ライフスタイルに浸透したオンラインサービスの未来――ETC2012に見るEvernoteのこれから

第3回 ついに決定!Evernote Devcupグランプリ――グランプリは香港の「EverClip」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Evernote Devcupとは?

Evernote Devcupとは,ユーザに愛されるアプリ,新たなEvernoteの利用法を考えさせられるアプリ,デザインが美しく,使いやすいアプリを見つけることを目的としたアプリ開発コンテストです。昨年に引き続き,2回目の開催となりました。そして,発表も同じくEvernote Trunk Conference内で行われました。

グランプリは20,000USドル!

グランプリには20,000USドル,準グランプリには10,000USドル,3位には5,000USドルの賞金が渡されます。また,日本を対象としたJapan Prizeも用意されました(Japan Prizeについては第4回でご紹介します)⁠

今回,最終的にGalleryに上がった174の応募作品の中から,ファイナリスト6作品が選ばれ,ETC2012の午後のメイン会場にて最終プレゼンテーションが行われ,即日,参加者による投票によってグランプリが決定したのです。

6チームのプレゼンの司会を務めたのは,Evernote VP Platform StrategyのSeth Hitchings氏

6チームのプレゼンの司会を務めたのは,Evernote VP Platform StrategyのSeth Hitchings氏

ファイナリスト6チームはこちら

まず,ファイナリスト6チームをご紹介します。今回,審査で選ばれた5チームに加えて,一般投票の1チーム(Spotwish Go!)の計6チームのプレゼンテーションが行われました。

ブラジル
作品名応募国
EverClip香港
EV
PlaceMeアメリカ
KustomNoteアメリカ
LiveMinutesアメリカ
Spotwish Go!ブラジル

ノートの機能を拡張したものや位置情報を活用したもの,さまざまな作品が残りました。

各チーム,自身の作品を的確に,そして,より良く見せる素晴らしいプレゼンテーションを行った

各チーム,自身の作品を的確に,そして,より良く見せる素晴らしいプレゼンテーションを行った

グランプリは「EverClip」

6チームのプレゼンテーションが終わったあと,各種セッションを行い,その間に審査が行われました。この審査は参加者全員からの投票によるもの。使いやすさや機能はもちろん,ETCという雰囲気にマッチしたプレゼンテーションも重要な選考ポイントになりました。

Devcupの選考方法は2つ。SMSを利用した投票とTwitterのメンションを利用した投票

Devcupの選考方法は2つ。SMSを利用した投票とTwitterのメンションを利用した投票

投票の結果,グランプリは香港から参加した「EverClip」が受賞しました。

EverClipはクリップボードをチェックし,Webブラウザでコピーしたものを何でも直接Evernoteアカウントに送信できるiPhoneアプリです。その操作の簡便性が高く評価されての受賞となりました。⁠iPhoneで選択したものは,使用中のアプリに関わらず,画像を含む何でもクリップできます」と,開発者のAlex Hui氏はコメントしています。

グランプリを受賞したEverClip,Alex Hui氏(左から2人目)

グランプリを受賞したEverClip,Alex Hui氏(左から2人目)

今回,残念ながら日本からの作品がファイナリストに残ることはできませんでした。しかし,次回以降,この場に日本の参加者が壇上に立てることを,そして,グランプリを受賞することを期待しています。

「使ってもらえる」⁠デザインに優れている」⁠UIが洗練されている」などの講評を述べたPhil氏

「使ってもらえる」「デザインに優れている」「UIが洗練されている」などの講評を述べたPhil氏

開発者もユーザも楽しめる内容に

これまで紹介してきたキーノートやDevcup以外にも,さまざまなセッションが用意されていました。

セッションは「Developer Series」⁠Life Series」の2つのカテゴリに分かれ,前者は開発者向けの内容,後者はユーザ向けの内容のプログラムが用意されました。

Developer Series

開発者向けのセッションでは,プラットフォームとしてのEvernoteの現状やこれからの展開について,DevcupのMCも務めたSeth Hitchings氏が登場したり,Developer Showcaseとして,APIを利用して製品化されているプロダクトやサービスが紹介されました。

たくさんの開発者が集まったDeveloper Series

たくさんの開発者が集まったDeveloper Series

Life Series

一方のLife Seriesでは,⁠Hobbyist's Guide to Evernote」と題し,Evernoteを趣味として楽しみたい方向けの内容や,クリエイティブ・デザインの観点から見たEvernoteなど,ユーザ視点で捉えたセッションが用意されました。

「Memorable Meals」と題したセッションではEvernote Foodの使い方,人がなぜ食べ物の記録をするのかについて取り上げた。Evernoteが生活に密着している裏返しとも言える

「Memorable Meals」と題したセッションではEvernote Foodの使い方,人がなぜ食べ物の記録をするのかについて取り上げた。Evernoteが生活に密着している裏返しとも言える

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入