PHP Matsuri 2011 レポート

10月15,16日に開催される「PHP Matsuri 2011 in Osaka」を紹介!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

スクリプト言語PHPによる1泊2日のハッカソンイベントであるPHP Matsuriが今年も開催されます。第2回開催となる今回はPHP Matsuri 2011 in Osakaと題して,10月15日(土),16日(日)の2日間,大阪で開催されます。

今回は事前告知ということで,PHP Matsuriについて紹介します。

PHP Matsuriとは?

第1回の開催であった昨年は,東京の晴海グランドホテルにて1泊2日の日程で開催されました。PHPを中心にWEB系エンジニア70名近くが参加し,24時間オープンしているイベント会場でゲストによるセッション,ワークショップなどが行われました。

メインのイベントとなるハッカソンは夜通し行われ,2日目に開催されたLT大会では,33名もの方がハッカソンにおける成果を発表するなど,実りある2日間になりました。

豪華な海外ゲストの方々と過ごす2日間はとてもエキサイティング!

豪華な海外ゲストの方々と過ごす2日間はとてもエキサイティング!

昨年の参加者の方の感想ブログなどが昨年の公式サイトにまとめられています。参加できなかった方も空気感を感じていただけると思いますので,ぜひご覧ください。

プログラム紹介

今年のPHP Matsuri 2011では,大ホールを2つのスペースに分けて,それぞれセッションスペース,ハックスペースとして同時並行で進行していきます。そのため,終日セッションを聞き続けることも,一日中ハックスペースでハッカソンに没頭することもでき,参加者の数だけ楽しみ方があります。

ここでは,それぞれのスペースで開催されるイベントを紹介します。

セッションスペース

セッションスペースでは,豪華なゲスト陣による講演やハッカソンの成果発表が行われます。海外ゲストによる英語の講演には日本語通訳があります。

普段海外のイベントでしか見ることができないセッションを間近で体験できる

普段海外のイベントでしか見ることができないセッションを間近で体験できる

セッション1: ハッカー文化を日本へ根付かせる(よしおかひろたか氏)

オープンソースソフトウェアを支えるハッカー文化,そしてその文化が凝縮されるハッカソンに挑む際の心構えについて,自身の豊富な経験を元によしおかひろたか氏が参加者に魂を注入します。2日間に及ぶ祭りを前にしてあなたの中の少年少女の心を呼び起こしましょう。大阪の地でよしおかスピリットが炸裂します。

セッション2: JavascriptでiPhone/Androidアプリを作るTitanium Mobile(増井雄一郎氏)

Appcelerator, Incのプラットフォームエバンジェリストであり,かつてはPHPユーザーに馴染みの深いpukiwikiの開発にも参加されていた増井雄一郎氏が,必須のテクノロジーとなったスマートフォン,タブレット向けのアプリケーションをJavaScriptで実装できるフレームワークTitaniumの基礎を解説します。WEBアプリケーション開発者であるあなたもスマートフォンアプリ開発にデビューしましょう。

セッション3: CakeFest wrap-up, and CakePHP 2.0 performance(Graham Weldon氏)

世界的に幅広い支持を集めるWEBアプリケーションフレームワーク,CakePHP。9月に開催された公式カンファレンス"CakeFest"からのまとめとCakePHP2のパフォーマンスについて,CakePHPのメンテナンスに深く携わっているGraham Weldon氏が解説します。今後の発展の方向性や実際の開発の状況に触れるまたとない機会をお見逃しなく。

セッション4: High Quality Code with Lithium(Garrett Woodworth氏)

あなたのコードの品質を上げ,開発の多いに助けになるツール,PHP5.3の機能をフル活用したWEBアプリケーションフレームワーク,Lithum。その思想や機能などについて,CakePHPの元プロジェクトマネージャーであり現在はLithiumのプロジェクトマネージャーとして活動されているGarrett Woodworth氏が解説します。

セッション5: Symfony2, the major features(Fabien Potencier氏)

大規模開発に定評のあるWEBアプリケーションフレームワーク,symfony。ついにリリースされた最新バージョンの主要な機能について,プロジェクトリーダーのFabien氏が語ります。

ハックスペース

ハックスペースでは終日自由に開発が行えます。ハッカソンと並行して,次のワークショップが開催されます。

  • Lithiumワークショップ
  • CakePHPワークショップ
  • Symfony2ワークショップ
  • Titanium道場
  • PHPテストフレームワークワークショップ

ワークショップでは,ゲストの方に直接教わることもできる

ワークショップでは,ゲストの方に直接教わることもできる

それぞれの開催時間については,タイムテーブルをご覧ください。

その他

その他,上記で紹介できなかった点についてまとめて紹介します。

会場

会場は大阪市住之江区のホテルコスモススクエア国際交流センター地図です。

参加費

参加費はお一人様22,000円です。これには,宿泊費用・4回の食事・飲み物代を含んでいます。なお,ご友人・同僚などをお誘いいただくと,紹介割引として当日2000円のキャッシュバックがあります。

ハッシュタグ

PHP Matsuri 2011について,Twitterではハッシュタグ#phpmatsuriをお使いください。

さいごに

PHP Matsuri 2011は,日本国内で開催されるハッカソンイベントとしては最大級のものです。熱いエンジニアの方々に囲まれて過ごす2日間はまさにエキサイティングな体験ができると思います。本イベントの参加をぜひ検討してみてください。

それでは,PHP Matsuri 2011をよろしくお願いします。当日,会場でお会いできることを楽しみにしています!

※筆者による,本イベントのレポートを後日掲載する予定です。

著者プロフィール

佐野宏英(さのひろひで)

神奈川県横浜市在住。18歳で参画した大手SIerによる大規模Java開発から2年で脱出して以来,CakePHPを使ったWEB開発を主に1人で行っている。尊敬する人物はよしおかひろたか氏。

バックナンバー

PHP Matsuri 2011 レポート

コメント

コメントの記入