ESEC2008(第11回組込みシステム開発技術展)Photoレポート

ESEC2008(第11回組込みシステム開発技術展)Photoレポート(初日)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2008年5月14日(水)から16日(金)の3日間にかけて,東京ビッグサイトにおいて組込みシステム開発技術展(ESEC)が開催されています。11回目となる今年は過去最多の600社が出展し,ハードウェアからソフトウェア,開発環境に至るまで,組込みシステム開発に必要なあらゆる製品が集合しています。

本稿では熱気高まるESEC展示会場から,各社のイチ押し製品や今年狙い目の業界トレンドなどをレポートします。

日立製作所

日立製作所のブースでは,今回大きく分けて2種類のソリューションが展示されています。ひとつはカーナビ向けのソリューション,もうひとつはオーディオ機器向けのソリューションです。特にカーナビソリューションとしては,同社がリリースしている組み込みデータベース「Entier」を搭載したパイオニア社のカーナビ「サイバーナビ」が要注目の製品です。

パイオニア社のカーナビ「サイバーナビ」

パイオニア社のカーナビ「サイバーナビ」

Entier はコンパクトで高速かつ高機能な検索が可能な組み込みデータベースで,サイバーナビではこれを採用することで高速な店舗検索や細かなデータの更新を実現しているそうです。また,思いついたキーワードで自由に検索可能な「マルチ検索」も,Entierによって実現した機能のひとつです。サイバーナビは今月下旬に発売予定となっていますが,ブースでは昨日届いたばかりという実機に直接触れて試してみることができます。

同社企画本部の石川太一氏は,今回の展示の狙いを次のように述べました。「これからはUIや新しいサービスといったものにフォーカスが当たってくるはずです。今回はその部分に興味がある人のヒントになる情報を提供できればと思います」

京都マイクロコンピュータ

京都マイクロコンピュータのブースには,大きなテーブル2つにそれぞれディスプレイが1つずつ。そしてたくさんのボード。まるでボードの試験現場のようです。同社では組込みソフトウェア向けのデバッグツール「PARTNER-Jet」をリリースしており, ESEC会場では用意された各種ボードを実際にPARTNER-Jetに接続し,デバッグの様子を見ることができます。

PARTNER -Jetの大きな特徴は,1GBの内蔵メモリにより数十億のCPU命令をトレースできる点です。これは約10秒程度のCPU実行時間にあたり,その間に実行された全命令をディスアセンブルした形で見ることができます。さらにイベントトラッカーと連携することもでき,タスク視点でのマクロな解析からコードレベルのミクロな解析までをシームレスに行うことで,組込みソフトウェアの品質向上を助けてくれるとのことです。

PARTNER-Jetで接続したデバッグの様子

PARTNER-Jetで接続したデバッグの様子

同社ゼネラルマネージャの辻邦彦氏は「バグを取り除くことがデバッガの役目ではなく,これからは品質の向上までサポートしなければならない」と語ります。ブースでは様々なボードを用意して来場者のニーズに合わせた説明を提供するとのことです。

アックス

axLinux for RVDSのデモ

axLinux for RVDSのデモ

アックスの組込みLinux OS「axLinux」は有名ですが,今回同社はARM社の純正開発ツールであるRVDS(RealView Development Suite)をバンドルした「axLinux for RVDS」をリリースしました。これはaxLinux用のEclipseベースのアプリケーション開発機能を搭載したもので,GPLを意識しないアプリケーション開発が可能になるといいます。

またOS関連では,POSIX準拠のリアルタイムOSによって新たな分野にチャレンジしています。これによって,より高度なリアルタイム性は求められ,Linuxでは対応しきれないローエンドな部分のサポートを目指すといいます。

その他ブースでは現在開発中であるAUTOSAR仕様準拠の次世代車載用OSの紹介も行われており,アックスの目指す方向を伺うことができます。

著者プロフィール

杉山貴章(すぎやまたかあき)

ONGS Inc.所属のプログラマ兼テクニカルライター。雑誌,書籍,Webメディアで多数の著作をもつ。

著書

コメント

コメントの記入