ライフスタイルに浸透したオンラインサービスの未来――ETC2012に見るEvernoteのこれから

第1回 Evernote Trunk Conference 2012開催――Phil Libin氏が語るEvernoteの可能性

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

米国時間2012年8月24日,Evernoteが主催するイベント「Evernote Trunk Conference 2012」がSFDC Concourse Exhibition Hall(サンフランシスコ)にて開催されました。今回は初日のキーノートの模様をお届けします。

会場内はコーポレートカラーである緑一色に

会場内はコーポレートカラーである緑一色に

昨年の2倍の規模で

今回で2回目となるEvernote Trunk Conference(以後ETC)は,昨年と比べて2倍の規模になったとのこと。参加者やセッション数が増えた他,海外からも多数のメディアが取材に参加しました。

オープニングでは,MCから「日本のイベントに習い,ETCでもじゃんけんでのプレゼント大会をします」と,遊び心を織り交ぜたイベント設計がなされていました。プレゼントには,Sonyの電子ブックリーダー「READER」や富士通のScan Snapなどが提供されました。

じゃんけん大会で幕を開けた今年のETC

じゃんけん大会で幕を開けた今年のETC

勝者にはさまざまなプレゼントが

勝者にはさまざまなプレゼントが

ライフスタイルに浸透したオンラインサービス

午前のキーノートには,Evernote CEOのPhil Libin氏が登場。この一年間で,さらに人々のライフスタイルに浸透したサービスであることを強調しながら,1つ目の新発表に移りました。

足元にはEvernote Business Socksも履いていた,Evernote CEO,Phil Libin氏

足元にはEvernote Business Socksも履いていた,Evernote CEO,Phil Libin氏

Evernote Business

Phil氏は「Evernoteをビジネスで使うために」という観点から,次の4つの項目を挙げました。

  • Easy on-boarding(業務フローでの簡単な適用)
  • Data ownership(データ保有者の管理)
  • Business Sharing(さまざまなビジネスへの展開)
  • Dedicated support(ビジネス要件に耐えうるサポート)

これらを実現するために発表されたのが,⁠Evernote Business」です。月額10ドルでの利用が可能となるEvernote Businessは,これまで無償版として慣れ親しんできたユーザが,ビジネス分野にシフトしたときに,一層使いやすくすることを目指し発表されました。

月額10ドルでの利用が可能に

月額10ドルでの利用が可能に

具体的には次のような機能・特徴を有します。

  • 管理者用コンソール
  • 専任カスタマーマネージャ
  • データ所有権の使い分け
  • シンプルな登録手順
  • 一括支払い機能

今回,β版としてリリースされ,正式版は今年12月のリリースが予定されています。

Evernote Business
URL:http://evernote.com/business/

100年企業を目指して

Evernote Businessの発表に続いて,Evernoteの現状を紹介しはじめました。

雄弁に語るPhil氏

雄弁に語るPhil氏

まず,オンラインサービスを「Kill Time」⁠Save Time」の2つのカテゴリに分け,前者にはFacebookやZyngaのソーシャルゲーム,Angry Birdsといったものを取り上げ,これらのサービスやコンテンツは時間を消費してしまうことを示唆し,一方のSave Timeとして時間を有効に活用できるものとしてEvernoteを比較紹介しています。

Kill TimeとSave Time

Kill TimeとSave Time

Web ClipperやPeekをはじめ,Evernoteには「Save Time」できる機能が多数ある

Web ClipperやPeekをはじめ,Evernoteには「Save Time」できる機能が多数ある

そして,この1年間のEvernote社の進化について,データを元に紹介しました。

具体的には,

  • 従業員数:85人→230人
  • API開発者:5,000人→15,000人
  • Evernoteユーザ数:1,200万人→3,800万人

というように,非常に大きな成長を遂げています。

また,オフィスも,今年6月にヘッドクォーターがMountain ViewからRedwood Cityに移転した他,2012年8月現在,アメリカに2つ,東京に加えて,世界各地に計7ヵ所のオフィスを備える規模になっています。

着々とグローバル企業として進化を続けるEvernote

着々とグローバル企業として進化を続けるEvernote

最後に,Philの発表時には必ずコメントされる「100年企業」のビジョンが説明され,⁠今はまだ4%(4年)です。これから100年に向けてさらなる成長を続けていきます」と,最新動向紹介と展望を締めくくりました。

「まだ4%しか進んでいません。さらなる成長を目指します」

「まだ4%しか進んでいません。さらなる成長を目指します」

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入