Plone Conference 2013 参加レポート

Plone Conference 2013 参加レポート #1

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

2013年9月30日(月)から10月6日(日)までブラジルの首都ブラジリアでPlone Conference 2013が開催されました。本稿では,今回から3回の予定で,参加者視点のレポートをお届けします。

イベント概要

Plone Conference の概要

PythonベースのCMSツールである,Plone。このPloneの開発元であるNPO法人Plone Foundationは,年に一度のカンファレンスイベントを開催しています。カンファレンスは,毎年世界のいずれかの都市で地元のオーガナイザーを中心に運営されます。 主催者となるオーガナイザーは,開催地の企業が中心になる場合や地元のユーザ会が中心になって行う場合があります。今回のカンファレンスは,地元のユーザ会組織である,python brasilが中心になって開催されました。

昨年のオランダArnhemに続いて今年のPloneカンファレンスは,ブラジルの首都ブラジリアで行われました。 ( 昨年(2012年)の参加者レポート2010年の参加レポートもぜひご参照ください)⁠ 今回のPloneカンファレンスは,いつもと様相が違い,ブラジルの最大規模のPythonイベントである,python brasil [9]と一緒に行われました。python brasilは今回で9回目になるそうです。

Note:
⁠brasil」⁠ という綴りは,⁠ブラジル」のポルトガル語の綴りです。英語はBrazil。

概要は次のとおりです。

日程 会場 参加者
チュートリアル 2013年9月30日(月) - 10月1日(火) ブラジリア - ESAF 約170人
カンファレンス 2013年10月2日(水) - 10月4日(金) ブラジリア - Ulysses Guimaraes Convention Center 約500人
開発スプリント 2013年10月5日(土) - 10月6日(日) ブラジリア Nova Central Sindical de Trabalhadores 約100人
Caipirinhaスプリント 2013年10月8日(火) - 10月11日(金) ジョアンペソア(Joao Pessoa) Xenius Hotel
Note:
参加者はpython brasilを含んだ参加人数です。

カンファレンストラック数は次のとおりです。

  • キーノート:6回
  • 英語:2~3トラック
  • ポルトガル語:3~4トラック
  • ライトニングトーク:2回

なぜ,参加したか?

そもそも,どうしてわざわざ地球の裏側のブラジルで開催されたカンファレンスに参加したのか?ということについて触れておきます。 筆者はPloneカンファレンスには2008年のワシントンDCでの開催から2011年の1回を除き,毎回参加しています。そういう意味では,私が参加するのは「当たり前」と考えたのですが,今回はブラジルということで,あまりにも遠いので躊躇しました。

しかし,主に次の理由で参加を決めました。

  • 昨年から私自身がPlone Foundaitonのアドバイザリーボードメンバーになったこと
  • 日本で開催されているPythonイベントである, PyCon JPと同規模またはそれ以上の規模のPythonイベントが併設されていること
  • Ploneカンファレンスは毎年会社でスポンサーをしており,今年もスポンサーシップしたこと
  • オープンソースが盛んに使われているという,南米を自分自身で見てみたかったこと

実際に参加してみて,現地でいろいろな人の話を直接聴くことの重要性を改めて感じました。

Ploneとは

Ploneは高機能CMS(コンテンツマネージメントシステム)の一つで,オープンソースで制作されたWebフレームワークです。プログラミング言語PythonとWebアプリケーションサーバZopeをベースに開発されており,オブジェクトデータベース,Webサーバー,ワークフローなどの機能を標準搭載しています。

スケジュール・旅行行程

私は,カンファレンスデーである10月2日(水)から,開発スプリントの1日目である10月5日(土)まで参加をしてきました。

旅行行程

ブラジルまでは日本から乗り換えなしで行ける飛行機はありません。さらに,首都のブラジリアへの国際便もほとんど飛んでいません。ブラジリアには,リオデジャネイロまたはサンパウロを経由して入ることになります。

私は,アメリカのシカゴを経由することにしました。アメリカの各都市経由やドバイ経由,オーストラリア経由など様々な選択肢があったのですが,日本からの飛行時間や乗り換えの少なさなどからシカゴを選択しました。シカゴを経由した後は,サンパウロを経由しました。

往路は,土曜日に日本を出発したこともあり,土日はシカゴやその周辺で観光をしました。

復路は,日曜日に現地ブラジリアを出発し,シカゴで乗り換え(約5時間)をし,東京成田に戻ってきました。

少なく見積もっても30時間,自宅から現地ホテルまで約2日間の旅行行程になります。

ブラジリアの治安はブラジルの中では良いほうだということですが,心配もあり,カンファレンス主催者がおすすめしているホテルの中でも,ある程度良いランクのホテルに5泊6日しました。ブラジルでは,英語もほとんど伝わらないのですが,さすがにホテルのカウンターでは英語でやりとりすることができました。

本稿のシリーズの最後に,ブラジル訪問の注意点をまとめています。詳しくはそちらをご覧ください。

カンファレンス初日(Day1)

前日にブラジリアへ入り,当日の朝早くから会場へ行き,受付をし毎回参加している顔なじみのメンバーと挨拶をしました。いつもの顔を見ると,Ploneカンファレンスが始まるんだなと実感しました。

受付は,多少の行列ができていましたが,今回はスピーカーとして,さらにスポンサーとしての受付窓口に並びました。私の名札がなかなか見つからなかったのですが,主催者の中心人物が,すぐに確認をしてくれて,スポンサーシップのお礼を言われ,無事に名札を手できました。

大きな会場でブラジリアの中心にあり,東京で言うと有楽町の東京フォーラムという感じの場所です。そのため,カンファレンスエリアに入る時に必ず会場スタッフによる名札のチェックが行われていました。

カンファレンス会場(写真の奥に見えているスタジアムが2013年6月にサッカー日本代表がブラジルと戦った場所)⁠

画像

カンファレンスの雰囲気

毎年のPloneカンファレンスと大きく違う雰囲気を感じました。python brasilが併設されていることもあり,多くの地元ブラジルの方がいました。

言語については,ポルトガル語がメイン言語として話が始まりましたが,メイン会場では英語への同時通訳があり,逆にキーノートが英語の場合にはポルトガル語への同時通訳が提供されていました。

トラック数は同時に6トラックがあり,いままでのPloneカンファレンスよりも大規模でした。もちろん,Plone以外の話題も数多くありましたが,残念ながらポルトガル語での発表が多く,いくつかのセッションを聞きましたが,内容が分からず楽しむことができませんでした。

他には,オープニングから,政府関係者などが壇上に座り,オープンソースへの支援や素晴らしさを話していました。

さらに,例年のPloneカンファレンスと違うのは,コーヒータイム(おやつなどの提供も)がなかったことです(コーヒーについては無料で小さな物がいつでももらえましたが)⁠パーティーが別に開催されたことも驚きました。例年は,チケット購入者のすべてがパーティーに参加できる形になっています。

セッションについては,すべてのセッションが30分間と短く内容が薄い感じもしましたが,ポイントが抑えられている点や長時間英語を理解するという難しさはなく楽しめました。

カンファレンスメインホール

画像

著者プロフィール

寺田学(てらだまなぶ)

  • 株式会社CMSコミュニケーションズ 代表
  • 一般社団法人PyCon JP 代表理事。
  • Plone Foundation Ambassador
  • NVDA日本語チーム 監査

Zope/Ploneの専門家として,大学系・公共系などのCMSコンサルティングや構築を手がけている。Ploneコアコミッターとして,Plone 4の日本語検索部分を担当した。

共著書に,「Plone 4 Book」(Talpa-Tech Inc.),「10日でおぼえるPython入門教室」(翔泳社),「FFmpegで作る動画共有サイト」(毎日コミュニケーションズ)他がある。

バックナンバー

Plone Conference 2013 参加レポート

コメント

コメントの記入