Oracle OpenWorld 2010現地レポート ~JavaOneの新たなステージ

Oracleが考えるクラウドを再確認―Oracle OpenWorld 2010 3日目午前キーノート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

3日目午前のOracle OpenWorldキーノートには,前日のJavaOneキーノートに引き続き,Oracle Executive Vice President, Thomas Kurian氏が登壇した。今回は,今年のOOWのテーマでもある「クラウド」について改めて語った。

クラウドとは何か?

Kurian氏は登壇早々,現在のOracleを象徴するものとして「Complete.」⁠Open.」⁠Integrated」⁠Best in Class.」という4つの言葉を取り上げた。

「Complete.」⁠Open.」⁠Integrated」⁠Best in Class.」これが今のOracleを表している。

「Complete.」「Open.」「Integrated」「Best in Class.」これが今のOracleを表している。

さらに,Gartner Groupが2010年3月26日発表したクラウドコンピューティングの定義を引用したうえで,⁠クラウドとは何か」というテーマについて語り始めた。

Gartner Groupが発表したクラウドコンピューティングの定義。

Gartner Groupが発表したクラウドコンピューティングの定義。

Oracleが考えるクラウドには

  • Software Delivered as a Service(ソフトウェアをサービスとして提供する)
  • Modern Data Center Architecture(モダンなデータセンターアーキテクチャ)

の2つのコンセプトが基盤となっている。この2つのコンセプトは今回のOOWでも何回も出てきているもので,ハードウェア+ソフトウェアを統合して開発・提供できるオラクルに進化していることを表すものと言えよう。

また,その上で,Kurian氏は

  • ストレージ
  • サーバ
  • アプリケーション

それぞれのレイヤでの仮想化の重要性,それを実現するためのミドルウェアがOracleには存在していることを述べた。

この他,ID管理,アプリケーション開発,ビジネスプロセス設定といった切り口から説明をした後,今後クラウドを活用するときに重要になる項目として「解析とコラボレーション」の2つの要素を取り上げた。これが意味するところは,クラウドやユーザ間のコラボレーションで生まれた情報を解析することが,ビジネスにおける基礎情報の獲得,将来的な成功に繋がるという考え方である。すなわち,クラウドを導入するだけではなく,導入後の運用プロセスまで考えないと,クラウドの真の価値をつかめないということになるだろう。

Oracleとしての独自性

最後に,Oracleのクラウドの独自性として,

  • クラウド上における高パフォーマンスの統合システム
  • アプリケーションとディスクの統合,ビジネスレベルでの管理
  • データ保護およびID管理の統合
  • ビジネスユーザによるアプリケーションおよびビジネスプロセス設定管理
  • Web上における全ユーザ動向情報の解析

の5点を挙げ,それを実現するものとして19日に発表されたExalogic Elastic CloudやExadata,各種ミドルウェアを紐付け,改めて「クラウド企業としてのOracle」を印象づける内容となった。

Oracleとしてのクラウドの独自性。

Oracleとしてのクラウドの独自性。

新たにクラウドに関する部署を設立

最後に,グローバルとして初となるクラウド専門部署の設立,その責任者であるCloud Services Senior Vice President, Joanne Olsen氏が紹介された。

Cloud Services Senior Vice Presidentに就任したJoanne Olsen氏。

Cloud Services Senior Vice Presidentに就任したJoanne Olsen氏。

EXHIBITION HALL

さて,これまでのレポートではキーノートを中心にお届けしてきたが,ここでキーノート以外にOOWを彩るプログラムとして,EXHIBITION HALLを紹介しよう。

EXHIBITION HALL入口。この中でさまざまな展示が行われている。

EXHIBITION HALL入口。この中でさまざまな展示が行われている。

入口入ってすぐの風景。

入口入ってすぐの風景。

EXHIBITION HALLには,主催のOracle他,各種スポンサー,関係企業による展示ブースが所狭しと並んでいる。

Oracle DEMOgroundsと名付けられたスペースには,各種Oracle製品が展示されている他,担当者から直接説明を聞くことができる。

Oracle DEMOgroundsと名付けられたスペースには,各種Oracle製品が展示されている他,担当者から直接説明を聞くことができる。

やはりクラウドに関する製品やデモンストレーションが多く見られたのだが,その他,ビジュアル面を意識して,スポンサードしている企業の自動車など,視覚的に楽しめる展示も数多く見られた。

idhasoftのブース。

idhasoftのブース。

#ref(): File not found: "photo09.JPG" at page "OpenWorld2010-04"

中には,iPadを使った似顔絵サービスを行うブースもあり,実際に描いてもらう参加者が多く見られた。

iPadを使った似顔絵サービス。マンガ風の独特のタッチ

iPadを使った似顔絵サービス。マンガ風の独特のタッチ

このようにEXHIBITION HALLを見るだけでも1日が終わってしまうぐらい,盛りだくさんの内容が展示されていた。次回以降,OOWなどのイベントに参加する方はキーノートやセッション以外にもEXHIBITION HALLの展示にも足を運ぶことをお勧めしたい。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入