レポート:EC3(Evernote Conference)開催―「プラットフォーム」としての Evernoteのこれから

【後編】ビジネス領域におけるEvernoteの可能性,Evernote Acceleratorに向けて

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

Devcup 2013の勝者は……?

最後に,今回のEC3の目玉でもあるDevcup2013のファイナリストが選出されました。

結果は「POSTACH.IO」というチームが優勝。

このサービスはEvernoteに保存しているノートをblogとして公開できるというサービスですが,驚くのはその手順のシンプルさです。やり方はただPOSTACH.IOのサイトにアカウント登録してから,公開したいEvernoteのノートに"Published"というタグを付けるだけ。

Evernoteの利用を促進するという意味でも良い連携ですし,実際のサービスとしての活用度も高く,納得の一位でした。

ファイナリスト授賞式の様子。MC HAMMERがプレゼンターとして登壇し,ステージは大盛り上がり

ファイナリスト授賞式の様子。MC HAMMERがプレゼンターとして登壇し,ステージは大盛り上がり

他にもEvernoteのノートに"contextboost"というタグを付与することでノートに関連した情報を自動的に取得してノートの内容を補強してくれる「Context Booster」がシルバー,テキストを素早く翻訳して,調べたテキストと翻訳結果の対をEvernoteに保存して後から効率的に見直すこともできる「Biscuit」がブロンズプライズを獲得しました。

受賞者勢ぞろいで,会場は大きな拍手に包まれた

受賞者勢ぞろいで,会場は大きな拍手に包まれた

Evernote Acceleratorへ

1日目のレポートでも記述したEvernote Acceleratorについて,このDevCupの最終ステージに残ったチームから候補者が選ばれ,10月から実際にEvernoteのオフィスで商品化に向けてプログラムを開始することになります。

Evernote Acceleratorは主催者であるEvernote以外にもNTTドコモ・ベンチャーズ,Honda Silicon Valley Lab(HSVL)⁠またスペインの大手通信事業者であるテレフォニカのスタートアップアクセラレータであるWayraが協賛しており,それぞれの関係者からのスピーチもありました。

ドコモ・ベンチャーズからは副社長の秋元信行氏が登壇。ドコモはEvernoteの初期からパートナーシップがあり,日本とのシナジーを効かせていくようなサービスの発掘に期待を寄せていた

ドコモ・ベンチャーズからは副社長の秋元信行氏が登壇。ドコモはEvernoteの初期からパートナーシップがあり,日本とのシナジーを効かせていくようなサービスの発掘に期待を寄せていた

HSVLからは所長の杉本直樹氏が登壇。HSVLもEvernoteとは合同でハッカソンを開催するなど関係は深く,同社の提供する車体情報を取得できるAPIの利用ニーズの発掘と普及に努めている

HSVLからは所長の杉本直樹氏が登壇。HSVLもEvernoteとは合同でハッカソンを開催するなど関係は深く,同社の提供する車体情報を取得できるAPIの利用ニーズの発掘と普及に努めている

今回のEC3中でEvernoteは3MやPFU,セールスフォース・ドットコムのような他企業とのコラボレーションによる製品を発表しました。昨今,このようにシリコンバレーのIT企業とのコラボを進める企業は増加傾向にありますが,日本の企業についてはまだまだそのような例は少ないと思います。

アクセラレータは製品やサービスのコラボとはまた違った切り口ですが,ドコモやホンダもこのようなプログラムの協賛を通じて積極的に社外とのコラボを目指しているものと考えられます。 今後、さらに多くの日本企業が,業界の垣根を超えてシリコンバレー企業と素晴らしいコラボを実現することを期待したいところです。

EC3を終えて

全体を通じて,今回のEC3では

  • 「より良いユーザエクスペリエンスを作る」事にフォーカスする
  • ビジネスを含めたユーザのクリエイティビティの向上を支援する
  • そのためにEvernote自身もプラットフォームとして他のプラットフォームやプラダクトと柔軟に連携するとともにオープンさを損なうことなくサードパーティのサービスやアプリとの連携も受け入れる

というEvernoteの今後の方向性が明確に示されたと考えています。

ここまでオープンな形で事業を広げている会社はシリコンバレーでも珍しいと言え,今後もEvernoteの動向から目が離せません。

著者プロフィール

赤木法生(あかぎのりお)

日本の通信事業者所属でシステム開発に従事。大規模開発のSEを担当しつつ,個人でAndroidやスマホ向けAPIのサーバサイドプログラミングを行っています。メインはAndroidでPython,JavaScriptも触り中。現在はシリコンバレーのベンチャー企業にてトレーニー中。開発者向けのSDKと格闘しています。

https://github.com/redtree1112