PHPカンファレンス2019 開催

PHPカンファレンス2019参加レポート[中編]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

12月1日,東京都大田区産業プラザPiOにてPHPカンファレンス2019が開催されました。本稿ではその模様をお届けしています。今回は,GMOインターネットのスポンサードによるPHPのコミュニティのセッションと,弁護士ドットコム,BASE,PHP技術者認定機構のセッションをレポートします。

「コミュニティアップデート powered by GMOインターネット」

このセッションでは,各地のPHPコミュニティやカンファレンスの運営者による,それぞれのコミュニティの紹介が行われました。

司会は成瀬允宣さん@nrslib⁠,登壇したコミュニティの方は,PHP勉強会@東京の向井賢一さん@mukaken⁠,PHPerKaigiの長谷川智希さん@tomzoh⁠,Laravel Meetup TokyoのKurikazuさん@kurikazu⁠,PHPカンファレンス北海道のMakiさん@makies⁠,PHP仙台の木村俊彦さん@taiko19xx⁠,Nagoya.phpのttskchさん@ttskch⁠,Kansai PHP UGの田中ひさてるさん@tanakahisateru⁠,山隠ぺちぱーずのryerさん(らいあ;@ryer),Fukuoka.phpの市川さん@cakephpher⁠,PHP沖縄のカンボさん@kanbo0605⁠,マイアミ SunshinePHPのAdam Culpさん@adamculp⁠,その通訳サポートのイアンさん@brison_ianです。Slackも連動させて,登壇横のスクリーンにその書き込みを表示しながら進行しました。

各コミュニティの登壇者ら(撮影:山本ノリコ)

画像

ここではセッション中の会話をいくつか拾って,各コミュニティを紹介します。

司会の成瀬さん(撮影:松浦麻奈未)

画像

PHP勉強会@東京

向井「PHPユーザー会に所属し,ユルフワな団体です。PHP勉強会は毎月最後の水曜日開催していて,参加者の半分が初心者です。2005年の10月から開催して15年続いています。開催数は前月で144回を超えました。勉強会が終わったあとにPHP勉強会に参加して良かった,などのツイートを見て一喜一憂してます。次回は12月25日に開催します」

PHPerKaigi

長谷川「2018年に開催,次回3回目の技術カンファレンスです。始めたきっかけは,PHP福岡で技術を永遠と話ができることに気づいて主催することにしました。複数日開催やサイドイベントをやるのがPHPカンファレンスとの違いで,このカンファレンスは文化祭であり同窓会みたいな感じです。これとは別にソフトドリンクを主体のイベントにGMOさんが協賛しているPHPer茶会の勉強会を企画してます。今,PHPerKaigiはスピーカー募集してます。明日まです。LTルーキー枠を用意してます。LTルーキー枠は事前練習を開催してます。まずは,参加してみましょう!」
向井「ルーキーズは人気あるんですか?」
長谷川「ねらい目です!」

Laravel Meetup Tokyo

Kurikazu「Laravelにまつわる話とPHPにまつわる話をしてます。実は,PHP勉強会@東京の向井さんが最初に始めました。スタッフの竹沢さんと私のスケジュールが空いていると開催されます。connpassで募集してます。以前は募集しても参加者が少なかったですが,Laravel人気とともに東京だと60〜80人が埋まります。Laravelは自由に実装できるフレームワークなので,設計の話がでてくるのが面白いです。LaravelハンズオンやLaravel渋谷なども開催されています。Laravel JPカンファレンス,絶賛トーク募集中です」

(撮影:松浦麻奈未)

画像

PHPカンファレンス北海道

Maki「北海道と美味しいものを食べにくればいいという感じのカンファレンスです。来年ぐらいに大型なカンファレンスをやりたいです」
向井「北海道といえば,食べ物がおいしいので,そういう目的で行ってもいいんですか?」
Maki「そういう目的でおいでよ?という意味もありました。大通り公園で毎年9月に美味しいものが食べられるので,そこにあわせて開催しています」
向井「来年オリンピック開催ですね」
Slack「北海道たのしかったなー」
Slack「北海道いきたかった」

PHP仙台

木村「本来は代表の五十嵐さんがくる予定でした。代打で来ました。今年の3月に第1回目を開催しました。来年の開催も決定していますが,日時はまだ決まっていません。オリンピック後にやりたいです。参加者は地元民が300人ほど。懇親会のほうが多いくらいの人数でした。国内で,ペチコンというようになったのはPHP仙台からな気がします」
Maki「PHPカンファレンスで検索すると北海道が出てくる!」
カンボ「私は沖縄が常に上に出てきます」
木村「今日は一番下ですね」
Maki「東京は東京ってつけてほしい!」

Nagoya.php

ttskch「2014年から開催している勉強会で,頻度は隔月で20人くらい。登壇する勉強会とか違い,もくもく会に近い勉強会です。最初のほうは,週末に3時間集中してやっていました。プログラミング問題を手を動かして解こうというのが特徴です。最近は平日夜開催に変更しました。そうなると問題解く時間は40分と短くなるため,問題の選定に苦労しています。ほかの特徴として,PHP勉強会@東京の全員自己紹介をパクって,PHP暦を聞いています。PHP暦15年から0秒という人もいました。初心者でも達人も楽しめる勉強会にしています」
向井「全員で自己紹介が一番いいって言われたことがあります」
長谷川「全員で自己紹介はコンテンツですよね?」
Slack「福岡でも自己紹介を最近はじめました」
ttskch「名古屋は問題を解きたいので自己紹介15秒です」
一同「笑」

(撮影:松浦麻奈未)

画像

Kansai PHP UG

田中ひさてる「東京の次に古いカンファレンスです。2019年のカンファレンスは他地域が多いので,来年のカンファレンス開催に乞うご期待! 場所は梅田かな? いままでもグランフロントでやっていました。東京は毎年でいいですが,ほかのところは交代交代でやりませんか?」
向井,長谷川「毎年やらないと困ります! スタンプラリーが厳しくなる一方です」

山隠ぺちぱーず

ryer(らいあ)⁠島根と鳥取の山陰地方で開催しています。2017年にできたコミュニティーで,もくもく会や勉強会を開催してます。Rudyの創始者が松江に住んでいて,行政がRudyを押している,そのRudy城下町であえて,PHP勉強会を開催しています。開催すると30人ぐらい来ます。半分以上は県外からです。山陰地方にPHPerがいるのか?ということで島根のIT企業に『メイン業務でPHPを使っている』のかアンケートをとってみたところ,結果は15%でした。また,技術者のスキルをアンケートすると,4割PHPができると返答ありました」
Slack「隠れPHPerブーム」
長谷川「青い宝石(Rubyが赤い宝石なので)出してやりましょう。PHPワールドカンファレンスやりましょう!」

Fukuoka.php

市川「2012年から隔月くらいで勉強会を定期的開催して,だいたい20人集まります。ほとんどPHPの話を少ないが,移住してきた人にPHPerがいることを示めせればと,技術者同士のコミュニティーの場となっています。今年からPHPカンファレンス福岡を開催しました。300名ぐらい集まりました。5割ぐらいが福岡九州圏でした」
ryer(らいあ)⁠人材ブラックホールですよね!」
ttskch「カンファレンスやってるんで福岡にPHPer多いはずなのに20人? 隠れPHPer? 20人固定メンバーですか?」
市川「10人固定メンバーで,10人ずつ新規メンバーですね」

(撮影:松浦麻奈未)

画像

PHP沖縄

ガンボ「2年半前に移住して,今年初めてPHPカンファレンスを主催しました。経験者に聞きながら,カンファレンスを開催しました。カンファレンスは150人集まりました。地元は4割の参加で,北海道や台湾からも来てくれました。スピーカーとのやりとりですが,英語が苦手だったので,Google翻訳を駆使し乗り切りました」
Slack「今年はPHPカンファレンス沖縄のために1週間休みをとって,娘と2人で沖縄満喫してきました!」
Slack「海外から来るのもいいですね」
ガンボ「また,Laravel meetupを10回開催してます。他にもやOkinawa.phpをやっています。沖縄の技術コミュニティが多数立ち上がっていて,インフラ勉強会など,いろいろな勉強会が開催されており,言語の縛りが薄い集まれます。小さな勉強会を開催しても,旅行ついでに県外から参加する人も多いです。映像でつないで,サテライトでトークすることもあります。参加者は6割が県外から,4割が地元からです」

マイアミ SunshinePHP

Adam Culp「マイアミで開催するSunshine PHPを,8年前に立ち上げました。マイアミの人にとっては他の地域のPHPカンファレンスに参加するのは旅費の負担が大きかったのです。ちなみにアメリカには,8個のカンファレンスがあります」
Slack「アメリカ国内に8個って少なく感じる」
Slack「日本が多いのでは…」
Adam Culp「カンファレンス主催者とみんなで協力してます。それとPHPを発展させたいので,ノウハウを共有しています。今ではアメリカ内でSunshine PHPが最も大きいPHPコミュニティに成長しました。ユーザーグループが1,100人を超えて,毎週木曜日にみんなで集まります」
長谷川「カンファレンスは何日やってるんですか?」
Adam Culp「3日間。最初の1日は朝と夜の3時間,それぞれ4コース準備しています。合計10セッションあります。カンファレンスを聞いて帰るだけなら,YouTubeと一緒です」
長谷川「チュートリアルは一度やってみたいけど,すごく大変ですよね」

(撮影:松浦麻奈未)

画像

フリートーク

各コミュニティの紹介の後には,登壇者らによるフリートークが行われました。そこでは,集客についての悩みや,イベントでの発表について気軽に声をかけてほしいこと,いつか各地域コミュニティで調整して1週間連日でイベント開催してみるのはどうかという話,カンファレンスがボランティアに支えられていたり・興味をもっている人に手伝ってもらっていたりして成り立っていることなど,様々な話題を取り上げていました。

著者プロフィール

川原英明(かわはらひであき)

放浪のITエンジニアとして人生は常に勉強だ!ということでPHPもやり続けていたが,Perlも含めて最近あまり使っていない。最近はPythonやRubyをやっている。2020年からは新しい職場で頑張っていく。

Twitter:@sapi_kawahara


花井宏行(はないひろゆき)

スタディプラス株式会社所属。日本Symfonyユーザー会メンバー。PHPカンファレンスには2015年から参加。

Twitter:hanahiro_aze


田添春樹(たぞえはるき)

広島工業大学所属。広島でLaravel.hiroshimaという勉強会を主催。普段はLaravelを使い,個人開発を行なっている。ユーザーの役に立てるサービスを作りたいと思い日々頑張っている。

Twitter:@jdkfx