Oracle OpenWorld 2010現地レポート ~JavaOneの新たなステージ

Oracle OpenWorld 2010開幕―Oracleが考えるクラウドと未来

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

米国時間2010年9月19日,14回目となるOracle OpenWorld(OOW)⁠ SunFrancisco 2010が開幕した。今回は,Sun買収後初となるOOWで,OOWの他,⁠JavaOne 2010」⁠Oracle Develop 2010」と3カンファレンス同時開催となった。

レジストレーション(参加登録)の様子。世界各国から数多くの参加者が集まった。

レジストレーション(参加登録)の様子。世界各国から数多くの参加者が集まった。

41,000人の事前登録,100ヵ国以上からの参加

19日夕方に行われたオープニングキーノートでは,まずOracle CMO Judith Sim氏より,参加者情報について発表がされ,今回,100ヵ国以上,41,000人もの登録者があり,世界でも最大規模のカンファレンスであることが説明された。

オープニングキーノートのトップバッター,Oracle CMO Judith Sim氏。

オープニングキーノートのトップバッター,Oracle CMO Judith Sim氏。

次に,OOWを楽しむポイントとして,

  • Travel Light
  • Catch the Vision
  • Breath
  • Networking is Learning
  • Go Shopping
  • Get Social
  • Chart Your Course
  • Cool Stuff

の8項目が紹介された。たとえば「Travel Light」では,手軽にSchedule Builderや専用iPhoneアプリなど,効率的なプログラム管理をするためのサポートが行われている点が述べられたり,また,⁠Chart Your Course」では,今回のOOWでは,JavaOne/Oracle Developとともに,サンフランシスコの公道までをも会場にしたイベント設計が行われていることなどが紹介された。 この他,Twitterハッシュタグとして「#oow10」⁠#javaone10」⁠#develop10」が用意され,ソーシャルメディアを活用していること,また,OOWのパスを使うことでサンフランシスコ市内のショップで特別優待割引が行われることなど,街を上げての一大イベントであることがうかがえた。

メイン会場となるMoscone Centerの南北スペースを挟む道路も会場としてセッティングされている。

メイン会場となるMoscone Centerの南北スペースを挟む道路も会場としてセッティングされている。

JavaOneメイン会場となるHilton Hotelの位置を示す道標。

JavaOneメイン会場となるHilton Hotelの位置を示す道標。

街中には特別にペイントされたバスも走っている。

街中には特別にペイントされたバスも走っている。

最後に,Sim氏は「我々はSunのカスタマーを含め全世界に370,000もの顧客がいる。すべての顧客の皆さんに感謝の気持ちを述べたい」と締め括った。

Sim氏の後に登場した,Oracle President, Safra Catz氏。Oracle Excellence Awardsのプレゼンターを務めた。

Sim氏の後に登場した,Oracle President, Safra Catz氏。Oracle Excellence Awardsのプレゼンターを務めた。

HPが考えるソフトウェアライフサイクル

続いて,キーノートゲストスピーカーとして,Hewlett-Packard Exective Vice President, Enterprise Business, Ann Livermore氏が登壇した。

Hewlett-Packard Exective Vice President, Enterprise Business, Ann Livermore氏。

Hewlett-Packard Exective Vice President, Enterprise Business, Ann Livermore氏。

Livermore氏は「これまでのHPとOracleのパートナーシップの強さ」を強調した上で,⁠予算比率が,これまではオペレーション70,イノベーション30となっていた。今後,この比率を逆転するための取り組みを行っていく」と,現状のソフトウェア開発の課題とその取り組みについて述べた。その具体的な方法として,ソフトウェアライフサイクルというアプローチを取り,古いものをリタイアさせ,新しいものを作り,拡張していく,そのための手段が,⁠標準化」⁠シンプル化」⁠仮想化」⁠自動化」などを積極的に行っていくとのこと。 さらに,⁠サービスで囲む(サービスを利用する)ことで,データセンターおよびアプリケーションを近代化していく」という,今後のデータセンターの姿を紹介した。 この他,これらのコンセプトを実現する新製品として,

  • Scale Out NAS:X9000 IBRIX
  • Scale Out SANS:P4000 LEFTHAND
  • Data Depulication:D2D 4312 STOREONCE

について発表された。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入