PHP Matsuri 2011 レポート

PHP Matsuri 2011 セッション・ワークショップレポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7.5 分

ワークショップレポート

Titanium道場

セッションにも登壇した増田雄一郎さんによる,Titanium Mobile入門のワークショップが行われました。

増井さんが普段から使用されているハンズオン資料を元に,最終的には全員が簡単なTwitterアプリを作成するまでを実践されたようです。2時間枠では時間が足りず,細かい部分は飛ばす場面もあったようですが,普段PHPを主に使用していると思われる参加者には新鮮な体験であったようで,ワークショップ終了後も参加者が増井さんに質問を投げかける場面が見受けられました。

また,翌日のLT大会においてもTitanium Mobileで構築したアプリを紹介する方もおり,身になるワークショップができたのではないかと思います。

参加者全員を見て回る増井さん

参加者全員を見て回る増井さん

使用したハンズオン資料はgithubにて公開されているものですので,興味がありましたら是非ご覧ください。

Symfony2ワークショップ

Symfony2ワークショップには十数名の方が参加しました。Symfony2を初めて触る方もいたため,全員復習ということで,スタンダードエディションのダウンロードと実行要件チェックスクリプトの実行などから始めました。その後はバンドルの作成,デバッグツールバー等の確認,ルーティングやテンプレートの書き換えを行いました。

次にモデルを作成し,ジェネレーターコマンドにて作成したモデルを操作するCRUD画面を生成し,それらの画面が実際に動作するかの確認を行いました。同時に,ここまでの内容でちょっとしたアプリケーションなら作れそうだという感覚を共有できました。そのほか,バンドル生成時に合わせて生成されるテストコードを実行することなども行いました。

Symfonyユーザー会の後藤さんが講師を務める

Symfonyユーザー会の後藤さんが講師を務める

ワークショップにはSymfony2作者のfabienさんにも同席していたため,ワークショップ参加者が随所でfabienさんに直接質問し回答をもらうという場面もありました。

Lithiumワークショップ

Lithiumワークショップでは,Lithiumフレームワーク開発者であるGarrett Woodworthさんと一緒に簡単なフォトブログを作成し,Garrettさんが勤めるPaaSプラットフォームであるorchestraへのアップロードを行いました。

実際にGarrettさんがアップロードしたサンプルがこちらのURLから確認できます。大変気さくなGarrettさんが進行するこのワークショップは,笑い声や音楽が絶えないとても楽しいものだったと思います。

サンプルコードを披露するGarrettさん

サンプルコードを披露するGarrettさん

CakePHPワークショップ

CakePHPワークショップでは,リリース直前に迫っていたCakePHP2.0を使い,Graham Weldonさんと一緒に簡単なコードスニペットを登録するサイトを作りました。

Grahamさんのセッションで紹介されたばかりの,CakePHP2.0の新しいコンソールシェルを通じてbakeコマンドを使いCRUD画面を生成しました。また,同じく紹介されたばかりの新しいAuthenticationを使用して認証機能を作成するなど,CakePHP2.0での変更点に触れられたのは貴重な体験だったと思います。

途中,Grahamさんがサーバー関連のトラブルに見舞われるなどしましたが,セッションから引き続き充実したワークショップになりました。

サンプルアプリケーションをテストするGrahamさん

サンプルアプリケーションをテストするGrahamさん

テスティングワークショップ

テスティングワークショップでは,PHPでのテストに関して

  • 基礎知識の講義
  • 実際に自分の環境で動かしてみる
  • 少し難しい課題にも取り組んでみる

という3ステップで実施しました。

全体の講師を務める久保さん

全体の講師を務める久保さん

基礎知識の講義では,PHPに限らないソフトウェアのテスト全般について,概要や分類などの基礎知識と,次のステップで使用するテスティングフレームワークについての予習を行いました。また,実作業の準備としてPHPUnit3.5の環境をインストールし,ごく簡単な最初のテストコードを記述してテストを実行しました。

次に,PHPUnitを使ってテストコードを記述しながらFizzBuzz問題を解くコードを作成するハンズオンを行いました。同時に,テストを記述しながらプロダクションコードを成長させていく,テストファーストに近い形も体験することができました。

少し趣向の異なるテスティングフレームワークであるBehatについても,フィーチャやシナリオ,ステップの記述のごく簡単な流れを体験しました。

最後に,PHPUnit組とBehat組に別れ,FizzBuzzよりも複雑でより実務に近いお題を使い,実際にテスト駆動開発を行ないました。

テスティングフレームワークは,タイムテーブル上最後の枠だったこともあり,終了時間を大幅に過ぎて深夜3時ごろまで取り組んでいる方もいました。

参加者の数が多く人気のワークショップとなった

参加者の数が多く人気のワークショップとなった

以下のURLにハンズオン資料がアップロードされていますので,是非ご覧ください。

まとめ

朝10時からはじまったPHP Matsuriの1日目ですが,深夜4時になってもほとんどの参加者が会場に残り,自分の作業に打ち込んだり,出会った仲間と開発について議論を交わしていたりと,熱い一日となりました。このレポートによって,その時の空気感が読者の方に少しでも伝われば幸いです。

公式サイトにも感想ブログや写真などがまとめてあります。また,セッションなどのの動画はvimeoのPHP Matsuri 2011チャンネルに随時アップロードしていますので合わせてご覧ください。

2日目のレポートも近日中に更新予定ですのでお楽しみに!

著者プロフィール

佐野宏英(さのひろひで)

神奈川県横浜市在住。18歳で参画した大手SIerによる大規模Java開発から2年で脱出して以来,CakePHPを使ったWEB開発を主に1人で行っている。尊敬する人物はよしおかひろたか氏。

コメント

コメントの記入