ESEC2008(第11回組込みシステム開発技術展)Photoレポート

ESEC2008(第11回組込みシステム開発技術展)Photoレポート(最終日)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

最終日も2日目と同様に初夏を思わせる陽気の中,多くの来場者が詰めかけていました。ここでは,会期を通して,来場者からどのような反応があったのかなどを振り返りながら紹介します。

ESEC会場風景

ESEC会場風景

Google Androidデモ展示

エスマッテクのAndroidデモ

エスマッテクのAndroidデモ

昨年(2007年)の11月に米Google社が発表した携帯電話向けのソフトウェア開発環境・プラットフォームの「Google Android」を手がかりに会場内をまわると,数社ほどデモ展示がされていました。

日本システムウェアエスマテックでは,これからAndroidの導入を検討する企業に向けてのサポートサービスを掲げていました。また,アットマークテクノでは,デモ機に多くの人が足をとめ,その注目の高さをうかがうことができました。

アットマークテクノのAndroidデモ

アットマークテクノのAndroidデモ

Androidは,そのオープンなアーキテクチャ・思想によって,携帯電話向けでのプラットフォームにとどまらず,OA機器や車載システムなどでの応用が期待できるそうで,会期中にもそういった業種の来場者から多くの問い合わせがあったとのこと。今後が楽しみな技術です。

グレープシステム

組込み機器においても,マルチプロセッサ/マルチコアに対応したシステムが普及していると聞きますが,実際にはどうなのでしょうか? グレープシステムでは,SMP(Symmetric Multi Processor)対応のリアルタイムOS「ThreadX-μITRON/SMP」を展示しており,SMP型プロセッサによるシステムを検討している研究部門や商品企画担当者からの問い合わせが多かったようです。なお,同OSではシングルコア版のプログラムと同一のコードとして記述できるので,それまでの概念や開発済みのライブラリなどをそのまま活用できます。

グレープシステムのブース

グレープシステムのブース

TOPPERSプロジェクト

TOPPERSプロジェクトのブースでは,TOPPERS/ASPカーネルの一般公開を記念して参加企業によるASPカーネル対応製品が発表されていました。そのうち東海ソフトでは,ASPカーネルに対応したCAN通信ミドルウェアをデモ機とともに紹介していました。以下の写真にあるのは,動作環境が左から「TOPPERS/ASP」「NonOS」「TOPPERS/OSEK」で,3つとも同じアプリで動いています。これはOSEK/VDX規格に基づいて部品かされているためシステム構成に応じた利用が可能になるそうです。

CAN通信ミドルウェアをデモ

CAN通信ミドルウェアをデモ

コメント

コメントの記入