インターネットが変える世界通貨の考え方―PayPal X Developer Conference Innovate 2010レポート

第3回 インフラとしてのEコマース,そして開発者に向けたPayPalのメッセージ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

インフラになってきたEコマース―Morning Keynoteより

2日目は,Andressen Horowitz,Co-founder and General PartnerのMarc Andreessen氏,Wall Street Journal Co-Exective EditorのKara Swisher氏,eBay Inc. President and CEOのJohn Donahoe氏の3名によるパネルディスカッションからスタートした。

Marc氏はWebブラウザ「Mosaic」「Netscape Navigator」の開発社としても有名で,他にもソーシャルWebアプリケーションフレームワーク「Ning」などのプロジェクトをスタートさせている。

Kara氏は現在Wall Street Journalに所属し,インターネットやWebに関するさまざまな記事を執筆している。

この2人とともにeBay CEOのJohn氏が加わり,ユーザ視点から見たインターネット通貨やEコマースに関するディスカッションが行われた。

左からKara Swisher氏,John Donahoe氏,Marc Andreessen氏

左からKara Swisher氏,John Donahoe氏,Marc Andreessen氏

Kara氏からは,Amazonと比較したeBayに関しての意見が出され,それに対してJohn氏はレギュレーションなどの面からeBayはアメリカ以外にもヨーロッパにも適しているという見解がなされた。

また,Webブラウザを開発しているMarc氏からは,全般論としてのUIの重要性が述べられた。John氏はそれに同意をしながらも,補足として「決済システムというのはUIが重要なのはもちろん,爆炎度の処理やセキュリティの確保が重要。eBay,そしてPayPalはこの点をとくに重要視している」とコメントした。これは,前日のTim O'Reilly氏も述べていたことで,インターネット上での経済圏が普及することにより,インターネット通貨やEコマースがインフラに近づいていくことを意味していると言えるだろう。

来場者が交流し,体験をした展示ブース

各種KeynoteやBreakout Session以外にも,2日間展示が常設された場所が用意されており,参加者たちが新技術を体験したり,参加者同士の交流を図っていた。

初日のキーノートに登場したBumpやPavementの展示ブース。皆,実際のデモに見入っていた

初日のキーノートに登場したBumpやPavementの展示ブース。皆,実際のデモに見入っていた

PayPal Labsのブース。PayPal X上のコーディングサンプルなど,開発者にはたまらない内容ばかり

PayPal Labsのブース。PayPal X上のコーディングサンプルなど,開発者にはたまらない内容ばかり

参加者自身で椅子を作れるコーナー。PayPal X Developer Conference Innovate 2010の参加の記念に

参加者自身で椅子を作れるコーナー。PayPal X Developer Conference Innovate 2010の参加の記念に

チョコレートコーナー。疲れた頭に糖分を

チョコレートコーナー。疲れた頭に糖分を

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入