ESEC2008(第11回組込みシステム開発技術展)Photoレポート

ESEC2008(第11回組込みシステム開発技術展)Photoレポート(2日目)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2日目は晴天に恵まれ,会場は,業務上の問題を解決しようとする来場者たち・新しいビジネスの機会をつかもうとする来場者たちの熱気であふれていました。

本日も出展社のうち,厳選した10社の「今回のイチ押し」について紹介します。

NEC

小さな組込み機器の液晶画面だからといって,劣悪な画質が受け入れられる時代は,過去のものとなりました。現在は,組込み機器の液晶画面にも,パソコンと比較して遜色のない3次元グラフィクスが要求されています。

グラフィクスIP「GA88」は,ベクターグラフィクスを表示する仕組みをFPGAベースのハードウェアで実現し,3次元グラフィクスに見える動画表示を実現しています。しかし,実際の描画処理は2次元で行われているため,ハードウェアへの負荷を低減することができます。充分に鑑賞に耐える画質の動画再生が,クロック周波数48MHzのハードウェアで行われています。さらに,ソフトウェアではなくハードウェアで処理を行っているので,ソフトウェアで処理を行っている場合の数倍~数十倍の高速処理を行うことができます。このことは,組込み機器の低消費電力化につながります。

NECグループのNECシステムテクノロジーでは,Adobeのベクターフォントの再生と,3次元GUIを操作できるタッチパネルが展示されていました。拡大・縮小・回転・移動といった動画処理が,高速にスムーズに行われていました。コンシューマが「動画を再生できる」ということに満足するのではなく,「その機器のGUIを使用することは心地よい」と感じることで満足を感じる時代が,このような要素技術の1つひとつによって実現されてゆくようです。

3次元GUIを操作できるタッチパネル

3次元GUIを操作できるタッチパネル

日立超LSIシステムズ

小型ノートPCのストレージとして,フラッシュメモリが利用される場面が多くなりました。HDD(ハードディスク)のように振動や衝撃で破損することはなく,動作による発熱もほとんどありません。

工場などで用いられるFA機器には,その現場の絶え間ない振動や温度変化の影響を受けずに動作し,消費電力は少なく,長期間の運用で故障しないことが求められます。HDDよりはフラッシュメモリのほうが好ましい選択肢なのですが,長期間の運用を前提とすると,フラッシュメモリのデータ書き換え耐性が問題になります。フラッシュメモリのデータ書き換え回数には,おおむね10万回という限界があるからです。

日立超LSIシステムズのSSD(Solid State Drive)「MS9730」の外形は,IDEインタフェースを持つHDDと全く同様ですが,データの記録に利用しているのはNANDフラッシュメモリです。内部にキャッシュメモリを搭載し,さらにフラッシュメモリへの書き換え回数を低減するアルゴリズムを開発することにより,従来のSSDの数倍~100倍の寿命が実現されています。

SSD「MS9730」「MS9720」

SSD「MS9730」と「MS9720」

現在,SSDはFA用途だけではなく,交通機関でのコンテンツ配信にも用いられています。今後はカーナビや携帯プレーヤなど,コンシューマにとってより身近な分野への使用が期待されます。

東京エレクトロンデバイス

東京エレクトロンデバイスでは,ナンバープレート認識,ステレオカメラによる物体形状認識・距離検出,さらに高精細IP監視カメラのリファレンスデザインが展示されていました。これにはSXVGA 30フレーム(JPEG)とVGA30フレーム(H.264)が搭載されています。小型カメラにも関わらず,従来の監視カメラの画像よりも数段に細かく表示しており,きちんと顔認識がされているのには驚きです。今後,監視カメラ市場においても,より高精細化が求められているそうです。

高精細IP監視カメラリファレンスデザイン

高精細IP監視カメラリファレンスデザイン

同社のブースでは,BIOS高速起動チューニングがなされWindows XP Embeddedが10秒程度で高速起動するデモや,組込み向けセキュリティ対策ソフトウェアなども数多く紹介されています。

マイクロソフト

マイクロソフトのブースで目を引いたのは,「.NET Micro Framework」を使用した車載機器のデモでした。Freescaleの32ビット・100MHzプロセッサで,CANを使った通信によって入力を取得し,グラフィックチップを利用せずにLCDを駆動して出力を行う,というものです。自動車のスピードメーターやエアコンに要求される動画を含めたGUI表示が,十分に実用に耐える画質で行われていました。コストの低いハードウェアでのGUI表示としては,驚くべきパフォーマンスでした。

さらに驚くのは,必要な開発工数です。これまでの1/2~1/3の開発工数で,PCアプリケーションを開発するのと全く同じように開発できた,ということでした。OSやライブラリは,「.NET Micro Framework」に用意されているものを利用することができるので,PCアプリケーションを開発するのと同様に開発を行えた,ということです。

.NET Micro Frameworkによるデモ環境

.NET Micro Frameworkによるデモ環境

今回は,新しい配送・販売システム「キューブ」の展示も行われていました。現在のところは,PASMOや携帯電話で個人認証を行い,個人間の荷物の受け渡し・衣類のクリーニングに伴う品物の受け渡しを行う無人システムですが,今後は主に駅を拠点とし,通信販売など物販への展開が予定されています。カメラやカードリーダーなどのデバイスを集約して連携させることによって,新しい決済システム・新しい個人認証など,要求されるサービスに柔軟に対応できるシステムが構築されていました。

配送・販売システム「キューブ」

配送・販売システム「キューブ」

なお,マイクロソフトでは,組込みシステム向けOS製品の名称を,2009年までに「Windows Embedded ~」で統一し,アンブレラブランドとしての「Windows Embedded」を展開してゆく予定だそうです。

著者プロフィール

三輪佳子(みわよしこ)

18歳でソフトウェア開発の世界に足を踏み入れ,光コンピュータデバイスや光情報処理,半導体開発環境の研究開発の世界を渡り歩く。現在は執筆業を生業にしているが,いまだにエンジニアもやめられない。

コメント

コメントの記入