PHPカンファレンス2017 レポート

廣川類さん,PHPの今とこれから2017 〜PHPカンファレンス2017 ゲストスピーカーセッション

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

10月8日,東京・大田区産業プラザPiOにて,PHPカンファレンス2017が開催されました。本稿では,ゲストスピーカーセッションである廣川類さんの講演をレポートします。

PHPユーザー会の廣川類さんは「PHPの今とこれから2017」というタイトルで,PHP7.2の紹介を中心に話しました。廣川さんはWebのプログラマではなく,1996年から趣味でPHPのプログラミングを行っているそうです。

画像

PHPとは

PHPは,Webアプリケーションを構築するために使われるスクリプト言語の一つです。かんたんかつ現実的な実装をするというポリシーで作られています。最近では,すこし複雑にも書けるようになりました。

廣川さんはW3Techs.comのグラフを取り上げ,Webの世界では圧倒的なシェアをほこる言語だと紹介しました。

画像

現在使われているPHPのバージョン

はじめに毎年恒例となっている,主に使っているPHPのバージョンについて会場アンケートを取りました。会場ではバージョン7の方が大多数を占め,他は5.6が2割程度という感じでした。廣川さん曰く,⁠世界的に見ると今年一年で5.4以前のバージョンの人が5.5にバージョンアップし,63%の方が5.5を使用している状況だ。トレンドとしては5.6が増加傾向にある」とのことです。

また,CMSとして圧倒的なWordPressや,LaravelなどのフレームワークもPHP7に対応していると言及し,⁠7を使用する人が増えていってほしい」と述べていました。

PHPのリリースサイクル

開発リソースには制限があるため,PHPの開発ではライフサイクルが定義されています。リリースサイクルは1年,ライフサイクルは3年です。

このサイクルを当てはめた場合,5.6のサポートは本来今年終わる予定でしたが,現状の利用者を鑑みて2018年末までサポートが延長されると紹介しました。会場内では頷く人や隣と話す人がちらほらいました。

PHPの歩みについても取り上げ,11月30日にはPHP7.2がリリースされることを言及しました。7.0の時ほどの華々しさはないですが,後述の暗号化周りが見どころとのことです。また,今年はCVE対応のリリースが4回ありましたが,大きなセキュリテイ問題は発生していないことを指摘しました。

画像

PHP7.2における改善・変更点

PHP7.2は,7.1から10%ほど高速化しました。とはいえ,プログラミング言語としての高速化なので,単純に導入することでアプリケーションとして10%速く動作することではないと注意しました(データーベースやサーバーなど,他に考慮しなければいけないボトルネックがあるため)⁠

「より速く,快適に」という改善を日々しているが,PHP7.2では10%程度の高速化にとどまるところからも,⁠言語としての成熟が成されているのでは?」と述べていました。

オブジェクト型のタイプヒンティング

PHP7.2では新しく,オブジェクト型という汎用型のタイプヒンティングができました。7で実装されたスカラ型のタイプヒンディングと合わせて便利になりました。

画像

著者プロフィール

中村慎吾(なかむらしんご)

仕事でPHPを使うようになって10数年。楽しい事には何でもやってみるスタイル。趣味が講じて(拗らせて?)会社も作りました。Web開発となるとPHPは手放せません。

Twitter:@n416
URLhttp://kisaragi-system.co.jp

コメント

コメントの記入