PHPカンファレンス2019 開催

12月1日開催! PHPカンファレンス2019事前情報

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

プログラミング言語PHPに関する国内最大のイベント,PHPカンファレンス2019が明後日,12月1日に開催されます。現在の参加登録者数が1,900名を超えており,当日は賑わいそうです。

この記事では,カンファレンスの概要を紹介します。

カンファレンス概要

セッション

今年は6トラック同時進行,40近いのセッションが行われる盛りだくさんのプログラムになっています。そのうちゲストスピーカーとスポンサーのセッションは次のとおりです。

ゲストスピーカー
  • 「PHPの今とこれから2019」廣川類氏(日本PHPユーザ会)
  • 「オニギリペイのセキュリティ事故に学ぶ安全なサービスの構築法」徳丸浩氏(EGセキュアソリューションズ)
  • 「PHPUnit: Past, Present and Future」Sebastian Bergmann
スポンサーセッション
  • 「コミュニティアップデート powered by GMOインターネット」⁠GMOインターネット)
  • 「徳丸先生による徳丸試験例題解説とPHP7初級書籍贈呈キャンペーンと市場動向」吉政忠志(PHP技術者認定機構⁠⁠,徳丸浩(EGセキュアソリューションズ)
  • 「知見のない技術スタックをプロダクション導入するエンジニアの導入戦略」東口和暉(BASE)
  • 「[配信なし]新しい概念のWAFが叶える,クラウドネイティブ時代のセキュリティ」徳丸浩(EGセキュアソリューションズ⁠⁠,根岸寛徳(グレスアベイル)
  • 「⁠⁠配信なし]⁠グランブルーファンタジー』開発エンジニアの考え方 —PHP7が『グラブル』にもたらしたブレイクスルーと考察—」小松美穂(Cygames)
  • 「⁠⁠弁護士ドットコム」を作り続ける開発組織について」狩野秀明(弁護士ドットコム)
  • 「改善失敗から学ぶ,レガシープロダクトに立ち向かうチーム作り。」杉山祐一(サイボウズ)
  • 「プログラム未経験からたった3ヶ月で圧倒的な開発力を身につける 〜スクラッチ開発の重要性」前田直哉(SkillCamp)
  • 「開発合宿のススメ!」田島裕介(Hamee)

あらかじめタイムテーブルをよく確認し,会場へ向かってください。

サイン会

今年も三省堂書店が出店予定です。次の書籍のサイン会が行われることが発表されています。サイン会の時間は会場にてご確認ください。

20回記念,ぬいぐるみ「elePHPant」の販売

今回のPHPカンファレンスでは20回目の開催を記念して,PHP言語の公式マスコットElePHPantのぬいぐるみのPHPカンファレンスバージョンを販売しています

懇親会

カンファレンス終了後,公式の懇親会PHPカンファレンス2019 懇親会が同会場で開催されます。すでにチケットが上限に達していて,キャンセル待ちの状況です。

会場へのアクセス

会場へのアクセスは,次を参照してください。

  • 大田区の大田区産業プラザPiO地図
    • 京浜急行線京急蒲田駅東口より徒歩3分
    • JR京浜東北線,東急池上・多摩川線 蒲田駅東口より徒歩13分

当日の案内,模様をソーシャルメディアでキャッチアップ

カンファレンス公式のTwitterアカウントや,Facebookページは次のとおりです。

ハッシュタグは次のとおりです。参加した人は感想をSNSやブログに書いて,カンファレンスを一緒に盛り上げてみてはいかがでしょうか。

  • 公式ハッシュタグ:#phpcon

中継

また,カンファレンスの模様はYouTubeを使って,トラックごとに中継される予定です(一部配信しないセッションがあります⁠)⁠。

ぜひ皆さん,今年のPHPカンファレンス2019を楽しんでください。

11月14日には,スタッフの事前顔合わせと当日作業の説明を兼ねて「PHPカンファレンス2019 事前大ミーティング」が開催されました。

画像 画像 画像

>