき,公開していますので是非ご覧ください。

そして,当日の様子がニコニコ動画にアップされています。

gihyo.jpの高橋さんの記事
http://gihyo.jp/news/report/2009/04/0201
新藤さんのライブコーディング
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6523731
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6523949
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6524352

まだご覧になっていない方はあわせてどうぞ。

次回のDeskTopLive.asイベントレポートは一週間後を予定しています。お楽しみに!

(この取材は3月26日に行われました)

著者プロフィール

BOW

ボストーク株式会社に寄生するプロジェクトチームの一つ。
石崎奈緒子,高橋真希子,吉川佳一の3人により2008年10月よりスタート。主にwebを中心に活動中。

URLhttp://b-o-w.jp/