Plone Symposium Tokyo 2015 参加レポート

第1回 Plone Symposium Tokyo 2015-Day 1:トークセッション編

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

Plone Symposium Tokyo 2015

2015年6月13日(土)⁠14日(日)の2日間Plone Symposium Tokyo 2015が開催されました。Ploneは,Python製のエンタープライズ向けオープンソースCMS(コンテンツ管理システム)です。世界中の多くのWebサイトで利用されており,毎年各地て⁠シンポジウムか⁠開催されています。

今回のイベントは,バージョン5のリリースを控えたPloneの認知や普及,ユーザの情報共有を目的とし,開発元であるPlone Foundationの支援を受けて実現しました。Ploneのシンポジウムとしてはアジアで初めての開催です。

イベントの1日目はトークセッション,2日目は開発スプリントが行われました。

初日のトークセッションは,2つのキーノート(基調講演)に加えてPloneについての講演トラックと,PythonのWeb技術についての講演トラックが並行して進行し,8つの発表と2つのパネルディスカッションがありました。当日の参加者は60人を超え,活発なやりとりが行われていました。

2日目の開発スプリントには15名ほどの参加があり,Ploneのコア開発者と実際に話しながら開発に参加する機会を持つことができました。

それでははじめにDay1:トークセッションのレポートをお伝えします。

Day 1:トークセッション

Ploneシンポジウム運営の代表を努めました寺田です。このコーナーでは,トークセッションで行われたキーノートやその他のトークセッションについて紹介します。

Keynote "Plone: your companion on your travels into the future"(Plone:未来への旅の同伴者)

朝,最初のセッションはメイン会場でのキーノートでした。キーノートにはPlone FoundationからBoard President(代表)である,Paul Roeland氏@polyesterとリリースマネージャーのEric Steele氏@esteeleの2名に登壇いただきました。

キーノートの主な話題は,Plone Foundation率いるコミュニティの話と次期リリースPlone 5に関する話でした。

最初にPloneの歴史を簡単に振り返りました。2002年から継続しているプロダクトということで,Firefoxですらまだ無い頃から継続して活動を行い,コミュニティのメンバーが代わりながらも安定的に改善が続けられているという説明がありました。非営利組織であるPlone Foundationの役割やコミュニティの大切さなどが語られました。

Frameworkチームが中心になっている開発だけでなく,QAチームやドキュメンテーションチームなどの活動も紹介されました。さらに,開発Sprintの大切さ,カンファレンスやシンポジウムなどを通じた継続的な活動の重要性など,Plone Foundationのコミュニティに対する考えと,Ploneプロジェクトの方向性についての話がありました。

写真1 Paul Roeland氏

写真1 Paul Roeland氏

次に,次期メジャーリリースバージョンであるPlone 5についての説明がありました。Plone 5は「将来の継続性のための複数の大きな変革」を行ったということです。リリースは当初計画よりも遅れてきているようですが,2015年9月に向けて改めてタイムスケジュールを決めて動いているとのことでした。

Plone 5では,Diazo技術を利用しデザインのカスタマイズがより容易になることや,コンテンツタイプのフレームワークがArchitypesからDexterityへ移行することなど,主要機能についての大きな変更が行われています。他にも,公開画面のデフォルトテーマがHTML5/CSS3をベースにしたレスポンシブデザインのものになったこと,さらにそのデザインやコンテンツタイプのカスタマイズをWebブラウザだけでもできることが解説されました。

一連の説明のほとんどは管理画面を使うものでしたが,UIが大きく変更されており見た目が大きく変わった点は目を引きました。また,以前のバージョンからの移行を容易にすることに力を入れている点も強調されていました。

写真2 Eric Steele氏

写真2 Eric Steele氏

その他にもMosaicというプロダクトの紹介がありました。これはWYSIWYG+ドラッグ&ドロップでページレイアウトの変更とコンテンツの編集ができるツールで,Plone 5.1で統合できるよう現在開発中とのことでした。

さらに,イントラネット向けの機能を充実させるPlone Intranetというプロジェクトの紹介やPloneの公式トレーニングの紹介がありました。

最後に,次回のPlone Conferenceは2015年10月12日~18日にルーマニア ブカレストで行われるので皆さんにも来てほしい,との話がありました。

このセッションは英語で行われましたが,2人が交互に軽快に楽しくお話をしてくださり,楽しいセッションでした。Plone 5の大幅なUIの変更が目を引くと同時に,継続的に健全なOSSとしての進化を遂げていることが感じられ,タイトルの通り,未来に向けてのPloneの重要なことを多くの知ることのできるセッションでした。詳しくはビデオを公開していますので,ご覧になって頂ければと思います。

著者プロフィール

寺田学(てらだまなぶ)

  • 株式会社CMSコミュニケーションズ 代表
  • 一般社団法人PyCon JP 代表理事。
  • Plone Foundation Ambassador
  • NVDA日本語チーム 監査

Zope/Ploneの専門家として,大学系・公共系などのCMSコンサルティングや構築を手がけている。Ploneコアコミッターとして,Plone 4の日本語検索部分を担当した。

共著書に,「Plone 4 Book」(Talpa-Tech Inc.),「10日でおぼえるPython入門教室」(翔泳社),「FFmpegで作る動画共有サイト」(毎日コミュニケーションズ)他がある。


清原弘貴(きよはらひろき)

 
  • 株式会社ビープラウド 所属
  • djangoproject.jp 管理者

Djangoが好きで,Webアプリケーションやライブラリを趣味/仕事で作ったりDjango本体のソースコードへパッチを送ったりしている。

Djangoの貢献者一覧に名前が載ってることが密かな誇り。

共著書に「Pythonプロフェッショナルプログラミング 第2版」(秀和システム),「Pythonエンジニア養成読本」(技術評論社)がある。


田原悠西(たはらゆうせい)

オープンソースERPのERP5開発者の一人。自由ソフトウェアが好き。


安田善一郎(やすだぜんいちろう)

  • シエルセラン合同会社 代表
  • 株式会社Suraface&Architecture 所属
  • 株式会社ニューロマジック 監査役

PloneをはじめMT,Wordpress,WebReleaseなどさまざまなCMSでサイト構築(企画IAディレクション含む)を手がける。UI/UXデザインのディレクションも。トライアスロン歴約5年だがずっとビギナー。

「Plone 4 Book」(Talpa-Tech Inc.)共著

バックナンバー

Plone Symposium Tokyo 2015 参加レポート

コメント

コメントの記入