インターネットが変える世界通貨の考え方―PayPal X Developer Conference Innovate 2010レポート

第1回 PayPal X Developer Conference Innovate 2010開幕!―キーワードはモバイル,ソーシャル,ローカル

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

2010年10月26日(米国時間)⁠サンフランシスコにて決済サービスPayPalの開発者向けイベントPayPal X Developer Conference Innovate 2010が開幕した。

イベント会場となったのは,サンフランシスコ市街地にあるMoscone West。AppleのWWDCをはじめ,さまざまな開発者向けイベントが開催されている。

会場となったMoscone Westの外壁には,PayPal開発者のシンボルでもある「X」の文字が

会場となったMoscone Westの外壁には,PayPal開発者のシンボルでもある「X」の文字が

米国に限らず,ヨーロッパ各国や中国,シンガポールなどのアジア諸国から参加者が集まった。皆,この受付にてレジストレーションを行う

米国に限らず,ヨーロッパ各国や中国,シンガポールなどのアジア諸国から参加者が集まった。皆,この受付にてレジストレーションを行う

急激に伸びているPayPal利用者・利用率

キーノート開幕にあたり,PayPal PayPal Senior Director of Developer NetworkのNaveed Anwar氏から「Don't be shy」のメッセージとともに,カンファレンスでのたくさんの交流を期待するコメントが述べられた。

PayPal XのMCホストを務めるのは,PayPal Senior Director of Developer NetworkのNaveed Anwar氏

PayPal XのMCホストを務めるのは,PayPal Senior Director of Developer NetworkのNaveed Anwar氏

続いて,PayPal President,Scott Thompson氏が登壇し,まずPayPalの昨年からの成長について数字とともに紹介した。

PayPal President,Scott Thompson氏。同氏のコメントから,開発者たちへの多大な期待を持っていることがうかがえた

PayPal President,Scott Thompson氏。同氏のコメントから,開発者たちへの多大な期待を持っていることがうかがえた

PayPalは昨年と比較して,

  • 5万人の新しい開発者
  • 129ヵ国での利用
  • 1,000を超える新しいPayPalアプリケーション
  • 10億ドルの支払い(決済)
  • 1億2,000ドルのVCからの資金調達

という実績が上がっているそうだ。

そして,これからの展望を述べながら「これから発表される新しい機能やサービス,そして今回のイベントをきっかけに,PayPalがさらに発展していくことを期待している」と,コメントし,オープンニングの挨拶を述べた。

決済サービスのキーワードは「モバイル」「ソーシャル」「ローカル」

再びMCのNaveed氏が登壇し,これからの決済システムのポイントとして,

  • モバイル
  • ソーシャル
  • ローカル(地域性)

の3つのキーワードを挙げた。つまり,モバイルで利用できること,ソーシャルネットワークを活用できること,そして,各国の地域で利用したうえで国を越えて横断的に連携が取れることが,オンラインでの決済に求められる要素というわけだ。

Payment Solution for Digital Goods

その上で,まず,PayPalの新機能として「Payment Solution for Digital Goods」が発表された。Payment Solution for Digital Goodsの特徴は,

  • 2クリックでの決済
  • 簡易な管理とコスト効果
  • 世界レベルでの詐欺防止

といったことが特徴となっている。

現在,PayPalのサイトから試せるようになっている。

とてもホットなマイクロペイメント

コンテンツを売るということ

続いて,Payment Solution for Digital Goodsを利用している各種サービス・サイトの関係者が登壇した。

Ooyala

最初に登場したのは,オンラインビデオプラットフォームベンダの「Ooyala」⁠同社では,提供するコンテンツに対して,試聴から課金までをシームレスに行えるよう,PayPalの決済システムを利用している。

FT.com

続いて,経済誌『FINANCIAL TIMES』⁠FT.com)のHead Product Management,Mary Beth Christie氏が登場し,FT.comでのPayPalの採用について,とくにマイクロペイメンツ(少額課金)の効果を述べた。インターネットの普及により,Webコンテンツの課金が常に課題となっている新聞業界において,マイクロペイメンツの効果がとても大きいそうだ。また,機能実装のしやすさについて述べていたのが印象的だった。

GigaOM

ブログメディアのGigaOMでもPayPalシステムを採用しているそうだ。GigaOMでは,特定記事(GigaOM PRO)の切り売りをする際,PayPalのマイクロペイメントを利用している。

GigaOM PROでの記事購入の様子。PayPalアカウントを持っているユーザであれば購入ボタンから2クリックで決済が完了する

GigaOM PROでの記事購入の様子。PayPalアカウントを持っているユーザであれば購入ボタンから2クリックで決済が完了する

Payvment

次に登場したのは,Facebook上に無料のストアを構築できるサービスPayvment。これまでは自社サービス・サイトでPayPalを利用していたが,PayvmentはFacebook上に構築したストアでの購入・決済においてPayPalを利用しているのが特徴だ。2クリックでの決済に加えて,マイクロペイメントの改善により,ますます利便性が高まったと言えよう。

Payvmentのデモでは,Facebook上でPayPalを利用するときのコーディングの内容が紹介された。詳しくはPayvmentのサイトにて

Payvmentのデモでは,Facebook上でPayPalを利用するときのコーディングの内容が紹介された。詳しくはPayvmentのサイトにて

Facebook上で見たPayvmentの決済画面。ユーザ自身は(操作上は)Facebook内で完結した形で決済を完了できる

Facebook上で見たPayvmentの決済画面。ユーザ自身は(操作上は)Facebook内で完結した形で決済を完了できる

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入