ボンジュールEuroBSDCon 2008─裏から見るEuroBSDCon

第1回 EuroBSDCon,開幕

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

EuroBSDCon 2008が開催されたストラスブール大学はストラスブール旧市街にある。観光名所も集まった綺麗な街

EuroBSDCon 2008が開催されたストラスブール大学はストラスブール旧市街にある。観光名所も集まった綺麗な街

定期的に開催されるBSD国際カンファレンス

*BSD関連のローカルカンファレンスや国際カンファレンスはこれまでも随時開催されてきましたが,ここ4,5年で定期的に開催される国際カンファレンスが定まってきました。今のところ次の4つの国際カンファレンスが定期的に開催されています。

  • AsiaBSDCon ─ 3月(日本,東京)
  • BSDCan ─ 5月(カナダ,オタワ)
  • NYCBSDCon ─ 10月(米国,ニューヨーク)
  • EuroBSDCon ─ 10月(欧州各国持ち回り)

国際カンファレンスでの共用語は英語です。現地の言葉が使われるローカルカンファレンスは,上記とは別に各国で開催されています。たとえば2008年春にはスペインでローカルカンファレンスが開催されました。2007年秋にはトルコでも国際カンファレンスが開催されています。

国際カンファレンスとともに併設されるデベロッパーサミット

国際カンファレンスは多くの場合,2日間で運用されます。BSDCanは並列3セッションでプログラムが組まれます。EuroBSDConとAsiaBSDConは2並列が多いようです。カンファレンスは発表形式で,登壇者が発表しそれに対して質疑応答が行われます。開発者やユーザが参加します。

国際カンファレンスはデベロッパーサミットと呼ばれる開発者会議が実施されるタイミングでもあります。国際カンファレンスが開催される前に,2日間ほど期間をとってコミッタを中心とした開発者会議がそれぞれのOSの開発者コミュニティで会議が開催されます。たとえばEuroBSDCon 2008の場合,カンファレンスが開催されるよりも2日前の16日と17日にFreeBSDデベロッパーサミットが開催されました。

デベロッパーサミットは開発者(コミッタ)による議論の場です。開発されたシステムの説明や発表もあれば,新しい技術や実装への理解を深めるための勉強会,問題の洗い出しや今後の開発方向性の議論,実装技巧の紹介や議論など,ともかくも説明と議論,それに開発が実施されます。開発者にとってはデベロッパーサミットが重要な情報交換の場所になっています。参加は基本的にコミッタであるか,コミッタによって招待された人です。開発に興味がある場合には開催者に連絡を取れば参加できることもあります。

併設されるチュートリアル

デベロッパーサミットと同じく,国際カンファレンスで併設されるのがチュートリアルです。チュートリアルはセッションごとに参加が有料のセッションで,特定の分野に興味があるユーザが勉強目的で参加します。チュートリアルも国際カンファレンスが開催されるよりも前に2日間で設置されることが多いようです。EuroBSDCon2008の場合であれば,16日と17日にチュートリアルとFreeBSDデベロッパーサミットが開催され,18日と19日にカンファレンスが開催されます。

ソーシャルイベントやディナー

デベロッパーサミットや国際カンファレンスが開催されている間,形式は開催場所やそのときの委員会によって異なりますが,食事会を中心とした懇親会が開催されます。各国のコミッタやユーザと親睦を深めたり情報交換を行う貴重な時間です。

なぜ国際カンファレンスが開催されるのか?

FreeBSDのようなOSは世界中の開発者によって開発され,世界中のユーザによって活用されています。情報交換はメーリングリストやIRC,メール,CVS/SVNログなどを通じて実施されますが,より突っ込んだやり取りをしたり相手の真意を汲み取るには,直接会っての対話も重要になってきます。プロジェクトの円滑な運用のためにも,お互いにどういう開発者であるかを理解することは大切です。また最新の話題を仕入れたりするためにも,こうした国際カンファレンスやデベロッパーサミットがひとつの手段として有効というわけです。普段は使っていない,ほかの*BSDの開発者と交流がとれるといった意味でも貴重な機会です。

費用の問題もあり,すべての国際会議に参加するのは困難ですが,近いところで開催される国際カンファレンスへの参加を検討するのは有益です。日本在住の場合は東京で開催されるAsiaBSDConへの参加がもっとも現実的です。2009年も3月14日と15日に開催が計画されています。ぜひとも参加してみてください。

コメント

コメントの記入