PHP Matsuri 2011 レポート

PHP Matsuri 2011 ハッカソンレポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

10月15,16日の2日間にわたり,大阪市港区のホテルコスモスクエア国際交流センターにおいて,PHP Matsuri 2011 in Osakaが開催されました。

セッション・ワークセッションレポートの前編に続き,後編となる今回は2日目に行われたLT大会を中心に,ハッカソンの模様をレポートします。

そもそもハッカソンとは?

PHP Matsuriのメインイベントであるハッカソンとは,"Hack"と"Marathon"を合わせた造語で,プログラマが集まり一緒にプログラミングなどのハックをして楽しむイベントです。和製英語ではなく,世界的に使われている言葉なんだそうです。

ハッカソンの様子

PHP Matsuriでは,セッションやワークショップへの参加は自由です。そのため,どちらにも参加せずに黙々とハックを続ける参加者もいたようです。

会場の片隅で黙々とハックする参加者

会場の片隅で黙々とハックする参加者

今回はセッション・ワークショップともにプロジェクタを使用していたため,1日目の早い時間から会場は照明を抑え薄暗い状態になっていました。そのためか,会場はまるで夜中にハックしているかのような雰囲気に包まれ,リラックスして作業に没頭できた参加者の方も多かったのではないでしょうか。

床に座って考え込む姿も…

床に座って考え込む姿も…

そしてPHP Matsuriの一番の醍醐味と言えば,なんといっても徹夜のハッカソンではないでしょうか。

参加者の中でもハッカソンイベントに慣れている方は,事前準備を万全にした上で当日は仕上げだけで済ませていたようですが,特にハックのテーマを用意していなかった方でも,会場の雰囲気に背中を押されて何かをハックしはじめてしまい,気がつくと朝方になっていた…ということが起こるのがPHP Matsuriです。

もちろん,今年も例外なく徹夜ハッカソンは行われました。数名の方は一睡もせずに2日目の朝を迎え,さらに半数近い方がごく短時間の仮眠だけで済ませてハックに没頭されたとのことです。

午前3時ごろの会場の様子

午前3時ごろの会場の様子

Titanium Mobileの増井さんは参加者と交流しつつ,イベント会場の様子を1時間ごとに定点観測した写真をTwitterにアップロードするという面白い試みを実施していました。また,Garrettさんは深夜遅くにコンビニでアイスを買ってきて参加者に配るなどの気づかいもあったとのことです。他のゲストの方々も朝方まで会場に残り,参加者からの質問に答えたり歓談したりと,ハッカソンは大いに盛り上がりました。

朝方になっても起き続けるGarrettさんとGrahamさん

朝方になっても起き続けるGarrettさんとGrahamさん

著者プロフィール

佐野宏英(さのひろひで)

神奈川県横浜市在住。18歳で参画した大手SIerによる大規模Java開発から2年で脱出して以来,CakePHPを使ったWEB開発を主に1人で行っている。尊敬する人物はよしおかひろたか氏。

コメント

コメントの記入