「FITC Tokyo 2010」詳細レポート

#4 切通伸人氏「アメーバピグ for Androidができるまで」& 中村勇吾氏「アクチュアル デザイン」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

引き続き,12月4日に開催された,FITC Tokyo 2010のレポートをお届けする。

切通伸人氏「アメーバピグ for Androidができるまで」

切通氏は,サイバーエージェントでJava,Flashデベロッパーとして活躍しており,アメーバピグの開発に携わっている。

2009年2月19日にサービスインしたアメーバピグは,かわいらしい自分そっくりのキャラクターを制作でき,装飾品や部屋などを自由にカスタマイズが可能。ミニゲームやそのコミュニケーション性の高さから若者を中心に人気を得ている。そんなアメーバピグのAndroid版が今年11月1日にリリース。氏は開発の経緯から完成まで詳しく解説した。

写真1 切通伸人氏

画像

写真2 アメーバピグ for Androidのデモ

画像

アメーバピグ for Androidは,PC版の開発体制が50人の中,有志が集まって5人で開発。業務時間外で作業を行い,わずか1ヶ月というスピードでリリースしたという。その秘密はなんだったのだろうか。

まず,従来のワークフローでは,デザイン確定後に変更や修正が多発してしまうことが多く,デベロッパーの業務が巻き戻ってしまう問題が発生しやすいとして,ラフ段階からモックを作り,デザイン確認は実機ですることにしたという。また,デザイン確定までのステップとして,サイバーエージェントでは従来5人の責任者を通した後に初めて実装に移るが,今回は50名のユーザーレビューを2〜3回行い,レビューとフィードバックを元に開発を進めたという。また,少人数での開発の中で,役割分担をはっきりさせることが重要だとしている。

開発期間は短期間であれ,PC版とまったく同じというわけにはいかない。画面サイズやスペック,そしてタッチパネルの操作性から,デザインや機能面でも大きな変更が必要だったことが語られた。

まず,Android2.2とFlashPlayer10.1により,ブラウザのサービスを検討。しかしブラウザ上の制約や,画面解像度によるUIの問題が発生してしまいAIR for Androidでの開発が決定した。画面解像度の問題は大きく,PC版のままでは不都合ということで,機能を最小限におさえ,表示するものを少なくさせることを念頭に置き,アイコン化することで解決した。また,ピグのクオータービューの特性を活かして,UIを四隅に設置している。

写真3 画面解像度とUIのバランス

画像

氏によれば,少ない解像度でのタッチパネル操作において,フォントは最低でも17px必要であり,ボタンは75px,マージン込みで115px必要とのこと。さらに,メニューは開閉式で詳細メニューを表示するなど工夫をこらしている。Androidならではの機能として,ジェスチャーでビューの拡大も可能だ。

写真4 アイコンの大きさ(余白)もタッチされることを前提に再設計された

画像

実際の開発では,もともとのPC版アメーバピグが,低スペックでも動作し,設計が汎用的だったこと,またAIR for Androidを利用することが1ヶ月のスピードリリースを可能にしたことが述べられた。また,もともと多人数で同時開発を行うための設計が,今回の少人数開発でも活かされたという。日頃の開発の設計をしっかりしておくことで,AIR for Androidへの移植もスムーズに行えることを示した好例と言えるだろう。

写真5 汎用的な設計だったので,移植作業がスムーズだったとのこと(写真の赤い枠囲みが今回作業した部分)

画像

そのほか,AIR for Androidでコンパイルするための解説が行われ,AIR for Androidならではの問題として,サービスイン後,GalaxySでマーケット検索にヒットしない問題が紹介された。これは,機種ごとにデバイスボタンが異なるため,アプリケーション設定でXMLのプロパティの調整する必要があったようだ。

最後に,アメーバピグ for Androidのこれからの課題として,基本機能だけなので機能を追加し,Androidならではの機能も追加していきたいと語られた。また,モバイルデバイスのジレンマである,今後増えてくる画面サイズへの対応も検討しているとのことだ。

開発チームも5人から,正式なチームの立ち上げ行うということで,これからもAIR for Androidの先駆けとして注目が期待される。

著者プロフィール

加茂雄亮(かもゆうすけ)

株式会社ロクナナにて,ActionScriptを伴うFlashコンテンツや,AjaxコンテンツなどRIA開発に従事するフロントエンドエンジニア。テクニカルライターとしての一面を持ち,WEB・雑誌・書籍、媒体問わず執筆。また,イベントやセミナーでの講演など,精力的に活動している。

URLhttp://log.xingxx.com/
URLhttp://rokunana.com/

コメント

コメントの記入