レポート:EC3(Evernote Conference)開催―「プラットフォーム」としての Evernoteのこれから

【前編】アプリの先へ~プロダクトとのコラボレーション&Evernote Market

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

米国時間9月26日~27日にかけて,Evernoteが主催するEvernote Conference(EC3)がサンフランシスコにて開催されましたので,内容についてレポートします。

今年は昨年までのEvernote Trunk Conferenceから名称を変更し,Evernote Conferenceというタイトルになりました。通算3度目の開催となるので,略号がEC3となっています。

参加者は昨年を上回る1,000人規模となり,2二日間を通じて多くのゲストスピーカも招いて開発者向け,ビジネスパートナー向け,そしてユーザ向けのキーノートやトークセッション,ワークショップが行われました。

CEO Phil Libin氏のキーノート

午前のキーノートではEvernote CEO,Phil Libin氏の講演があり,かねてから「100年続くスタートアップ企業」を目標とするEvernoteが今年の8月で5周年を迎えたことの報告と,Evernoteの現状についての総括がありました。

世界でユーザ数が7,500万人,オフィスも8カ国に300人超というEvernoteの現状の勢いそのままに,ジョークも交えつつPhil氏のプレゼンはとてもエネルギッシュです

世界でユーザ数が7,500万人,オフィスも8カ国に300人超というEvernoteの現状の勢いそのままに,ジョークも交えつつPhil氏のプレゼンはとてもエネルギッシュです

また本EC3でファイナリストが決定されるDevcup,10月から始まるベンチャー支援プログラムであるThe Evernote Acceleratorなど,Evernoteと連携するアプリを積極的に支援する活動も表明。

併せてEvernote公式として優れた製品を紹介するチャネルであったEvernote TrunkというサイトをEvernote App Centerという名称でリニューアルし,アプリやサービスの開発者にとってのプラットフォームとしての立ち位置もこれまで以上に推進していくものと思われます。

Evernote本体のアプリについても大幅なアップデートが行われ,Skitchとの連携やiPhone版はiOS7のフラットUI化に伴いデザインの刷新など,開発に際してさまざまな苦労があったことを伺わせていました。

機能面で大きく取り上げられたのは

  • Evernoteのノートに時間を指定してアラームを起動させることのできるリマインダー機能
  • 新しくなったWebクリッパーの紹介(skitchとの統合)
  • Skitchをすべてのクライアントと統合。ロゴを一新,Evernoteアカウントも必須ではなくなり画像やPDFのアノテーション(注釈を付ける)ツールとしての位置づけにフォーカス。また,より素早くアノテーションできるようにUIも変更

Evernoteでは,とくにデザインに力を入れていることを強調しており,今年のWWDCでApple Design Awardに選ばれたこともその結果の1つだと考えています。

iOSのSkitchの起動直後の画面。起動してからユーザが可能な限り短いステップでアノテーションを付けて保存できるよう,UIが変更されている

iOSのSkitchの起動直後の画面。起動してからユーザが可能な限り短いステップでアノテーションを付けて保存できるよう,UIが変更されている

「私たちは,アプリを提供するだけの会社ではなくなりました。」

ここからはEvernoteクライアントを他社のプロダクトと連携させるためのサービス・プロダクトの発表が行われました。

Jot Script Evernote Edition スタイラスペン by Adonit

Adonit社の極細スタイラスペンから,Evernote仕様のモデルが発売されました。EvernoteのiPad用手書きアプリであるPenultimateと連携し,手書きのペンのような使い心地でメモが取れるとのこと。

Jot Script Evernote Edition スタイラスペン

Jot Script Evernote Edition スタイラスペン

Moleskin

Moleskinとは以前から提携していたのですがが,従来の「Evernoteクラシックノートブック」に加え「Evernoteジャーナル」⁠Evernoteスケッチブック」のラインナップを揃えてユーザのさまざまなニーズに応えていくとのこと。

ラインナップが強化されたMoleskinとの提携

ラインナップが強化されたMoleskinとの提携

Post itのデジタル化,iOSクライアントに連携機能追加

iPhoneまたはiPadのEvernoteクライアントにポスト・イットノートカメラが搭載され,ポスト・イットの取り込みができるようになりました。

併せて,Evernote がデザインしたポスト・イット ノート用ホルダーも発売されます。

「目的はペーパレス化ではなく,Bad experienceを無くすことだ」というPhil氏の言葉が印象的でした。

取り込んだポスト・イットはイエロー・グリーン・ピンク・ブルーの4色ごとに分類されたノートとして自動的に保存され,色ごとに特定のノートブックへの保存,タグの割り当て,そしてリマインダーの追加といったアクションを割り当てることができる

取り込んだポスト・イットはイエロー・グリーン・ピンク・ブルーの4色ごとに分類されたノートとして自動的に保存され,色ごとに特定のノートブックへの保存,タグの割り当て,そしてリマインダーの追加といったアクションを割り当てることができる

SCANSNAP EVERNOTE EDITION SCANNER by PFU

ボタンを1つ押すだけで複数のドキュメントを順次スキャンして,写真やレシート,名刺,文書などを Evernote の中で自動的に整理してくれます。

会場で行われたデモ。そこまできれいに用紙を揃えなくとも,挿入口に並べるだけで1枚1枚スキャンされていくクオリティの高さに驚いた

会場で行われたデモ。そこまできれいに用紙を揃えなくとも,挿入口に並べるだけで1枚1枚スキャンされていくクオリティの高さに驚いた

Evernote Market立ち上げ

また,Evernoteの提案するライフスタイルのデザインに合致するという観点から,仏Cote&Ciel(コート・エ・シエル)のバッグや日本abrAsusの「ひらくPCバッグ」なども紹介。これらを販売するチャネルとして,新しくEvernote Marketの立ち上げも発表されました。

会場では一足早く,Evernote Marketの実店舗が設置されて商品が並んでいた

会場では一足早く,Evernote Marketの実店舗が設置されて商品が並んでいた

Evernoteの「ノートをクラウド化するサービス」という側面だけを見ると物販も手がけるという今回の方針は異例とも感じられますが,これも同社の目指す「生活をより豊かに,スマートに」という思想の延長線上にある戦略であり,今後もハードウェア・ソフトウェアの垣根を超えて,生活をより良くデザインするプロダクトがあれば積極的にコラボレーションしていくと思われます。

Evernote Marketにどのようなラインナップが増えていくのか楽しみです。

著者プロフィール

赤木法生(あかぎのりお)

日本の通信事業者所属でシステム開発に従事。大規模開発のSEを担当しつつ,個人でAndroidやスマホ向けAPIのサーバサイドプログラミングを行っています。メインはAndroidでPython,JavaScriptも触り中。現在はシリコンバレーのベンチャー企業にてトレーニー中。開発者向けのSDKと格闘しています。

https://github.com/redtree1112

コメント

コメントの記入