Plone Conference 2013 参加レポート

Plone Conference 2013 参加レポート #2

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

前回に続き,Plone Conference 2013の参加レポートです。2日目と3日目のイベント内容と,その翌日のスプリントの模様をお届けします。

カンファレンス2日目

まずは,2日目のセッションとライトニングトークの模様,そして夜に開催された公式パーティーについて紹介します。

セッション紹介6
How to get started with the Pluggable Authentication System(スピーカー:Matt Hamilton)発表資料

長年,Plone FoundationのBoard Memberとしてマーケティングを担当している,イギリス,ブリストル在住のMatt Hamilton氏の発表です。彼とは,2010年にブリストルで開かれたPloneカンファレンスでインタビューをさせていただいた時から,お互い話をする仲になりました。今回は,ブラジリア空港の手荷物引取り場で偶然会うことができ,1年ぶりの再会を喜び近況報告をしていました。

前日のソーシャルイベント(飲み会)明けの朝ということもあり,セッションの参加者は前日より少なく感じました。

セッションの内容は, Plone PAS (Pluggable Authentication System)の事例を交えた,実装方法の簡単な説明でした。PASはPloneの認証システムを別のものに置き換えたり,追加したりする仕組みです。このセッションでは,Windows認証やaspx認証の連携の例を紹介していました。Zope Interfaceを用いることで,必要最小限のメソッド実装で追加の認証ができるというコードレベルの説明がありました。

私自身,過去に数個の専用PASを構築したことがありますが,ドキュメントの整備が不十分で,概念的に難しい部分があります。このような話をカンファレンスで聞くと事例が増えていないのだと思います。セッション中も「PASは簡単で良い機能だけどわかりにくいよね」ということを話していました。

セッション紹介7
Multilingual sites with Plone(スピーカー:Ramon Navarro Bosch)発表資料

Ploneは古くから複数言語をサポートし,コンテンツの多言語対応などもサポートしています。以前は, LinguaPloneというプロダクトが使われていましたが,実装が古く,最新のコンテンツタイプシステムのDexterityコンテンツタイプにも対応していませんでした。昨年から急ピッチに,plone.app.multilingualプロダクトの開発が進み,非常に使いやすい仕組みができあがってきています。

セッションでは,他のCMSでの多言語への対応状況が表形式で紹介し,Ploneも同等またはそれ以上に対応ができることを説明しました。さらに,plone.app.multilingualの紹介と,現状の報告がありました。

Ploneの次期メジャーバージョンアップのPlone 5に向けて,plone.app.multilingual 2.0の開発が進んでいるということでした。

日本でも,日本語だけではなく,英語や中国語でのコンテンツ配信を行うケースが増えています。それらの対応がしやすくなり,便利に使えるものを期待しています。

Multilingualセッション

画像

セッション紹介8
Open Source Security - A vendor’s perspective(スピーカー:Matthew Wilkes)発表資料

Ploneのセキュリティチームを牽引している,Matthew Wilkes氏の発表でした。Ploneはセキュリティに強く,問題発生時のワークフローも決まっていて頼もしい限りなのですが,これらを支えているのが,彼らのセキュリティーチームです。

問題解決をどのようにしているかということの解説や,CVEへの登録などの説明がありました。今後の活動も期待したいと思います。

Matthew Wilkes氏

画像

セッション紹介9
ZODB transactions. Getting to know the transaction package(スピーカー:Carlos de la Guardia)

Ploneのコンテンツを保存するデータベースシステムは,オブジェクト型データベースのZODBという仕組みを使っています。Ploneにはこのデータベースシステムがあるからこそ,コンテンツの保存の柔軟性,階層構造化,セキュリティシステムなどが成り立っています。

RDBMSとは違った特徴を持つZODBならではの,技術的な説明や使う際のポイントなどを解説していました。特に,トランザクションがサポートされていて,処理が終わると自動で保存される点や,ZRSなどのバックエンドの多重化の仕組みが話題になっていました。2相トランザクションコミットがサポートされている点なども紹介していました。

普段,CMSの表側を見ていると気にならないポイントであるデータベースのコアな仕組みですが,Ploneを支える技術ととして面白いセッションでした。

セッション紹介10
Plone and Sharepoint(スピーカー:Matt Hamilton)発表資料

2日目の朝に登壇した,Matt Hamilton氏が同日の最後にも再登場。今度は,PloneとマイクロソフトSharepointで連携がテーマでした。

コンテンツをSharepointから受け取ったり,ユーザやその他のデータのやり取りを行う話題でした。時折,Plone vs Sharepointといった比較がされることがありますが,両方の長所を活かした使い方の事例として面白いものだったと思います。

Ploneとの連携を行うことは,デザインカスタマイズが容易にできる点やユーザ数によるライセンスフィーが発生しない点などメリットが有るようです。多くのユーザが使う部分にはPloneで見せて,Sharepointの機能を使いたいユーザにはそのまま見せるというような,棲み分けをして使っているようです。

ライトニングトーク

恒例のライトニングトークが,2日目の最終セッションとしてメインホールで開催されました。前半は英語でのトークが多く,短い時間でポイントのみを紹介する,様々なトークがありました。

後半はポルトガル語での発表が多くなり,私は楽しむことができませんでしたが,2人でステージ上に登場し,Flaskを用いてミニブログを短時間でつくり上げるというような面白い試みもありました。

このライトニングトークに私も登壇をしたいと考えていて,カンファレンス主催者にお願いをしていたのですが,うまく伝わっておらず,この日は登壇できませんでした。最後には呼ばれるだろうとドキドキして待っていたのですが,最後まで呼ばれることはなく,発表も半分くらいしか楽しめなかったのは残念でした。

初日のライトニングトーク

画像

パーティー

会場からタクシーで20分程度の湖の船着場で,Ploneカンファレンス公式パーティーが行われました。今回はパーティーチケットが別売で,カンファレンス会場でスタッフが販売していました。

夜の湖を見ながら,ビールや地元のお酒などを楽しむイベントでした。夜9時30分から深夜2時までと夜の長時間イベントでしたが,多くのPlone関係者が,お酒を楽しみながら各人様々な話をしていました。DJブースもあり,踊りを楽しんでいるメンバーもいたり,楽しみ方は人それぞれでした。

私は,顔なじみのメンバーと共に,最近のPlone事情やそれぞれ地元でのPloneの状況の話をしたり,近況報告などをしていました。地元ブラジリアから参加している方とも話をすることができました。

他の参加者から「日本にも行ってみたいので,Ploneイベントを開催して欲しい!」と打診される場面もありました。各国事情も違い,普段はオンラインでのやりとりが中心ですが,このようなパーティーは本当に面白く,すぐに時間が経ってしまいました。

私はさすがに深夜2時までは付き合えず,12時頃にタクシーで先にホテルに戻りました。

パーティー

画像

画像

著者プロフィール

寺田学(てらだまなぶ)

  • 株式会社CMSコミュニケーションズ 代表
  • 一般社団法人PyCon JP 代表理事。
  • Plone Foundation Ambassador
  • NVDA日本語チーム 監査

Zope/Ploneの専門家として,大学系・公共系などのCMSコンサルティングや構築を手がけている。Ploneコアコミッターとして,Plone 4の日本語検索部分を担当した。

共著書に,「Plone 4 Book」(Talpa-Tech Inc.),「10日でおぼえるPython入門教室」(翔泳社),「FFmpegで作る動画共有サイト」(毎日コミュニケーションズ)他がある。

バックナンバー

Plone Conference 2013 参加レポート

コメント

コメントの記入