組込み総合技術展「ET2010」会場レポート

ET2010展示会場から(2)――組込みインフラと開発ツールの進化

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

組込み総合技術展「ET2010」レポートの第2弾。引き続き各社のブースを紹介しよう。

ARMは1秒ちょっと,Atomも4秒以下でLinuxを起動させる――リネオソリューションズ

ET2010で,展示品はすべて新製品と主張しているブースを発見した。リネオソリューションズは,開発ツールやデバッグツール,ミドルウェアの提供,システムの設計・構築など,組込み業界のソリューションベンダーとでもいえる企業だ。

リネオソリューションズのブース

リネオソリューションズのブース

同社のブースでは,主だった展示はすべて新製品ですと紹介されたので,さっそくいくつか説明してもらうことにした。まず,⁠Warp!!」は,OSの起動時間を短くしてくれるソリューションだ。原理は,Flashメモリなどに,カーネルがブートされ,所定のアプリケーションが起動された状態のイメージ(システムメモリやレジスタの内容)を保存しておき,電源投入時にスナップショットイメージからすぐにシステムを起動させるというものだ。

ブースでは,ARMチップが搭載された評価ボード(Armadilloだった)の起動をデモを行っており,時間は1.33秒と表示していた。Atomの評価ボードではBIOS起動後なら3秒台で起動するとして,チューンしたBIOSなら10秒以下の起動も実現しているという。Google TVを想定したWarp!!のデモ機や電子ブック端末の起動デモなども行われていた。電子ブック端末は6秒ほどで起動する。

なお,システムのスナップショットはFlashメモリに保存されるので,待機電力を必要としないコールドブートでこのような高速起動を実現できるのも特徴だそうだ。

Warp!!の実装例:電子ブックリーダの開発プラットフォーム

Warp!!の実装例:電子ブックリーダの開発プラットフォーム

写真奥のAtomボードは3.68秒(BIOS起動後)⁠右手前のARMボードでは1.33秒でアプリケーションまで起動させることができる

写真奥のAtomボードは3.68秒(BIOS起動後),右手前のARMボードでは1.33秒でアプリケーションまで起動させることができる

Android TVを想定したデモ機の実演

Android TVを想定したデモ機の実演

次に説明してくれたのは,⁠Vzet」というデバッグツールだ。Vzetは,Linux KernelのftraceログとAndroidログを統合化し,可視化してくれるという。ftraceのログをカーネルレベルの各スレッドをタイムチャートとして表示しながら,アプリケーションの状態(Androidログからの情報)も同じチャート上で確認できるようになっている。トレース情報はマルチコアにも対応している。

組込みデータベースのソリューションも展示していた。これは通常の組込みデータベースミドルウェアを提供するというだけでなく,工場などのセンサーネットワークのコントローラにDBを実装し,各種センサーの情報をコントローラの中でDB管理するという展示だった。コントローラに蓄積されたデータは,PCなどからのSQLアプリケーションで閲覧したりレポート出力を行う。データベース管理システムがコントローラの中にあるので,わざわざデータベースサーバなどを用意する必要がない。なお,このシステムに利用されている組込みデータベースはMimer Embeddedだそうだ。

業務機器の展示としては,業務端末向けソフトウェアのリモートアップデートシステムも紹介してくれた。業務端末や制御機器のOS,アプリケーションなどをIPネットワークによって統合的にリモートアップデートを行うシステムだ。このシステムは,ソフトウェアやデータの配信だけでなく,各端末のOSやアプリのバージョン,稼働状況,ステータス情報などをリアルタイムで監視できるようにもなっている。システムのメンテナンスだけでなく,モニタリングが可能ということだ。アップデートやモニタリングは,グループ分けなど一定のアクセス制御が可能なので,かなり細かい管理もできそうだった。

Vzetのトレース画面。タイミングチャートのようにスレッドの状態が可視化される

Vzetのトレース画面。タイミングチャートのようにスレッドの状態が可視化される

アプリケーションの状態を見るため,Androidログをポップアップさせる

アプリケーションの状態を見るため,Androidログをポップアップさせる

著者プロフィール

中尾真二(なかおしんじ)

1961年生まれ。ハードウェア・コンピュータ技術者からアスキーに転職し,およそ10年ほど技術書籍・雑誌の編集に携わる。その後,オライリー・ジャパンで5年ほど企画・編集に従事。編集長時代に当時の日本法人社長とケンカしてクビに(笑)。現在はRBB TODAY,レスポンス他でニュース,コラムなどを編集・執筆。

コメント

コメントの記入