「FITC Tokyo 2010」詳細レポート

#2 Andre Michelle氏「拍動性クラックル」&Tom Higgins氏「Unity入門 − ハイクオリティ・インタラクティブ・3Dコンテンツ」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Tom Higgins氏「Unity入門 − ハイクオリティ・インタラクティブ・3Dコンテンツ」

今,3D市場で最も注目されているUnity。"ゲーム開発の民主化"と"あらゆる人に,誰でもゲームが作れる力を"といったコンセプトを掲げるこの強力なアプリケーションは,他の3D開発環境とは異彩を放つものだ。UnityのエバンジェリストであるTom Higgins(トム・ヒギンズ)氏がその魅力を伝えた。

写真6 Tom Higgins氏

画像

Unityは,簡単にいえばリッチ3Dコンテンツのマルチプラットフォーム化を実現する開発環境である。元来3Dコンテンツ・ゲームというものは,PCネイティブ,PCWEB,コンシューマゲーム,モバイルなど様々な環境が存在し,それぞれまったく別の開発手法を採用するしかなかった。それが,Unityを利用することですべてを集約できるのだ。また非常に直感的かつシンプルであり,スクリプト言語としてC#,JavaScriptをサポート。Unityの成功事例として,22歳のプログラム未経験の学生が卒業後12週で開発した,mikamobileを紹介。Andoroidマーケットで上位ランキングを獲得しているという。また,ElectoronicArtsが開発したゴルフゲームTigerWoodsPGATourOnlineなども,Unitiyを採用しており,コンシューマゲームではWii,PlayStation3,XBOX360も対応。6〜7タイトルでUnityを採用しているそうだ。

WEBに関してはプラグインによって動作。マルチプラットフォームかつすべてのブラウザで対応しているが,インストールはもちろん必要。延べダウンロード数は3,500万で,毎月2〜2.5万人のインストダウンロードしているという。

実際にUnityWebPlayerのデモが行われ,上述のTigerWoodsPGATourOnlineのほか,raptor-safari(恐竜狩カーアトラクションゲーム)などを紹介。raptor-safariはサファリを舞台にを車に乗って縦横無尽に駆け巡りラプター(恐竜)を轢き殺して狩るという少々残酷なもので,あまりのシュールさに会場は大きな笑いに包まれた。

写真7 ElectoronicArtsが制作したTigerWoodsPGATourOnline

画像

写真8 raptor-safariでは,車の後ろにラプターを引っ掛けるフックがついている

画像

写真9 2Dゲーム制作用途としてUnityが使用されている例として挙げたPaper Moon

画像

気になるのはライセンスとコスト。ライセンスは一人ーライセンス原則で,マシン2台までプラットフォームを問わずにインストール可能。プランはベーシックとプロ,どちらかを選択することになる。ベーシックは無償で非営利・商用・教育用問わず利用可能だが,前年度の売上が10万ドルを超えた場合は,ベーシックライセンスは使用できず,プロライセンスを使用しなければならない。なお,プロライセンスは136,000円。とはいえ,8〜9割の機能はベーシックに入っているという。

注意としては,これは基本プランということ。これに加えてモバイルとコンシューマでは別の拡張プランが必要だ。モバイルでは,Unity iOSが36,500円,プロライセンスは13,6000円。iOSバージョンはMacOSXが必須となる。Androidでは現在プロライセンスしか存在せず,136,000円となっている。コンシューマのプラットフォームでは,コンソールごとにライセンスが異なり,基本プランのProライセンスが必須となる。価格に関しては会社の規模によっても変動するため確認が必要ということだ。

写真10 iPhoneやAndroid向けの追加ライセンスがある

画像

将来的には,iPhone,Androidアプリのための実機によるデバッグ用アプリUnityRemoteを公開するという。Androidは未対応だが現在iPhoneベータ版をテスト公開中している。また,最新バージョンについては来年3月までにはなにか発表できるだろうとコメントしている。

全体的にセールスセッションといった感じで,技術的な内容にはあまり触れられなかった。Unityは3Dコンテンツにおけるマルチプラットフォーム化の有力馬であり,非常に魅力的なプロダクトなだけに少々残念だった。とはいえ,今後本格的に3D化していくFlashPlayer・AIRとどういった勢力関係になるのか。注目しておきたいところである。

著者プロフィール

加茂雄亮(かもゆうすけ)

株式会社ロクナナにて,ActionScriptを伴うFlashコンテンツや,AjaxコンテンツなどRIA開発に従事するフロントエンドエンジニア。テクニカルライターとしての一面を持ち,WEB・雑誌・書籍、媒体問わず執筆。また,イベントやセミナーでの講演など,精力的に活動している。

URLhttp://log.xingxx.com/
URLhttp://rokunana.com/