Oracle OpenWorld 2010現地レポート ~JavaOneの新たなステージ

Javaはどうなる?OpenJDK,JavaFX,NetBeans,そしてJavaOne―JavaOne 2010キーノート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2日目の午後,JavaOneとしてのキーノートが開催された。スピーカーはOracle Executive Vice President, Thomas Kurian氏。Oracleが考えるJava,そしてJavaコミュニティに向けたOracleからのメッセージを聞くことができた。

JavaOneのロゴが約1年3ヵ月ぶりに戻ってきた。

JavaOneのロゴが約1年3ヵ月ぶりに戻ってきた。

Javaは重要なプロジェクト

Kurian氏は,Javaを重要なプロジェクトと位置付けて,その中でも現在具体的に進んでいる3つのプロジェクトを紹介した。

  • Project Coin:Productivity with More Concise Code
  • Project Lambda:Closures for Java
  • Project Jigsaw:The Modular Java Platform

メインスピーカーを務めたOracle Executive Vice President, Thomas Kurian氏。

メインスピーカーを務めたOracle Executive Vice President, Thomas Kurian氏。

Project Coinは,Genericsの改善など,生産性を上げるためにJavaの言語仕様を簡潔にするために進められているプロジェクト,Project Lambdaは,JavaへのClosure実装に関するプロジェクト,Project JigsawはJavaプラットフォームにおけるモジュール化を実現するためのプロジェクトとなっている。今後のバージョンのJavaでは,これらのプロジェクトに関する機能が実装されていく予定。

OracleがリードするJRockit

プロジェクトに関して紹介した後,Oracleが開発する,サーバサイドに向けて独自に最適化したJVM「Oracle JRockit」の紹介,また,実際の実行例としてJRockit Flight Recorderのデモンストレーションが行われた。これはJVMの稼動情報(スレッド/メモリ使用状況など)⁠を常時記録して自動的にダンプファイルとして出力するもの。

JRockit Flight Recorderのデモンストレーション。

JRockit Flight Recorderのデモンストレーション。

OpneJDKの今後

オーバービューとOracle JVMの紹介に続いて,気になるOpenJDKに関するアップデートを紹介した。既出ではある情報だが,改めて2011年と2012年にOpenJDKの新バージョンを2つリリースことが発表された。詳細については,詳細はOpenJDKの公式ページで公開されている。

HTML5とネイティブアプリとしてのJava

続いて,⁠HTML5そしてネイティブアプリにおける最良の体験をJavaから提供していく」という観点から発表が行われた。Kurian氏によれば,Webアプリケーションとして稼働させる上で重要なポイントとして

  • プログラミングモデル(JavaのパワーとJavaFXの容易さ)
  • ネイティブレベルでのJava,JavaScript&HTML5の互換性
  • すぐれたパフォーマンスの2Dおよび3Dエンジン
  • デスクトップおよびモバイルデバイスへのハードウェアに最適化した設計
  • 完全かつ統合された開発ライフサイクル

を挙げ,JavaFXに関するアップデートへと繋げた。

Prism―JavaFXの新しいグラフィックエンジン

今回,JavaFXのアップデートで発表された中で,とくに気になったのが「Prism」と呼ばれる新しいグラフィックエンジン。新しくハードウェアアクセラレートされた2D/3Dのグラフィックパイプラインや簡単なプログラミング(エフェクトなど)が行えるもので,来年提供予定とのこと。なお,開発ビルドは現在ダウンロードサイトから入手できる。

JavaFXのデモ。レイヤごとにスムーズなレンダリングが行われている。

JavaFXのデモ。レイヤごとにスムーズなレンダリングが行われている。

タッチパネルで操作できるゲームのデモンストレーション。これもJavaFXで開発されている。

タッチパネルで操作できるゲームのデモンストレーション。これもJavaFXで開発されている。

今後のJavaFXのロードマップは以下サイトにアップデートされる。

JavaFXロードマップ http://javafx.com/roadmap/

NetBeans

次に取り上げられたのが,Java統合IDEのNetBeans。この6ヵ月でユーザ数が20%伸びている状況とともに,来年2011年に2つのバージョンをリリースと発表された。

NetBeansロードマップ http://netbeans.org/community/releases/roadmap.html

アプリケーションサーバとしてのJava

デスクトップ&ツールの話題に続き,サーバサイド側,つまりアプリケーションサーバとしてのJavaに関して説明が行われた。

アプリケーションサーバとしてのJavaについて説明するKurian氏。

アプリケーションサーバとしてのJavaについて説明するKurian氏。

JavaアプリケーションサーバGlassFishについては2011年に2つのリリースが行われるそうだ。

GrassFishロードマップ http://glassfish.dev.java.com/roadmap/

次のステップへ

さらに,Javaの次のステップとして「Javaアプリケーションはすべてのコンシューマデバイスで動く」と,モバイルおよび組込みに関する説明が行われ,Java Mobile.Nextの話題の他,すでにJavaが搭載されているAmazon KindleやJavaOne 2008でも紹介されたLiveScribe Penの紹介ビデオ,さらに実際に利用されているJavaカードの紹介が行われた。

すでに身の回りの至る所で利用され始めているJavaカード。

すでに身の回りの至る所で利用され始めているJavaカード。

エンターテインメントのJava

最後に,エンターテインメント分野のJavaとして,Star Wars: The Old RepublicというJavaゲームが登場した。このゲームサイトでは,GlassFishとCoherenceを組み合わせたシステムを開発して,1ノードあたり数万のトランザクションの認証などの処理を行っているとのこと。

まとめ

以上,デスクトップ,サーバサイド,モバイル,エンターテインメントなどさまざまな分野におけるJavaの現状と未来という構成で発表が行われた。一部既出情報などは含まれていたが,JavaFXの新しいグラフィックエンジンなど,気になる発表が見られた。

次回JavaOneについては,登録時に配布されたガイドブックにも紹介されていたが,米国開催が2011年10月2~6日となっており,その他,南米(2010年12月7~9日)⁠北京(2010年12月13~16日)が予定されている。また,今後はロシアやインドなど世界各地で開催していくことも発表された。

今後のJavaOneスケジュール。

今後のJavaOneスケジュール。

最後にゲストとして登場したApollo Anton Ohno氏。スケートショートトラックの選手だ

最後にゲストとして登場したApollo Anton Ohno氏。スケートショートトラックの選手だ

キーノート最後にKurian氏は「Javaの将来はOracleだけにあるものではない。デベロッパコミュニティのための言語だ」と,これからもコミュニティドリブンでJavaを開発していく意向を示し,発表を終えた。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

  • ご指摘ありがとうございます

    川口様

    GlashFish表記の誤植の件,大変失礼いたしました.
    また,ご指摘ありがとうございます.
    修正いたしました.

    引き続きgihyo.jpをご愛顧のほど,よろしくお願いいたします.

    Commented : #2  gihyo.jp編集部 (2010/09/25, 08:36)

  • GrassFiss ロードマップの URL

    はじめまして、川口と申します。御社サイトを拝読している者です。

    本文中に

    > ・GrassFissロードマップ http://glassfish.dev.java.com/roadmap/

    とありますが、正しくは

    > ・GlassFishロードマップ https://glassfish.dev.java.net/roadmap/

    のはずです。

    Commented : #1  川口 (2010/09/24, 14:12)

コメントの記入